女性という生き物が理解できない!どうすればいい?

もう嫌です。
今度ばかりはもう本当に嫌になりました。
なぜあの生き物はこんなにもワガママなんでしょうか。
なぜ猫のように自由なのにスズメ蜂の針の様にスルドイのでしょうか。
なに考えてるか解りません。
意味不明です。
もう宇宙人くらい意味解りません。

そう、女性の事です。
悩み相談をまじめに聞いて意見やアドバイスをすれば「そんな事聞いてない」って言います。
黙って話を聞けば「なにか意見ないわけ?」って言います。
一生懸命に話せば「あたしの話聞いてよ!」って言います。
もうどうすればいいのか解りません。

まったくもって不可解で理不尽な精神構造です。
異常だと思います。
でも女性を大好きなので何も言えません…

あなたもそうですか?
女性に振り回された経験があるのですね?
僕もグルグルぶん回されてました。
ました、です。

いまでは先程のような愚痴は全然思っていません。
むしろ、なんて簡単な生物なんだと思ってます。
思ったように動いてくれる、ペットのようにシツケられる、それが女性なんだと感じてます。
そもそもの間違いは脳の違いです。
男性と女性の脳が違う事を認識してから自分の脳の使い方が解ったのです。
脳自体は生物なら同じ成分ですがまったく中身が違いますね。
もう、全く異次元の生き物くらい違います。
Windows と Mac くらいの違いです。
パソコンとしての機能はほぼ同じですがインターフェイスや記憶のさせ方が全く違うのです。
見た目は似ているけどもOS が全然違うのが Windows と Mac ですね。

男性と女性もこのくらい違います。
ですから、我々男性の理論が通用するわけないのです。
女性から見れば
「なんで解らないの?馬鹿じゃないの?」
としか思えません。

男性と女性、どっちが愚か者かは解りませんが
なにしろお互いがお互いを理解不能と思っています。
と、いう事は女性を理解してあげられる男性というだけであなたの価値は飛び抜けます。

まるで、見分けのつかない猿の群れから
言葉を理解する猿を見つけたように見えるのです。
まあ、あなたを猿というのは気が引けますがそのくらいにしか思われていないのです。



女性の頭の中を視覚化するのに成功した!

今回のお話は脳の使い方についてです。
不可解だった女性の脳。
やつらの話は飛びます、時間も距離も関係なくついていくのがやっとです。

僕は様々な仮想モデルを組み立てて何人もの女性に話を聞いてもらって検証しました。
その中で女性が口をそろえて「そうそう、そうなっているの」と言ったモデルがあります。
これに行き着いたおかげで僕は女性の脳内を視覚化する事に成功しました。
結果として、逆玉の輿って訳です。
女性の頭の中、覗きたくありませんか?
「すごいです!いますぐ覗きたいと思います!!」
ちょ、鼻息がかかります。
冷静に、冷静に。

解りました。
お話いたします。
ちょっと離れてください。
男は好きじゃないんですよ。

『覗き』って単語に反応するなんてスケベな男ですねえ。
冗談です。
正確に言えば、覗くというよりも視覚化しやすくなり
どのように扱ったらいいかが解る、って感じです。
ちょっと難しい概念になるかもしれません。
図解しますのでこちらとあわせて聞いてくださいね。

女性と男性の脳の違い



男性の脳と女性の脳の特徴とその違い

あなたは非常に能力が高い人です。
あなたの脳はすごく回転が早いようです。
バリバリ仕事もできそうですしボケやツッコミも尖そうです。
ウィットにとんだ返しもできますし、僕への質問もすごく切れ味があります。
物事をきちんと時系列に並べて順序良く考えられますしね。

僕の話した事がうまく頭の中でまとまっていて
年表や理論ごとに取り出せるように
秩序建てて整理されていますね?

僕には解ります。
僕もそうですから。
つまり男性の脳は、順序よく正しく年表のように物事を綺麗に並べる力があります。
僕の言う事を片っ端から並べていって一個ずつ消化していけています。
目の前のものに全力を尽くす脳、それが僕達、男性の脳です。
目の前の事に全神経を使いますからものすごい集中力がでます。
その集中力でガリガリと目の前の事をこなします。
記憶も整理されていてしっかりと整理されたファイルのようになっています。

思い出せない箇所は空欄にして「思い出せない」とラベルを貼るほど整理してます。
すばらしい脳だと思います。

しかし、言い換えれば平坦でパワーのみの不器用な脳です。
男性の脳は目の前の事にしかパワーを使えない脳なんです。
ですから、電話をしながら横目でテレビを見つつお風呂の水を気にするなんて事ができません。
やろうとすると全部できない事になります。

「ちょっと聞いてるの?」と怒られ「やべ、テレビの内容わかんねえ」となり「うわあ!お湯が廊下まであふれた!」となります。

経験ありますか?
ありますよね。
悲しいかな、僕も沢山あります。
無理なんです。
並列処理ができないんです。
そのかわり目の前の事に全力を出せます。


対して女性の脳はどうなのかというと、並列処理が得意です。
料理をしつつ洗濯機を回しテレビの内容を把握しながら
明日の買物の事を考えるなんて余裕です。

ちょっと言い過ぎですが、同時に何かをやれてしまう脳なんです。
はっきりいって敵いません。
もう無理です。
正面切って口喧嘩しようものなら忘れているような昔の事とか
凄まじくどうでもいい事を引っ張りだしてきます。
口喧嘩しながら冷静に過去の言動を振り返り、有力な事象を
探してきては叩きつけてくるのです。

男性は、
「なんだと?ふざけんなよ、なめてんのか」
くらいしか言えませんねん。
最悪、暴力に走る人も多いようです。
脳の力が違いすぎて絶対に勝てないので腕力に頼ってしまうのです。
これは人としても最悪なので絶対に行ってはいけません。

なにしろ、勝てないと理解してください。
彼女たちは一見して取り留めのない話をしているように見えます。
多いですよね?
時間や空間が飛んだり、一人称だったり三人称だったりもう理解するのが大変です。
主語がなければ述語がなかったり何言ってるか解りません。

それでしまいには
「もう、なんで解らないの?ちゃんと聞いてた?」
なんて言われるので泣きたいくらいです。
聞いています。
僕が今ここで言ってもしょうがないのですが男性の名誉のために全力で言います。
ちゃんと聞いてます!!
ですよね?

女性の話は一見すると秩序がないように見えてしまうのですが本人独自のルールがあるようです。
僕らのように記憶や知識をファイルに入れて解りやすいように
本棚に入れておくなんて事はないのです。

本人独自のルールで並べてます。
本棚のように整理しているのではなく、球体のように立体的に整理されてます。
その並び順は不可解です。
匂いだったり好きなもの順だったり楽しい順だったりします。
本人しか解らないルールなのでそこは理解しなくてもよいです。



女性脳への対応方法

「ええ?じゃあどうすれば頭の中が解るようになるのですか?」
はい今からお伝えします。
まずは僕らの脳の特性である、目の前の物を全力でこなす力の正しい使い方を覚えましょう。
まずは僕らが得意な整理方法に女性の話を並び替えます。
いつ、だれが、なにを、このように冷静に聞いて並び替えます。
冷静に聞けば、誰が言った事なのか、いつ言った事なのかが解ります。
それをどんどんファイルにして時系列として本棚に入れていきましょう。

その時に、誰が言ったのか解らなければ
「それは君が言ったんだね?」
など聞くようにしてください。
すると次第に本棚が埋まりますね。
内容を理解するのではなくて解りやすく年表に置き換えるという事に脳を全力で使いましょう。

すると不思議な事に女性が重要視している箇所のファイルが分厚くなったりしてきます。
中にはファイルが一枚もない時代も出てきますね。
語られない時代、何度も出てくる時代、見に見えてきます。
この方法は馴れてくると様々に並び替えができるようになります。

年表ではなくて人物順とかよく出る単語順とか
頭の中で整理ができるようになります。
この何度もでてくる時代や単語、もしくは語られない時代などに
女性の気持ちが隠されています。

乱暴な言い方ですが注目して欲しい事は何度も言い、隠したい事は言わないって事ですね。

あなたは女性の話を聞きつつファイルに入れて整理してください。
難しそうに聞こえますが大丈夫です。
あなたの脳はそれができるようになっています。
心配しないでください。

さらにもう1つ気にして欲しい事があります。
重要そうな単語を記憶してて欲しいのです。
この重要そうな単語の数があればあるほど心を掴むための武器になります。

単純に言えば、会話のネタになるのです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ