同じ話を何度もする理由は?そこにはある秘密があった

話をしている中で、同じことを、繰り返し話をされるといった経験をした事があると思います。
そうすると、大抵の人は、知っている話なので、もう、すでに流れが分かるし、内容も知っているので、新鮮味がありません。
それに、何回も聞いた話を、また聞く事に、意味が無いように感じると思います。

ただ、もし、それを話している相手が、あなたの大切な人ならば、少し考え方を変えてもらいたいと思う、事実があります。
まず、繰り返し話をするという事は、そこに、何か特別な思い出があるという事。
なぜ、繰り返し話をしなくてはならないのか。
ここを考えてみると、ある可能性が見えてきます。

話が、本人の中では、終わっていない。
伝えきれていない。
感情を表現しきれていない。
こういった可能性がある事が見えてきます。

もし、こういった事が、全部、できていたならば、繰り返し話をすると事には、つながりずらい。
もちろん、ただ、本当に話をした事を忘れてしまったかのように、話をする人もいるかもしれませんが。
多くのケースで、そこには、何か、特別な感情が働いていると考えた方が、その人を理解するという意味では、有効である事が多くなります。
それを前提にして、話を聞けるようになると、また、今までとは違った感じで話が聞けるようになると思います。

もしかしたら、まだ、伝えきれない何らかの感情があるのかもしれない。まだ、言葉で、言えない何かがあるのかもしれない。
そういった考えを持って話を聞くのと。
また、同じ、話を、しているよ。つまらない。早く終わらないかなと思って聞くのとでは、話を振れる幅が全然違ってきます。

大前提として、人間である限り、自分の抱いている感情を、全部、言葉として、表現できる事はありえません。
だから、なんだか言い足りない感じを持ってしまったり、何か消化不良のような感覚を持ってしまったりする。
そして、消化不良だから、また、同じ事柄を話したくなる。でも、やっぱり、上手く自分の感情を出す事ができない。

そこで、私達は、それを上手く表現できるように手伝ってあげるのです。そのためには、まずは、感情面に寄り添ってあげるような、話の聞き方が必要になります。
もし、また同じ話を始めたとしても。
「それ、もう聞いたよ。」
とは言わないで。
それって、キミのすごい大切な思い出の一つだよね。」

このように言ってあげる事で、気持ち良く、その話に入っていける事ができます。
この時点で、女性の心を乗せるような言葉を入れてあげる事で、感情は、良いものになりますから、もしかしたら、今までは話する事ができなかった、女性側の感情と、女性が出会えるかもしれません。

これは、どういった展開にすれば、新しい女性の感情に切り込めるかは、正直な所、分かりません。
ただ、女性が話をしやすい環境を作り、話をしていく中で、同調しながら、男性側が、聞く姿勢を持つ事により、女性のリズムが良くなるという事は、良くある事です。
そして、そういったリズムが良い時に、思わぬ感情に女性が出会えるという事も、これも良くある事です。

こういった、もしかしたら、今まで見る事ができなかった、出会える事が出来なかった感情と、会えるかもしれない。
そういった環境を、作り続ける事ができたならば、それは、女性のさらに深い部分を共有する事ができる男性となれるわけです。

そうなる事ができれば、女性との間の関係性は、さらに深く、強固なものになっていくはずです。

少々難しいレベルの話をしておりますが、ゆっくりで良いので、出来るようになると、あなたの強力な武器、男性としての強烈な魅力になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ