女性から深い信頼が得られる話の聞き方とは?言葉と動作を連動させるテクニック

話を聞く事が下手な男性は、話をすることと聞くことにタイムラグがあるという点を意識できていない可能性があります。それに、話をしていても、早く話を終わらせてくれ。
そう思う人も、この点を意識できていない可能性が高くなりますし、ちょっとこのタイプの人は、自己中心的になっている可能性も見えます。

まずは、話をするのは、時間が思いのほかかかるという事です。
では、もっと分かり易い例にするならば。
文章を書くのは、文章を読む何倍もの時間がかかる。
この関係と同じなのです。

話をするのは、話を聞くよりも、時間がかかる。
ただ、これが意識がしづらいから、多くの人には、この事実は浸透していないのです。
文章を書いている人に、もっと早く読みたいから、早く書いてくれ。とは、誰も言わないと思います。
それは、文章を書く事は、文章を読むよりも遅いと分かっているからです。だから、待つことができます。

では、具体的に、どういった事かを理解していきましょう。
あなたが、女性と話をしていて。
昨日の飲み会について、話をしているとします。

女性が。
「昨日は、お疲れ様でした。」
と言えば。
「昨日は。」
あたりで、もう、次に、何を話すかは、予想が付きます。
「昨日は、ありがとうございました。」
「昨日は、楽しかったですね。」
「昨日は、盛り上がりましたね。」

その飲み会に特別な事が無い限り、大抵は、こういった会話になる事を分かってきますから。
話を聞く側としては、昨日という単語を聞いた後からは、もう、先の展開が分かるので、暇になります。
だから、話を聞くことが、なぜだか、退屈に感じたり、楽しくないと感じます。
極端に話が変わる事は、考えづらいですから。

「昨日は・・・。実はあれから、Aさんに口説かれてたんですよ♪」
なんて、話の展開には、絶対にならない。
そんな会話になった事は、大人の社会に入ってからは、少なくとも、私には経験がありません。
だから、そういった話をする側、話を聞く側には、タイムラグがあるものだと分かっていない男性は、こんなふうに思ったりするわけです。
「話、つまらないな。」
「話、もっと早く終わらないのかな。」

しかし、それは、当たり前の事。
当たり前の事と知っていると、それを前提として話を進める事ができる。
話を聞く事は、忍耐が必要である事も、連動して理解する事ができる。
でも、その前提を知らないと、余計な事を考えたり、女性が話をしている間に、意識がほかの部分に移ってしまう。
つまり、集中して話を聞くことができない状態になり、それが、習慣化されてしまって、話に集中できないのが当たり前になる。
話に集中できないから、自分が話をする側になって、楽しくなりたいという気持ちを持つ。
といったように、悪循環になっていくわけです。

動作と話の内容の一致させる

話を聞く事に、100%集中する事ができると、どういった状態になるのか。
普段、私達は、女性と話をしたり、他の人と話をする時というのは、話を聞いて、こちらから話を返して、そうやって、会話というものを組み立てていると思います。

好きな女性相手だと、その女性を笑わそうと思って、一生懸命に話をする男性も多いと思います。
この状態だと、どうしても、女性の話からは、少し意識が違う場所にいってしまいます。
それは、当然の事で、女性が話をしていても、次に自分が何を話しようか。このように考えなければならないからです。

ですから、通常の会話では、そこまで相手の話に集中できていない事が、通常の状態なのです。
しかし、もし、何かしらの返答をしようと考えないで、女性が話している事だけに集中できる状態になると、どういった状態になるのか。

それは、女性の話にだけ集中をしているので。「リアクション」が取り易くなります。
100%聞いているという事は、言っている事に対して、何かしらの反応をする余裕があるのです。
もし、ここで面白い事を返さなければならないとか、気の利いた事を返そうと思っていたら、女性の話に対して、
「そうなんだ。」
ぐらいのリアクションをする事が関の山になってしまいます。特に、女性との会話に慣れていない状態ならば、そうなってしまうのも当然なわけです。

ところが、聞く事に集中をしていると、聞いている事をアピールする事に意識ができます。聞いているよという事を伝える事に力を割けます。
元々、男性は、同時にいくつかの動作はできないようになっています。基本的には、一つの動作しか行う事ができません。

ですから、会話上でも、本当に女性の話を理解でき、感情も理解できるようなレベルで話を聞こうと思えば、同時に、自分は返しで、何を話しよう。
そういった事は、考えられないのです。しかし、次の会話を考えておかなければ、会話が途切れてしまいますので、考えるしかないのです。
だから、どうしても、話を中途半端にしか聞くことができなく、理解も半端になってしまいます。

そして、これは、非常に重要な事なのですが。
動作と言葉の内容は、連動させている事。
この項目の中では、これが最重要なので、ぜひ、押さえてください。
女性が、必死にお話をしています。あなたに自分の内面の話をしながら、理解をしてくれる事を望んでいるとします。

しかし、あなたのほうは、それを聞いているような態度はとっているものの、次に話をする事で精いっぱいで、女性の目を見る事どころか。
目線は、右上の方を見ていて、まるで、他に興味がある事を考えているような態度を取っている。
ならば、それを見ている女性は、どう感じるのか。あなたは、自分なりに、女性の話を聞き、会話を成立させようと必死なので、次の事も考えている。
悪気は無くて、よかれと思ってやっている。

しかし、女性から見れば、どこを最重要視するのかと言えば、その動作が、一番印象に残ります。
つまり、話を聞いていない。
このような印象の残ってしまうのです。
これは、動作が印象が残ってしまうためです。

例えば、あなたが、友達に、自分の親が、重病になってしまって、それが心配で、苦しいと、その苦しみについて話をしているとします。
友達は、「大変だな。」と口では言っているものの、口を開けながら、半開きの目で、鼻をほじっていたら、まともに話を聞いていないという印象を持つと思います。

動作と言葉の内容は、連動していないと、その人の事は、信用する事はできません。
こんな事、当たり前だと思われるかもしれませんが、私の知る限り、これがちゃんと出来ている人は、女性からだけではなく、人間全般から「絶大に」、信頼されています。

現段階で、自分は信頼されているという感じを受けられていないならば、これはできてないと思います。
実際に、この点に気をつけて、色々な人が話をしている所を観察してみてください。ちゃんと、連動させる事ができている人は、思いのほか少ない事が分かります。
特に男性は、これが出来ていません。
明らかに、興味が他にありそうな表情をしていたり、しきりに他の部分に視線をやっていたり、話している相手の意識を削ぐような動作をしていたり。

そういった事を、無意識のレベルでやってしまっている事が、すごく良く分かります。中年になると、その割合が急増します。
無意識というのは、こういった事が、相手側に伝わってしまうという事を知らない、意識していないためです。
これを知れば、そういった動作は、相手側から信用してもらえない事を知りましたので、大丈夫になるのです。

なんでもそうなのですが、知らないという事は、相手側から信頼されなかったり、嫌われたりしてしまったりするのです。
やっぱり、知っている事。これは、本当に重要なのです。

基本的には、真逆の事は、同時にはできないのが、人間の仕組みです。
怒りながら笑う。
褒めながらけなす。
笑顔で、罵声を浴びせる。
こういった真逆の事は、普通の人はできません。

これを踏まえて、女性の話に集中して聞く場合。あなたの言葉と、動作を連動させるのです。絶対にこれはやらないといけない。
女性の中で、悲しくて仕方ない話をしているならば、こちらも悲しい表情をして、そうか、と言いながらうなずく。
言葉と動作が連動しています。

これを、終始続ける。
そうする事で、女性から深い信頼が手に入るのです。もちろん、これは、テクニック的に説明していますが、心から、聞けるようになる事が大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ