女性に魅力のある男性・価値のある男性と思わせる話の聞き方

では、ここで、今までお話をしてきたことを復習する意味で、この項目を進めてください。
私達が、やるべき事は、まずは、徹底して、女性の気持ちや、考えを理解する事。そのために、話を集中して、聞くという作業を行います。
そうする事で、女性が何を感じているのか、何に対して、不満を持っているのか、何を言いたいのか。こういった事が理解できます。

そして、理解できた事を、女性に言葉として、表現をするわけです。
ここが難しいわけです。
あなたが、女性の話を聞いて、理解ができた事を言葉で表現するという事は、本当に理解ができていないと、言えないのです。
的外れな事を言ってしまうリスクもありますし、理解をしていないと思われてしまうかもしれません。

言葉にして表現できるところまでくれば、女性の本心が理解できているので、女性の心と反している言葉に、反応する事も少なくなります。
女性の言葉は、いつも、心と比例しているとは限らない。
もし、理解が出来ていないと、女性の言葉だけに振り回されてしまう事になりますし、良い言動の選択が出来ない事にもつながります。

例えば。
女性が、
「もう、あんな家、すぐにでも出たいんだよね。家出したいんだ。しばらく、あなたの家に泊めてくれない。」
と言われたとします。

すると、もし、それまでの話の中で、女性の話を理解するべく、集中して聞けていない、とするならば、この女性の発している言葉だけを、そのまま受け取る事になります。

すると、考える事は。
「家出をしてくる、この女性を自分の家に泊めてあげるか、それとも、泊めないか。」
ここを考えるようになります。
そして、ここを考えてみちびき出した言動は、あまり良い選択を出来ていない事になると、予想できます。
女性が言いたい事、伝えたいと思っている事は、この言葉の中には、無いからです。
もっと前の段階に、女性の伝えたい事は、出てきているのです。

家での親との関係が、気薄であり、愛情を感じられない事への、不安を抱えている事であったり。
両親がケンカを頻繁にする事で、感じるようになっている、人間関係への不信感であったり。
そういった、女性側の基本的な心の状態について、理解をして欲しい、分かってほしい。
これがあり、ちょっとしたキッカケがある事で、もう、こんな家は、出たい。だから、家出をしたい。
ここに、たどり着いている。

だから、女性が特に理解してほしいのは、自分の心が寂しい状態である、不安定な状態である。安定した心を手にしたい。
そういった事を伝えたいと思っている。
ここを掴みとらないといけないわけです。

もし、そこを掴み取る事ができれば。
「家出をしてきて、自分の家に泊める。泊めない。」
ここについては、答える必要が無く、他の言葉を言ってあげる事が、必要だと分かります。

ここでの例では、両親と女性の関係と言う、あまりに基本的な事について、例として挙げましたが。
理解をされたいと思っている場合は、両親だけではなくて、女性の抱えている不安な気持ち、不安定に感じている何か。
ここを理解して欲しいと、思っているわけです。

その原因になっているものは、さまざまです。
就職が近くて、社会人になる事への、見えない心の不安を抱えている。
友達関係が、ギクシャクしていて、自分は、誰とも仲良くできない人間なのではないかと、不安に思っている。
仕事に対して、楽しさが見いだせず、かといって、好きな人ができなくて、このまま自分は、一人で生きていかないといけないのかもしれない、という点などに、漠然とした不安を持っている。

そういった所に、目を向けながら、感情に目を向けながら話を聞いていく。その中で、自分の主張や、考えを押し付けたりしない。
自分をつよい、良い状態にしつつ、女性を受け止める事に力を入れるので、男性側は、女性に頼り切ったり、俺の事を、もっと知ってくれというような言動はしない。
だから、女性の不安な気持ちをくみ取る事ができるわけですね。

不安な気持ちは、誰でも、無くなる事はありません。
だから、いつでも、受け止める事ができる。
そんな話の聞き方が出来て、適切に女性の気持を代弁してあげる事ができる男性は、価値がある男性、魅力の高い男性として、女性は、認めてくれるのです。


日常生活で聞く訓練をする方法

いきなり、女性にこれを実行できるようになろうと思っても、慣れていない事は、いきなりは出来ません。
そこで、日々の生活の中で、できる練習方法について、ここでは、お話をしていきます。

生活の中で、大部分を占めているのが、学生であるならば、学生生活。社会人ならば、会社での生活。
こういった部分が大半を占めると思います。そして、話をする相手は、特別な環境ではない限り、多くは、同性の男性になってくると思います。

同性と話をしている時でも、今、このサイトでお話されている事を、実践するようにしてください。
まず、最初は、男性と話をしていて、今の会話の中で、この男性が、言いたかった事は何か。
それを、簡単にまとめる。
そして、それを言う。
合っているかを、男性の反応を見て、答え合わせをする。
これをやってみるようにする。
自然と、話を聞けるようになる。

今、何を話しているのかを、要約するためには、良く話を聞かないと、出来ない作業なのです。
当然そうすると、男性側からの反応も良くなります。あなたは、良く話を聞いてくれるタイプの人。
そういった認識を持ってくれるようになります。

これが、分かるようになったら、今度は、一緒に食事をしている時や、一緒に飲んでいる時に、話をしながら、何か、プライベートな話をしたり、仕事での不満を話したりする。
そのタイミングで、普通ならば、一緒になって、仕事の文句を言ったりするのかもしれませんが、ここでは、練習をしたいので、違った面に気を向けるようにしてください。

今、不満を言ったり、上司について、文句を言ったり、友達や、同僚について、何か言っている場合は、どういった感情があり、そういった発言をしているのかを、考えるようにしてみてください。
そうすると、話をしている表面的な言葉よりも、その言葉を話している感情の面に、意識が向けられるようになっていきます。

これは、訓練をしないと、出来るようになれません。
ネガティブな話をしている時は、不安が起きている状態なので、感情が動いている状態ですから、特に感情を読み取る、良い練習になります。
そして、話をしている男性に対して、事実を返すよりも、今、その話をしている男性の感情に焦点を当てた、言葉を返すようにしてください。

これも練習です。
こういった事を繰り返していくと、今、何を話しているのかを、すぐに掴み取れるようになり、そして、話をしている人の、感情は、今、どういった状態か。
それも、素早く理解できるようになります。
そして、理解できた感情を、的確な言葉として、相手に伝える事ができるようになります。

こういった事が、自然にできるようになる。
そうすると、女性に対しても、同じような事ができるようになります。
同性の男性に出来ない事が、異性である女性にだけ、いきなりできるようになる事はありません。
普段から出来ない事は、本番でもできる事は無いからです。

ただ、この項目の最後に、注意点として。
あまりに、このやり方をしすぎないように。
ちょっとした話をしているのにも。
「という事は、こういった事だね。」
と、いちいち繰り替えされると、面倒だな。
と感じさせてしまうからです。

話が長い時や、大切な話をしている時などに、行うと良い練習になります。雑談や、ちょっとした会話には、向いていませんので、そこは、使いわけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ