ウソをつかせないようにするには?パートナーがウソをつかなくなる方法

「ウソを見破りたい…」
これは本音ではないと思います。

「できればウソであって欲しくない」
「2度とウソをついて欲しくない」
「ウソなんてついて欲しくない」
ここに本音があると思います。

特にターゲットがあなたにとって大事な人であるなら、余計にこんな気持ちがあると思います。

パプロフの犬の話を聞いたことがあると思います。
パブロフは犬にエサをやる前に、必ず鈴の音を聞かせてから食べ物を与えていました。
それを繰り返していると“チリン”と音がしただけでエサをもらえると思い 犬がヨダレをたらしてしまうという話です。
条件反射」というやつです。

この条件反射とは、頭で理論的に考える前に体が勝手に行動してしまう現象の事です。

これも脳の盲点です。
この脳の盲点を利用して、あなたに2度とウソをつかなくさせましょう。

あなたはアニメの一休さんを見た事がありますか?

一休さんはトンチが得意ですよね。
いつもトンチで、偉い人たちをやっつけます。
(まぁ、ただの屁理屈ですが…)

この得意なトンチを使う前に、必ず同じポーズをするのを覚えていますか?
ツバをつけて、こめかみの辺りをクルクルします。

あのポーズが出ると、3歳の子供でも「トンチが出る」というのがわかります。
「いよいよクライマックスだ!」というのがわかります。

この法則を使います。

あなたがウソを見破る時には、かならず同じパターンを見せ付けてください。
>急に無言になり、腕を組む
>こめかみの辺りをトントンたたく
>見破る時は、いつも決まった場所で

こうして簡単なウソをいくつか見破ります。
するとそのパターンを見せるだけでターゲットは「ヤバイ、バレてる…」と思うようになります。


無意識が恐れるようになります。

これを繰り返していると、ウソをつかなくなります。
「ウソ=すぐバレる」とターゲットの脳にすりこませるのです。
あなたを鋭い人間だとわからせます。

ウソをつくヒトは、基本的に何度でもウソをつきます。
ウソを繰り返していると、エンドルフィンという脳内麻薬が放出されるため、快感になってしまう人もいます。


ですがこの「一休さんの法則」のように、ウソを見破るパターンを見せつければ 2度とウソをつかない体質になります。
ただ、覚えておかなくてはいけない大事なことがあります。
ウソは理想とのギャップの穴埋めです。

ウソをつくという事は、現状に満足していないという事です。

ウソを見抜き 「一休さんの法則」を使い2度とウソをつかせなくしたらひょっとしたらバランスがとれなくなり、関係自体が壊れてしまうかもしれません。

大事なことは、あなた自体が魅力的にならければいけないと言うことです。

「ウソなんかつく必要がない」
「ウソついて、関係が壊れてしまったら大変だ」
と思われるような男にならなくてはいけないという事です。

そしてあまりにも恐怖を増やしすぎて、女性のレベルを下げすぎてしまっては実は離れて行ってしまいます。

「あなたとは釣り合わない」と判断してしまうのです。



無言・沈黙が怖い理由

女性と話をしていて“無言”になった事があると思います。

そんな時ほとんどの男性は
「何かおもしろい事をはなさないと…」
「つまらないやつだと思われるかも…」
と焦るはずです。

沈黙は強烈です。

なぜ沈黙が恐いか知っていますか?
それは相手に「興味」があるからです。


例えば家族で食事をしているときに、無言でも別に気まずくないですよね?
なんなら「しゃべるな」と思うかもしれません。
興味があればあるほど、恐怖は大きくなります。
あなたのレベルが下がります。

ただ、スタイル抜群の美人の女性に「興味」をもつな!
それは無理な話です。
だから最初は興味のない「フリ」からはじめなくてはいけません。

相手の女性に興味があると、ついつい自分の事を話したくなってしまいます。
バストやヒップに強い視線を送ってしまいます。

この行為を“意識的”にやめます。
これもイメージだけしておいてください。

ここではまだ「ウソを見抜くテクニック」の段階だけお話します。

あなたはこの強烈なパワーをもつ“沈黙”を、意識的に使います。
とても簡単ですが、ひょっとしたら一番効果があるかもしれません。

「ストレス・リアクション」 をチェックするときに、意識的に黙ります。
ただ、黙るだけです。
「俺はすべて知っているんだぞ」という顔をしてください。

パーソナルのテクニックと一緒に使うと、さらに効果があります。

いつも行かない場所につれていっておいて、沈黙
臭わす質問を先にして、沈黙
いつもなら話がはずむ場面で、沈黙

無言は強烈です。
相手に罪悪感があればあるほど、それは恐怖にかわります。


あなたは黙ってストレス・リアクションをチェックしてください。
※ストレスチェックはこちらを読んで下さい。
なぜ男のウソはバレやすく女のウソは見抜きにくいのか?
足・鼻・声・目の動きと反応でウソを見破る方法

この無言、実は「エンターテイメント」でもあります。
この辺で一度「エンターテイメント」を復習しておきます。

「不良がなぜモテるのか?」
これを意識しながら聞いてください。入ってきやすいと思います。

「エンターテイメント」の一番大切な要素は“ドキドキ”です。
この中でも重要な要素は4つだと思っています。

予想できない男(予想を上回る男)
軽いストレスを感じさせる男(思い通りにならない男)
文化が多い男(自分の文化を広げてくれる男)
男らしさ(リスクをとってくれる)

サブコンテンツ

このページの先頭へ