会話が盛り上がらない!女性のテンションを下げる4つの理由とは

話を聞く場合、こちらが、どういった質問をするか。これは、考えながら女性に話を聞いていく事が大切になります。
そこで、適切な聞き方をしていると考えられるケースでも、女性との話が弾まない事もあります。
これは残念な事なのですが、女性側が、話をする気がないのです。


会話は基本、共同作業です。
どちらかが一方が、がんばった所で、上手く盛り上がったり、深く話ができて、お互いの信頼が深まるようなものではありません。
なので、女性側が非協力的であれば、あなたの色々な思考錯誤は上手く行く事はありません。

ただ、それでは、今後も女性から話を聞き出す力は、向上する事がありませんので、女性が非協力的にならないようにするためには、何をするべきか。
何をしたらいけないのかについては、最低限でも押さえておかなければならない部分になります。

何かしらのマイナス要素を、女性に与えている可能性があるから、女性が非協力的になっているかもしれない。
こうやって考えていくほうが、生産的な考え方になります。

全部を、非協力的な女性側に問題があるとするのは、楽なのですが、それだけですと改善の余地がなくなってしまいますので。
今、目の前の女性が非協力的でも、相手が違えば、途端に協力的になったりするケースは、たびたびあります。
だから、何か、落ち度があったと考えた方が、今後の対応力はあがります。
どういった事をしていると、女性の協力してくれる気持ちを削ぐのか。

では、それについてお話をしてきます。
女性が、非協力的になってしまう、男性がもっともやってしまっているであろうポイント。

1・見た目

この点は、どうしてもはずせません。男性は、女性に比べると見た目に気を使う割合が、かなり低いです。
女性は、男性よりも何倍も見た目に気を配ります。これは、男女の生物的な役割からの違いから生まれています
ので、男性は、意識しないと、女性から好まれない要素が強くなります。

女性から話を聞こうと思っても、女性が非協力的になってしまう原因で、一番多いものが、これと言っても良いです。
女性から話を聞く事と、見た目とは関係がないと思われるかもしれませんが、人間は、感情の生き物です。
女性の感情が、最初の段階で、話をしたくない。
そう判断してしまっては、感情が協力をしたいという気持ちを奪います。

まずは、見た目が印象として、最初に入ってきます。
だから、この印象。感情とは、すぐにリンクするんです。
そして、この段階で、会話を行う上で、協力をしようか、協力したくないかは、無意識に判断されます。

女性側としても、そんなつもりは無くても、いつの間にか、口数が減っていたり、いつもよりも話したいという気持ちが湧いてこない。
こういった状態になるわけです。

私達は、少しでも女性が協力的になるように、その確率を微塵でも上げていく事が、大切になります。
その目の前の女性が、話をしたくなる。
そういった見た目を目指す必要があります。


女性が話をしたくなる見た目って何か。
ここを疑問に思うかもしれません。
端的に言うならば。
女性が好む見た目
これにつきます。

目の前にいる女性が、スーツ姿の男性が好きならば、あなたは、それに寄せた格好をする。
目の前にいる女性が、綺麗めな男性が好きならば、あなたは、それに寄せた格好をする。
目の前にいる女性が、お姉系ならば、あなたは、それに寄せた格好をする。

人によっては、限界があると思いますが、この考え方が基本となります。
目から入ってきた情報が、感情にダイレクトにリンクしていると、理解できれば、上記の事が有効である事が、良く分かると思います。
小さいことのように感じるかもしれませんが、女性が会話に協力的になるためには、最重要な事の一つといっても良いです。

2・効果や作用を軽視している。

結局、女性から話を聞く事、そして理解するという事の重要性を、軽視してしまっている。まあ、とりあえず、聞く事が大切だからと言われているから。

このサイトを訪問してから、一通り理解できて、その重要性を理解してから、改めて、飲み会などで、男性が女性の話をどういった態度で聞いているかをチェックしてみてください。
全体像を理解してから、回りの男性の話の聞き方を見ると、いかにすごく適当に望んでいるかが、非常に良く分かります。

もちろん、非常に熱心かつ、女性の意識を削がないように意識しながら、行えている人もいます。
こういった男性の存在は稀ですので、当然、女性からは、かなりモテている状態のはずです。

まず、話を適切に聞くことができる効果としては、お互いの理解を深める事ができる。
人間の関係性は、お互いに理解を深めた度合と比例して、良くなっていきます。
よって、どれだけ、理解をしているか。
理解をするために、適切な話を提供する事ができて、阻害する事なく、話をさせる事ができるかが重要になるわけです。

理解する事、イコール、関係が深まる。
一見すると、当たり前のように感じるこの事が、実際には実践できていない事が多いです。
もし、理解できているならば、女性から、話を聞く際に注意するべき事が何か。自分の中で、明確に確立ができているはずだからです。

この瞬間に、何を注意して女性から話を聞いているのかを、自分の頭の中で、イメージできない場合は、注意しながら、このサイトを理解し進めてほしいと思います。

ここで、注意しないといけない点があります。
これは、のちのちの別の場所でもお話をするので、ここでは軽く注意をしておきます。
お互いに理解をしあう。
そこの感覚を間違うと。
「自分の事を知ってほしい。」
この気持ちが強くなり、俺の事をもっと知ってくれ、という状態になり、自分の話で、その場が占められてしまいます。
結果、女性の話に集中する事ができなく、理解をする事ができない事になります。

3・話を聞く事で情報を集め、そこから展開する

その場を楽しいものとする場合は、話を多く聞いて、理解している人が、その場を楽しくできる鍵を握っていたりします。
複数の人数が、その場にいるケースだと、誰かが主軸と
なって、話を聞く事ができる人がいないと、その場は、まとまりに欠けてきます。

合コンなどが、その分かり易い場所で、皆が、バラバラであったり、話を聞く事ができる男性がいないと、上手くまとまる事ができません。
それに、盛り上がる事もできません。

話をうまく聞きながら、回す事ができる人がいると、その合コンは、非常に盛り上がりやすくなります。
この合コンのケースでは、皆で一つの輪を作り、その中で話を聞く事により、情報を共有していく。
そうする事で、全体の関係性が良くなるという効果もあります。お互いの事を知り、理解をすると、親しくなれる。これを利用するわけです。
複数の人数がいる場合の話を聞き、情報を集めながら、話を振る。

これは、テレビ番組で言うならば、司会者的な立ち位置になると、イメージしてもらうと分かり易いかもしれません。
上手く、その場を楽しくするためには、上手く回りの人に話を振っていく事が必要ですが、それができるようになるためには、個々の人間のキャラクターを掴む必要があります。

では、どうやって、そのキャラクターを掴むのか。
そうなると、その本人から、話を聞くことが重要になってきますし、その話から、どうやって、理解されたいと女性が考えているのかも、見えてくる部分があります。

話を聞く事を軽視しているから、「何を話したら良いかが、分からない。」というような言葉となります。
話を注意深く、興味を持ちながら話を聞く事の重要性を知っている男性は、「何を話したら良いか分からない。」この状態にはなりにくいです。

女性が、今、何に興味を持っているか。どういった話を振って欲しいとサインを出しているかを、理解しているから、それにそって話をすれば良い。
だから、もてる男性が、何気なく話をしている事に対して、女性は、楽しく話に集中しているのです。

しかし、この事を知らない男性は、闇雲に、自分が適当に、これなんかは、どうだろうか。
と半ば勘で選んだものを、話題にする。
しかし、その話は、あまり興味なく盛り上がらない。
また、勘で話題を出す。
しかし、またその話は、ヒットしない。
そして、盛り上がらない。
何を話をしたら良いか分からない。

これが、一つの女性が話を楽しめない理由になっているのです。話を聞く重要性を理解していると、この状態になりづらい。
あらかじめ、何を話したいのか。
その情報を手にいれる事ができているから。

4・ジジイ化

これは、言葉が悪いですが、私がかなり気を付けている事の一つです。多くの人が、年齢が上がるにつれてなっていくのです。
それは、女性の話、それだけではなく男性の話も含めて、聞けなくなっていく。
徐々に、人から聞く話に興味を持てなくなっていくんです。そして、自分の世界が固まってくる。

これにより、他の人の考えが入ってこなくなります。そうすると、どうなるのか、考えの幅が狭くなります。
自分の考えだけになってくるので、非常に視野は狭く、偏りがある考え方しかできなくなってきます。
そうすると、何をこの人は、楽しいと感じるのかとか、そもそも、この人は、どういった事を考えているのだろうか。
こういった事に興味を持たなくなります。興味が持てなくなった人が、人から興味を持ってもらうのは難しいです。

こういった状態にある男性は、女性から好まれる事は、ほぼ、不可能に近くなります。この状態にある人を、私は、女性から、もてるようにするのは、不可能に近い事だと思っています。
そのために、実際にお話をしていても、まるで話を聞けない状態になってしまっている場合は、何か言う意味がないので、何も言いません。
言った所で、何も変わる事がないためです。

女性の話を聞けなくなる、他の人からの話を聞けなくなるというのは、自分を硬化させてしまう。
ここには、かなりの注意が必要です。
まだ、もっと重要な要素があるのですが。
それは、別の場所で、取り上げて、徹底してお話をしています。
その要素は、「心」を掴む。
「心」を癒す。
そういった点に、焦点を絞った話の聞き方です。

私は、個人的に、この点に最大の力と、注意を割いています。これが、理解、実践できるようになると、女性から好まれるレベルが、全然変わります。
ただ、話を聞く事の、メカニズム面も、テクニカルな面も、必要なので、それぞれ、分けてお話しているわけです。

質問しても話が盛り上がらないのは女性のせいか?

男性側の立場から言えば、色々と聞いたけど、女性側が、話を膨らませる事ができるような答えを返してこない。
テンポが悪くて、リズムに乗る事ができなかった。何も考えていないような女性だった。

こちらが質問をしたのだから、今度は、女性側から質問するのがマナーなのに、女性からは、何も質問をしようとする姿勢が見られなかった。

こういった場合、まず、考える事は、あなたが、女性にどんな事を聞いたのか。ここを考えなければなりません。
これは、良くあるケースで、話をしていく中で、女性から何かしらの話を引き出したい場合。
私達男性側が、その会話の性質を考えなければなりません。

極端な例でお話をしますと、女性に。
「最近どう。」
このような質問を投げかけて、女性が全然、話をしてくれない。
といっても、これは、当然なわけです。
何を話をしたら良いのかが見えません。
何もない所から、話をしていくのは、話をする側には、かなりの負担がかかるものです。

ここは、意識した方が良いです。
何かを女性から聞きたい場合、こちらが答えやすいように、聞かなければ、思ったように、女性から話を聞くことができません。
女性が話をしやすいように、こちらで考える必要があるわけです。これを面倒だと思ってしまうと、先ほどの例のように、最近どう。のような、どう答えたら良いか分からないような事をいってしまうわけです。

どう答えたら良いか分からない、そんな質問をすれば女性からは、思ったような言葉は、帰ってきません。
差しさわりの無い事を聞いたら、差しさわりのない、普通の事しか返ってきません。

学生に、学校楽しい。と聞いたら、
楽しいよ。
楽しくないよ。
といった答えしか返ってこないようなものです。

女性から何かを聞きたい場合、引き出したいと考えている場合は、男性側が、聞き方を変えて、工夫する必要があります。
女性の返事は、自分が投げかけたものをベースにして帰ってきているわけですから、ここを変えていかないと、思ったような展開にする事は、難しいわけです

サブコンテンツ

このページの先頭へ