家庭的な女性を口説くための2つのテクニック

あなたが家庭的な女性を口説きたいと思っているのはなぜですか?
家庭的な女性との素敵な未来を想像しているから、ではないですか?

女性も同じです。
家庭的な女性は幸せな家庭を想像しています。
あなたといると楽しい家庭が、素敵な未来が待っていると思わせる会話をすればよいのです。
大きな流れや段階ごとに行うべき事は当サイトですべて説明しています。
しかし、次の2箇所を意図的に盛り込むようにしてください。
・両親の事を聞く。
・一緒に未来を想像する。

たった2つです。


両親のことを聞いて自分をアピールする方法

まず両親の事を聞きます。
答えは2パターンしかありません。
親のようになりたいかなりたくないか、です。
これは非常に単純です。
自分の親が嫌いであればその嫌いなポイントが自分にはない事をアピールしてください。
親が大好きであれば親と同じような自分をアピールしてください。

後出しジャンケンです。
絶対に負けません。
ヒアリングをしてから自分の見せ方を決める。
それだけです。女性が求めるキャラになれればあとは一緒に未来を想像するだけですね。
みさきちゃんとの会話を例に紹介します。

私:「みさきちゃんさ、親とは仲良し?」
みさき:「え?超仲いいよ!友達みたいな感じかな」

私:「へえ! お父さんどんな人?」
みさき:「ちょっとお笑いでね、いつもくだらないギャグ言ってる
    でも涙もろいの」

私:「へええ!僕みたいだね!僕のほうが涙もらいかな?」
みさき:「◯◯君涙もろいよね~、女の子みたい」

私:「ちょっとひどい! そんなでもないわ! 
   お母さんはどんな?」
みさき:「お母さんはね、いっつも元気でノリノリな感じ
    台所でいつも歌ってるし 可愛い人だね」

私:「その血をひいたのがみさきちゃんか、元気だもんね」
みさき:「そうねえ、そっくりかも、あたしもいつも鼻歌歌ってる」

私:「素敵な両親なんだね、だからみさきちゃんも素敵ってわけね
   僕も両親は尊敬しててさ、もっと素敵な家庭つくってやるぞって
   いつも思ってるんだよね」
みさき:「あたしは全然かなわないなあ、お母さんすごすぎるよね
    あたしが結婚してらあんな風にできるかなあ」

私:「お母さんだもの!ねえ?どんな家庭を作りたいの?」
みさき:「そうねえ、イベントごとを大事にしたりさ
    家族で旅行にいったり、なんかいつも修学旅行
    みたいなワイワイしたのがいいかなあ」

私:「わかる!いいよねえ、例えばさ僕と結婚したとするじゃん?
    子供ができてからのクリスマスってどうする?」
みさき:「◯◯君とお?まあ有りかもねえ、そうねえ
    学校から子供が帰ってきたら一緒にケーキ作ってさ
    ◯◯君が仕事から帰ってきたら走って玄関にいって
    子どもと二人でほっぺにチューしてだたいま~って
    みんなで歌うたって、みんなでお風呂、
    プレゼントは枕元にそっとおいて、二人の時間、かな」

私:「悪くないね、むしろ最高だね、ケーキさあ和風のケーキも
   作ってよ?ほら僕あんこ好きじゃん?
   小さいのでいからさ、そしたらなんかあげるよ」
みさき:「ええ~!?しょうがないなあ、小さいやつね 
    ほんとあんこ好きなんだねえ
    あたしには何くれるの?」

私:「そうだなあ、一晩中抱きしめてあげる、かな」
みさき:「ええ~!プレゼントないの?」

私:「ばか!お前、あれだよ?
   プレゼントもあげた上に、だよ?
   子供いるのにこんなにラブラブな夫婦なんかいないぞ?
   みんな若い子ばっかりに目がいっちゃうんだから」
みさき:「うーん、そうだよねえ、◯◯君は若い子にいかないの?」

私:「僕?年齢よりも大切なものがあるのよ
   みさきちゃんにはそれがあるかもね?」
みさき:「ええ?何なに?教えて?」

私:「そりゃあクリスマスの夜になれば解るよ、お楽しみに」
みさき:「ぶー」

改めて客観的に見るとすごく恥ずかしい会話をしていますね。
各部を解説する前にひとつだけお伝えしておきます。
女性はままごとが大好きです。
キャラになりきったり想像して楽しんだりするのが超大好きです。


ですから
僕とだったらどうする?
という会話が成り立ちます。
では説明しましょう。


私:「みさきちゃんさ、親とは仲良し?」
みさき:「え?超仲いいよ!友達みたいな感じかな」
私:「へえ! お父さんどんな人?」
みさき:「ちょっとお笑いでね、いつもくだらないギャグ言ってる
    でも涙もろいの」
私:「へええ!僕みたいだね!僕のほうが涙もろいかな?」
みさき:「◯◯君涙もろいよね~、女の子みたい」

両親の事を聞いて 僕のキャラを合わせました。
お父さんに抱いているイメージは大体似たようなものです。
男性みんなにあてはまる事が多いです。

僕みたいだねと言っていますが 僕はこんなキャラではありません。
不良ですし、見た目が悪いし 腹黒いです。

言い切ってしまう事によって そのようにしか見えなくなります。
何事も言い切ってしまうのが重要です。
次です。


私:「ちょっとひどい! そんなでもないわ! 
   お母さんはどんな?」
みさき:「お母さんはね、いっつも元気でノリノリな感じ
    台所でいつも歌ってるし 可愛い人だね」
私:「その血をひいたのがみさきちゃんか、元気だもんね」
みさき:「そうねえ、そっくりかも、あたしもいつも鼻歌歌ってる」
私:「素敵な両親なんだね、だからみさきちゃんも素敵ってわけね
   僕も両親は尊敬しててさ、もっと素敵な家庭つくってやるぞって
   いつも思ってるんだよね」
みさき:「あたしは全然かなわないなあ、お母さんすごすぎるよね
    あたしが結婚してらあんな風にできるかなあ」
…子は親に似ます。
ハッキリ言ってそっくりです。

プログラマーである親が自分に似せて教育するのだから当たり前です。
そして、子は親を超えたいと思っています。
ここですべきは 女性も母親と同じように素敵だと伝える事です。
最後の言葉、
「あんな風にできるかなあ」
については答えをだしてません。
できる、とも
できない、とも言いません。
この時点ではどちらも根拠のない答えになってしまいます。
できるという場合は僕となら出来そうだ、と表現するのがよいでしょう。
次です。



私:「お母さんだもの!ねえ?どんな家庭を作りたいの?」
みさき:「そうねえ、イベントごとを大事にしたりさ
    家族で旅行にいったり、なんかいつも修学旅行
    みたいなワイワイしたのがいいかなあ」
私:「わかる!いいよねえ、例えばさ僕と結婚したとするじゃん?
   子供ができてからのクリスマスってどうする?」22

みさき:「◯◯君とお?まあ有りかもねえ、そうねえ
    学校から子供が帰ってきたら一緒にケーキ作ってさ
    ◯◯君が仕事から帰ってきたら走って玄関にいって
    子どもと二人でほっぺにチューしてだたいま~って
    みんなで歌うたって、みんなでお風呂、
    プレゼントは枕元にそっとおいて、二人の時間、かな」
私:「悪くないね、むしろ最高だね、ケーキさあ和風のケーキも
   作ってよ?ほら僕あんこ好きじゃん?
   小さいのでいからさ、そしたらなんかあげるよ」
重要なのは自分とならどんな未来が待っているかを想像させる事です。
なるべく色々なシチュエーションや パターンで二人で想像しあうのが良いですね。
そして、 ままごとに繋げます。
もう、二人は夫婦だと家庭してお願いするのです。



私:「悪くないね、むしろ最高だね、ケーキさあ和風のケーキも
   作ってよ?ほら僕あんこ好きじゃん?
   小さいのでいからさ、そしたらなんかあげるよ」
みさき:「ええ~!?しょうがないなあ、小さいやつね 
    ほんとあんこ好きなんだねえ
    あたしには何くれるの?」
私:「そうだなあ、一晩中抱きしめてあげる、かな」
みさき:「ええ~!プレゼントないの?」
私:「ばか!お前、あれだよ?
   プレゼントもあげた上に、だよ?
   子供いるのにこんなにラブラブな夫婦なんかいないぞ?
   みんな若い子ばっかりに目がいっちゃうんだから」
みさき:「うーん、そうだよねえ、◯◯君は若い子にいかないの?」
私:「僕?年齢よりも大切なものがあるのよ
   みさきちゃんにはそれがあるかもね?」
みさき:「ええ?何なに?教えて?」
私:「そりゃあクリスマスの夜になれば解るよ、お楽しみに
みさき:「ぶー」
大体の女性がしょうがないなあ、なんていって乗ってきてくれると思います。
そして、一度口にだしてしまうと想像は止まらなくなります。
口にださせるのが大事です。

最後に家庭的な女性といっても死ぬまで女の子です。
ずっと付き合い始めた時のように 大切に優しくするって事を
なるべく遠まわしに表現しましょう。


僕のように他の夫婦と比較してみるのも良いですね。
最後はお決まりの ハリウッド的な終わり方です。
気になりますね。
もっと話をしたくなりますし、
二人の将来を見てみたくなります。


これで家庭的な女性は口説けます。
大事なのな口説いたあとです。
これは 小さな事ですが イベントを大切にしてください。
流星群を見たり季節の食べ物を食べたりなんでもいいのです。
一緒にいれない時でもメールを使って語りかけてください。
一緒に生きているって事を 最大限に意識させるのが 日々のイベントです。
プレゼントなんてなくても構いません。
電話を掛けるだけでも OK です。
口説いたあとはこのイベントを気にすれば従順でおとなしくなります。
あなたの横にピッタリと寄り添ってくれる女性となります

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ