話題豊富な男がモテるのか?話しすぎることのデメリット

スムーズに話ができて、次々に、話題が出てくるような男性が、コミュニケーション能力が高いと思われたり、そういった男性が女性に、もてる事になる。
そうかんがえている男性は、少なくないと思いますが、話をするという事は、こういった弊害がある事も、しっかりと意識をしておく必要があります。

まず、第一に。
話過ぎる事で、女性が何を話たがっているのか、どういった話題を好むのか。こういった点が見えづらくなってしまいます。
自分で多く話をするという事は、女性が話をしたい、その話題から離れていく事になる確率を高くするわけです。
特に、女性がどういった女性であるかを十分に理解できない場合は、まず、何を話するべきかが、分からないです。

結局、多くの時間をその女性と過ごしたけど、女性側からしてみると、自分が話をしたい話が、全然できなかった。
結果からみると、楽しい時間ではなかった。
もう、この男性と、会う事はないな。
そのように思われてしまう、大きな要因になるわけです。

話しすぎることの弊害その1。

女性の話したい話題から、ずれてしまう確率が高くなる。
女性と、話をしていても、その女性が、どこに地雷があるのかは、私達には分かりません。
その女性の気分を害する話題は何か。どういった分野の話をきらうのか。それを、全部把握するのは不可能です。

そうすると、多くの話をこちらが多くする事で、やってしまいがちな、ミスがあります。
その代表として、「つい余計な事をしゃべってしまった。」
これは、誰でも経験した事があると思うのですが、だいたいこういったミスをする時というのは、自分が話したいモード全開になってしまって、ついつい、自分のペースで話をしすぎてしまった時。
と、大体相場が決まっているものです。

自分が話をしすぎるというのは、こういったミスを犯す確率が高くなるわけです。
それに、イメージをしてみてください。
あなたの回りにも一言が多い男性というのは、存在していると思うのですが、その人は、どんな人ですか。
おそらくですが、自分のペースで、ひたすら話をする事が好きな人に、そういったタイプが多いと思います。

話を多くするというのは、言葉をそれだけ多く発しますから、あまり言葉を選んでいられなく、思いついたら、それを口にする。
そういった流れになりますから、当然、ミスが多くなるわけです。
話をするなといっているのではなく、関係の初期段階において、話をしすぎるというのは、こういったリスクがあるのだと良く理解しておくほうが、良いなと思うわけです。

初期段階では、たった一言の余計な言葉で、女性が引いてしまう事は、良くある事ですし、まだ関係を築いていないので、それで、女性との縁は終わりになってしまう事もあるのです。

話しすぎることの弊害その2。

自分が多く話をすればするほど、女性にとって、余計なひと言を言ってしまう確率が、高くなる。
自分の情報を出すという事は、それだけ、女性に自分の情報を提示する事になります。良い面だけを上手く表現できるならば良いのですが。

おそらく、話をしすぎてしまう男性は、冷静に、現状をとらえる事ができていなかったり、緊張状態になってしまって、話をしすぎてしまったり。
その場をあまり、支配出来ていないケースが多くなると思います。

そういった場合は、自分で出す情報をコントロールできていないのですから、自分にとって、マイナスになってしまうような情報を大量に出してしまうと考えられます。
そうして、女性がそれを知れば、マイナスに取られてしまって、興味を失ってしまったり、評価を無駄に下げられたりする結果になってしまうわけです。

時には、あなたをコントロールするための、ヒントをわざわざ女性に提示する事になります。
あなたが緊張をしている事を女性に悟られれば、あなたは、女性に対して、多少なりとも劣等感を感じている事を、悟られてしまったり。
もしくは、女性に対しての苦手意識などを持っていて、あまり男性としての価値は高くないかもしれない。
などのように、感じられてしまうかもしれないわけです。

そうすると、そこから、主導権は、女性側にあるような雰囲気になってしまって、女性は、そういった雰囲気にあまり、プラスな感情を持たない傾向があります。
そして、その場所への興味を失っていく。

情報の選択をする事なく、自分の情報を女性に、提示しまくるというのは、デメリットしかなく、多くの割合で、それが致命傷になる事があるのです。

話しすぎることの弊害その3。

自分の情報を女性に提示する場合は、選択をして、情報を提示するようにする。ただ、話をする目的で、情報を垂れ流してしまえば、それが致命傷になり、女性は、あなたへの興味を失うリスクがある。

一瞬で、あなたの人間性を下げる事の一つに、他人の悪口というものがあります。これは、どんな場面でも、自ら言ったり、他人が言っている悪口に乗る必要性がありません。
悪口の必要性は、0 だと思って良いです。

女性によっては、それを好んで話をする人もいると思いますが、それに乗る必要もありません。
話を多くする人は、ついつい、自分のコントロールができないタイミングで、他人の悪口を言ってしまうようなミスをする時があります。
誰でも、他人に対する不満があるのですから、自分で意図してコントロールしないと、ついつい、口をついて出てしまうものです。

私も、基本は、他人に対する劣等感がありますので、それが嫉妬となって、言葉に表現されそうになる事があります。
そこは、自分の意図で抑えるようにしております。
そして、ついつい、自分で話をしていて、調子に乗ってくる時は、逆に注意するようにしています。

このテンションでいると、何かの拍子に他人の悪口が、口をついて出るかもしれない。
これは、今まで、経験している事なので、どういったテンションになっている時が、危ないのかが良く分かっているからです。

悪口を言っている男性をみて、ポジティブに捉える女性は、ほとんどいないです。ほとんどが、ネガティブに捉えられて、評価を下げられる事になります。

話しすぎることの弊害その4。


調子に乗ってしまって、ついつい、他人の悪口を言ってしまって、女性から、この男性は、いつも他人の悪口をいう男性なのだと評価されてしまう。
こういった弊害がある事を理解しておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ