女性に質問する目的は?バランスの良い質問のやり方について

質問は、どういった性質があるか。
それは、
女性側に、あなたに興味がありますよ。
これを伝える性質があります。


ただ、これを最初から、飛ばして行うと、尋問のように感じてしまうのです。
質問は、好意を表す事につながるので、良い行動なわけです。それに、質問が無い会話は、無機質に感じられるような会話になります。

ただ、女性が話をしているのを、聞いている。
それだけのように感じる。
ある程度の関係が出来てきたら質問をする事で、話にリズムや、立体感が出てくるようになります。
こちらから、話を聞いて、質問をする事ができたから、女性も、そういえば、こんな事もあった。というように、聞かれて思い出す。聞かれて、自分の事に気が付く。そういった気づきを与える事があります。

それが話の発展に結びつく事もありますし、この人だから、ついつい話をしてしまった。そのような女性側に感じさせる事につながる時もあります。

このように、質問は、お互いに興味がある事を、お互いに認識できる良い点があります。
ただ、これは、お互いが興味があるから成り立つという、前提もあります。
お互いに興味がある者同士である場合は、女性に自由に話ができるような、質問を選択すると、女性側も、考えて、自分の好きなように話を展開する事ができます。

誰でも、一つの質問に、単純には、すぐに答えらえる事ばかりではなくて、色々な事情や、その時の周りの影響。
自分の心の中の複雑な動きや、関係と絡まって、物事の結果になっています。だから、基本的に、単純に答えらえる事ばかりでは、ないわけです。

そのために、自由に答えらえるような質問の形というのは、女性が自由に、色々な面を考慮して、話を組み立てられるので、便利な質問の形になるわけです。
例えば。
「彼氏の事は、好き。嫌い。」
と聞かれても、実際には、複雑な気持ちを抱えていて、どちらかを選択する事ができなかったりします。
女性側に別れたいという気持ちが強くなっている場合だとしても、完全に嫌いになれていない部分があったりします。
ふっと見せる、寂しそうな表情が、なんか、この人は、孤独そうだなと感じて、別れられないような感情を持っていたり。
昔、すごく優しくしてくれた時の彼が、本当の彼のような気がして、今、少し冷たくなった彼は、何かを抱えているのかもしれない。
そういった考えをもっていたり。

こういった複雑な感情が、だれの心にもあるものです。
そういった場面では、自由に話が展開する質問を選択するのですが、女性側が、まだ、あなたに対して、そんなに興味が無かったり。
女性自身、話をする事を苦手としていえる場合は、また、質問の質を考えなければなりません。
こちらで、話題を提供して、そこに軽い答えを添える程度で、女性が答えられるような質問であったり。
もっと、単純に、「はい。」「いいえ。」で、答えられるような質問を選択した方が良いケースも出てくると思うのです。

これは、女性の反応を見ながら、どういった質問の形が、この女性には、良いだろうか。そう考えながら、試していく必要があるわけです。
どれか、一つのやり方に絞れば大丈夫というものではないわけです。

はい。いいえ。
これで答えられるような質問にすれば、尋問色を強くしていき、強制されているような感覚になっていきます。
逆に自由に、話をして良いとなっても。
この人に話をしても良いだろうか。
受け止めてくれるだろうか。
興味が無い相手だから、話をしたくない。
と思ってしまったり。

話をする人の負担が増える事が前提になるので、それだけ、女性がこちらからの見返りを期待している状態でないと成り立ちません。

女性からの信頼や好感度を失う質問とは?

質問の、大前提なのですが、女性が聞かれたくない事は、聞かないようにする事が大切です。
女性から、信頼をしてもらったり、安心してもらう事が、恋愛に発展させていくためには、何よりも大切な点です。
そこで、女性の話を聞く事などが大切になるのですが、その段階で、女性が嫌がる事を聞いて良い方向に行く事はありません。

失敗をしてしまう場合、ここへの注意が足りなかったというケースは多々あります。
女性は、自分の嫌な話を、しつこく聞いてくる人に嫌悪感を持ったら、心を閉ざしてしまう事が多々あります。
信頼のためには、ここには気を配りましょう。

一回聞いても、話をしたがらなかったり、話を他の方向にづらしたり。
全く別の話に触れたり、間が空いたり、沈黙が流れたり。などがあります。

ここは、会話から見れる点。
表情が曇ったり、目を伏せたり、口元がゆがんだり、目が怒りの感情が移ったり、そういった表情の変化があった。

こういった場合は、しばらく時間を置いたりして、また聞いてみる、同じような反応ならば、明らかに、その話題は、NGだという事が分かります。
そうなれば、もうその質問で、女性には踏み込まないようにする。そこを無理に突っ込むと、信頼や、安心感を失う結果になります。

あと、女性に話を聞く場合の初期に避けた方が良い話題というのもあります。
その女性の見た目。(特に、肉体的な特徴部分。)
お金。
これは、対女性だけではなく、対男性に対しても同じです。この部分は、各人によって、かなりプライベートが強く、最初からは、ふれない方が良い話題の代表です。

例えば。
女性が、少し肌が最近荒れている事を気にしているとします。そこをいきなり無神経に、
「肌荒れているけど、ちゃんとケアしてる。」
と言われれば、女性からは嫌われます。

太っている事を気にしている子に対して。
「プニプニしてるよね。」
と言えば、女性は良い気はしません。
男性側からすれば、そういった少し贅肉がついているぐらいの体型が好きだから、良い意味で言っているとしても、やはりあまり良い印象を与えません。

そこで、分かってくる事なのですが。
女性が、どこを気にしているかは、私達他人からは、分かりづらいという事です。
肉体的な部分については、私達側が、良いと思っていても、女性は悪いと思っている事は、良くある事です。

男性は、肉付きが良い事を、そんなに悪い事だとは思っていません。女性は、細い事を好む傾向にあります。
ここには、明らかな男女差が存在するのですが、それは、お互いの感覚の違いなので、男性が、自分の趣味を押し付けても、結局、意見が寄る事はありません。

女性は、結局、男性の平均的な理想よりも、細い体型を望みます。だから、その点で、意見を押し付ける事に意味がありません。

初期段階では、女性の見た目。特に肉体的な特徴については、あまり話をしない方が良いわけです。
だったら、持ち物とか、雰囲気とか、そういった事について、話題を振った方が、ミスをする確率を減らす事ができます。
性格の内面について触れた方が良いというような事を良く言われるのも、こういった理由があるからです。

お金。
いきなり年収聞いてくる女性は、嫌でしょう。
そんな感じです。
あと、男性としては、年収というのは、その男性の考え方や、それまでの生き方が、ある程度、反映されてしまっているものなのです。

だから、それをすぐに知られるのは、避けたいですし、全部が、オープンにされてしまうようなので、嫌なのです。
関係の初めの頃に、お金の話をするのを、嫌うのは、男性側の方に、強い傾向がありますし、女性も、好まないので、避けた方が良い話題です。
何か、目についたものがあると、すぐに。
「それ、いいね。いくら。」
と聞いてくる男性を、卑しい。というように評価する女性も大勢いるので、意識しておいた方が良いです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ