女性と打ち解けて深い話がしたい!どうすればいいの?

女性が、あなたに安心して、話をするためには、あなたをどういった状態にしておく事が、必要だと考えていますか。
そして、なぜ、女性は、あなたに対して、自分の内面の話や、深い話をしようと思うのでしょうか。

女性だけではなく、男性もそうなのですが、話をする時には、いつでも、このような気持ちが、頭をよぎります。
「この人に、自分の話をしても、拒否されたり、否定されたり、傷つけられたりしないだろうか。」

つまり、もし、そういった事が無いだろうと確信できる時、人は、その人に対して、安心して、自分の内面の事であったり、深い事の話ができるのです。
逆に、この人は、自分の事を傷つけるかもしれない。
このような事を感じる時には、話をしようとは思いません。多くの話を、女性に話させる事ができる男性は、ここの部分を良く理解しています。
理解をしていなくても、自然と、女性を安心させる事ができるような雰囲気を出しています。

雰囲気というと漠然としたものになりますので、もっと正確に言うならば、この人ならば、傷つけない。
これを感じさせる事ができるか、できないか。

大抵の女性は、大人になるまでに、自分の話をしたり、内面の話をして傷ついたという経験をしているものです。
そういった経験から、自分の話をする事に躊躇をしたり、用心をしたりします。

だから、女性に話をさせる時には、どれだけ、その警戒心を緩めてあげる事ができるのだろうか、とこの点に、男性側が意識を持っていく事が大切になります。
そうなると、その前段階として、基本的な事なのですが、態度が荒々しいとか、攻撃的な口調であるとか、他人に対して、態度が横柄である。
こういった事は、マイナスに作用する事が分かると思います。こういった態度を事前に見ていると、この人は、傷つける事を言いそうだな。そう判断をされてしまいます。

話をしている側は、ついつい、多くを話してしまいます。
聞いている側は、それを冷静に聞く事ができますし、話をする側と、話を聞く側では、タイムラグがあるので、聞く側には、時間的な余裕があります。
その余裕があるために、聞いている側は、言葉を聞きながら、この人は、どういった傾向があるのかを、知るといった事がしやすいのです。

だから、私達は、女性と関わっている時には、人を不快にさせるような言動は、意識して、抑えるような訓練をする必要があるのです。
不快な言動がある人を見て、安心はできません。
簡単な理由です。
用心をされてしまう人というのは、何かしらの、用心をされるだけの言動をしているわけです。
安心をさせる人は、そういった言動が少ないわけです。

ここに見えない、“差”が存在しています。
ここは、自分で考えて、観察をしてみないと、分からないので、気が付けない人も多いと思います。
その後の、注意点。

話をしている内、徐々に女性が、話をする事を控えるような事もあります。
逆に、もっと話をし出したりする事もあります。
女性の性質的には、そんなに大きな差がないのに、こういった逆の展開になる事があったりします。
最初は、女性から、とっつかれやすいけれども、その後、関わっていく内に、徐々に女性が離れていく。
こういった経験を多くしている場合は、ある点に、問題がある事が多々あります。

最初に女性が、とっつきやすいという事は、最初の段階では、傷つけられるといった感じがしなく、受け入れてくれるだろう。
そのように、印象を持たせる事ができているので、女性が安心して、コミュニケーションを取ってきます。
しかし、話をしたり、コミュニケーションを取っている内に、ある“違和感”を感じるようになります。

なぜ、違和感を感じるのか。
コミュニケーションを取っている時に、大切な事の一つとして、
受け入れる態度と、聞く態度のバランス
が良くないといけないのです。
どういった事か。

最初の印象としては、「受け入れ。」
この部分を見て、安心感を感じます。
傷つけないだろう。そう感じるのは、受け入れてくれそうだという雰囲気から、そう感じる部分です。
そう思って、話をしてみると、話に集中をしていない。
視線がすぐに、どこかウロウロしている。
話の意識をそらせるような態度を多く取る。
話を途中で遮り、自分の話をする。
眠そうな態度を取る。
視線が合わない。
心がここに無いような感じで、話を聞いている。
目が死んでいる。

こういった態度を女性側に見つかって、意識される事は、聞く状態が良いとは、言えません。
むしろ、聞く気がないと判断されます。
そうすると、違和感が大きくなります。

最初の頃は、受け入れは、非常に良い状態だったのに、実際に話をしてみると、話を聞く態度は、全然無い。
当然、もう、この人の事は、信用できないと感じて当然なのです。最初の印象が良いだけに、その落差に女性は、ひどく驚きます。
そして、傷つきます。

傷つけたのは、そういった違和感を感じさせてしまった、男性側なので、そこには、埋める事が難しい溝が出来てしまいます。
ですから。
“受け入れる態度と、聞く態度のバランス”
に注意をする必要があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ