怒りの衝動・男性的な衝動を上手に抑えコントロールする方法

怒りの衝動や、男性的な衝動を抑えられない男性は、女性からは、あまり好まれません。
ちょっとした事で、怒り、どなりちらしたりする男性を見て、魅力的だと感じる女性は、いないに等しく、人との調和を大切にする女性にしてみれば、恐怖の対象となってしまうかもしれません。
そして、こういった男性は、トラブルの種をいつでも抱えている事になります。
ちょっとしたことで、人ともめて、問題を起こす。
だから、こういった怒りを抑制できない男性とは、女性は、別れたいと思います。

では、どういったタイプの男性が、自分の怒りを抑える事ができないのか。
これは、非常に分かり易い部分だったりするのです。
そもそも、男性は、なぜ、このように、イライラするのでしょうか。世の中のトラブル。特に、暴力が関わるトラブルのほとんどは、男性が原因です。
これには、明確な理由があり、男性には、テストステロン量が多くあり、それが、暴走すると、暴力という形であったり、暴言であったり、そういった事に発展をします。
そして、それが、トラブルの元になるわけです。

女性は、男性とは違い、テストステロン量が少ないので、男性的なトラブルの起こし方をしません。
そういった理由からも、このテストステロンを上手く、コントロールできない男性。かつ、この量が多いのにも関わらず、それを上手く扱えない男性は、その後も、トラブルを起こし続けるわけです。

知性的な問題も関わりますが、根本的には、男性としての質に、テストステロンは、大きく関わります。
この扱い方を自分なりに理解をしていない男性は、多くの割合で、このテストステロンを暴走させるわけです。

ここからは、データ上での話となります。
テストステロンは、上手く使う事ができれば、仕事欲であったり、出世欲であったりと、男性が目標を立てて動くための、原動力となります。

では、どうやったら、上手く使う事ができるのか。
答えの一つとして適度な運動による解消。
これは、個人差がありますので、テストステロンの量が多い男性であれば、普通の人よりも多く運動をした方が良いです。
それに、ハードなスポーツであったり、競い合う度合の高いもの。例えば格闘技とかの方が、より発散させられるかもしれません。
そうやって、個々に合った解消法を見つける。
そうする事で、上手くコントロールできるようになるのです。

実際問題の話、男性のテストステロンを放置させた場合、それは、どういった方向に向かうのかと言うと、ほぼ、その方向性は、決まっています。
「犯罪、反社会的、非道徳。」
こういったキーワードに向かって使われます。
つまり、ろくな事にならないって事が、ほぼ、データ上でも分かっている事実なわけです。

もし、あなたの周りに、トラブルメーカー的な男性がいるならば、その男性が、定期的な運動をしているかを見てください。
そして、運動が好きかを見てください。
多くの割合で、定期的な運動をしていない。
そして、運動は好きではない事が分かります。

ちなみにですが、若い年齢層で犯罪歴がある男性というのは、運動が嫌いな人の割合が非常に高くなります。
高校生ぐらいの時から、夜に、仲間と、たむろっている男性をイメージしてみると、熱心にスポーツに取り組んでいるようなイメージはないと思います。
まあ、ここは、考えてみると当たり前で、日中にスポーツをしていれば、それだけ、エネルギーは消耗していますから、夜まで、元気に遊びまわるよりも、落ち着いて過ごしたくなる傾向が高くなります。
コミュニティ自体も、スポーツをする人のコミュニティに参加する事になりますから、安定した状態の男性が多くなります。
そういった理由があり。

男性は、適度な運動をして、テストステロンをコントロールする必要があるのです。
現段階で、怒りの沸点が低いと感じたり、トラブルを起こす傾向が高いと感じる人は、すぐにでも、定期的に運動をしていく事を推奨します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ