女性の感情が高ぶっているときの上手な対処方法

女性の感情が高ぶったり、怒りを感じていたり、イライラしている時。どういった行動に出るのかを把握しておく事が必要です。
女性は、感情が高ぶっている時に、自分の心を整理したり、今の自分の状態を理解するために取る行動は、「話をし続ける。」
そういった選択をします。

話をしながら、自分でも今の状態が、良く分からないので、とりあえず、話をし続けます。
心配を抱えている状態ならば、今、何を心配しているのか。
過去には、こんな心配をしたことがある。
今、これが心配だから、たぶん、これからは、こんな心配をするかもしれない。
もしかしたら、こんな事も心配するのかもしれない。

男性は、こういった事を聞いても意味が分かりません。
過去がどうしたとか、未来の、こういった事に心配をするかもしれない。
こんな事を言われても、解決策などありませんし、話をする意味が分からない。

なぜ、今、女性は、その話をするのか、その趣旨を理解する事ができない。
男性は、話を聞きながら、今、どうやって解決するか、今、どうやって処理するかばかりを考えてしまいます。
ただ、女性は、そんな事を望んでいるのではなくて、話をしながら、自分の感情を理解したいがために、闇雲に話をしているわけです。

女性のメカニズムとして、話をする行為を通して、自分の事を理解しようとしているのです。
ここを理解しないと、女性は、自分の感情を理解する事ができなく、むしろ男性に話をする事で、自分の感情を理解する邪魔をされているような気持ちになります。
ここで、女性が男性に求めている事は、解決策を考えてもらう事ではなく、自分の話を、一緒に聞いて、それによって、自分の感情に気が付かせてもらう事です。
女性は、話をしながら、自分で、徐々に気が付いていきますから、別に男性が、何を言っても関係はありませんし、影響もあまりありません。
むしろ、ちょっと邪魔になる可能性があるぐらいで、この場面では、私達が、意識を集中するべき事は、女性が話をしやすいような状態を、作ってあげる事なのです。
だから、話の最中に、自分の意見を入れようとしない。
話のリズムを崩させない。
話を否定しない。
話をまとめようとしない。
話の要点を何かを聞かない。
話の矛盾点をしてきしない。
などなど。

女性の話をする回路が活発になっている時には、一切の邪魔をしないように、注意しながら、話を則してあげるような姿勢が大切になってきます。
女性は、感情が高ぶっている時には、言語機能が活発になっているので、だから、男性から見れば、信じられないようなスピードで話をしてきます。
あまりに、言語機能が活発になっているために、あらゆる方向に話が飛びます。
話が飛ばれると男性は、今、何の話をしているのかを把握するので、一杯の状態になります。

だから、つい、「今、何の話をしているの。」
とか
「話が飛んでいる。」
とか
「話をもう少し分かり易くして。」
などといってしまいます。

女性の話は、飛んでいるのではなく、今、同時に色々な話が進んでいるのです。
女性の中では、正常な話の仕方であり、分かっていないのは、男性だけです。もし、それが女性同士であれば、不思議なぐらいに、会話が成り立ちます。
そういった事もあり、そもそも、こんな状態の話を、私達男性が、理解をして、アドバイスをしようとする事自体、無理があります。
集中して聞く一方だけで、限界です。
聞く事に徹しても、理解できるか怪しいぐらいです。

このように、女性の感情が高ぶっている時に、私達、男性が取る選択肢は、ほぼ決まっています。
アドバイスしたりなんて事は、一切考えなくてよいです。
まずは、女性の言語機能が活発になっているなと感じたら、話が複数出てきます。
聞く事に集中して、まずは、話を理解する事。
ここだけに、意識を持っていきましょう。

たぶん、大半の男性は、それだけで、限界です。
しかし、それが、結果として、良い方向に向かいますし、女性は、そういった男性の対応を好みます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ