コミュニケーションでは簡単に伝えることができるもの、伝えるのが難しいものがあることを理解する

コミュニケーションでは、簡単に女性側に伝わる言葉と、そうでない事がありますので、これも明確化させておきましょう。

簡単に、こちらの意図が伝わる言葉というのは。
例えば、このような事ならば、簡単に伝える事ができます。

女性から、昨日まで、言っていた、旅についての話を聞く。
女性に、以前の飲み会で、自分が帰った後の話を聞く。
女性に、昨日のテレビの話をする。
女性に、自分の出身地の話をする。

これは、伝える事が簡単な部類のコミュニケーションでの言葉となります。
これが簡単な理由は、ただの事実の話を聞く。
お互いに共通した経験を元にした話である。
お互いに、常識が同じものについて話を聞く。
などのように、女性との間で、簡単に意思の疎通ができるもの。これをお互いに伝えあうようなコミュニケーションは、簡単に行きやすいのです。

では、逆に、簡単にコミュニケーションが行かない種類の会話とは、どういったものなのか。
女性に、友達との関係について話を聞く。
女性に、家族との関係について話を聞く。
女性に、自分の仕事への取り組みについて話をする。
女性に、あなたの興味がある事について話をする。

これが、お互いに理解しにくいコミュニケーションになる理由は、お互いの文化や思考などの、これまでの生活スタイルが大きく関係するから。
ここを良く理解しておく必要があります。

そうしたら、今、話をしている内容は、難しい内容であるか、それとも、簡単な内容であるかの、判別を瞬間でつける事ができるようになります。

伝えるのが難しい内容だなと判断したら。
丁寧に、伝えるためには、どういった言い回しや、言葉を使うと、目の前の女性の文化では、伝わり易いだろうか。
などのように、注意を払いながら、話をする事ができます。

ここで、会話が伝わり易いか、伝わりにくいかの判別ができないと、どれも同じように伝わるものとして考えてしまうために、お互いの会話に、認識のずれが生まれやすくなります。
女性からの話を聞いていても、簡単に理解できそうにない話だなと思ったら、丁寧に、話を女性にさせるように、会話を展開するように、気を使う事ができます。

例えば、一つの話を女性がしたら、それをもう少し展開して、詳しく話をしてもらうような、相槌や、言葉をかえしたりなど。
「それって、こういった事なの。」
みたいな言葉を使えば、女性は、もう少し、今、話をした事を詳しく話をしようとします。

女性の、考え方や、それまでの文化。
女性全体の生活スタイルについて関わるような話になる場合。
それは、非常に、お互いに、理解しにくい会話の種類であると、理解して、ちょっと、考えながら話をしないといけない会話だなと、自分の中での切り替えができるようになりましょう。

女性と良好なコミュニケーションが取れない理由は?

話を聞く事ができません。
女性が、最初から拒否をしていて、会話を成立させようと考えていない場合は、何をやっても、女性との間に良好なコミュニケーションは生まれません。

この場合は、見た目で生理的に無理という場合などもまずは、考えられます。
ここは、最低限、生理的に無理と思わせないような外見作りが、必要となります。
問題なのは、むしろ、話を少ししてから、すぐに、女性が、「この男性とは、話をしたくない。」と思われてしまうケースです。

なぜ、これが問題なのか。
それは、会話というものの性質にあります。
例えば、あなたが、サッカーをやるとします。
すると、あなたは、今までにサッカーをやった事がないならば、全然上手くできない事を、自分で理解すると思います。
もっと、いうならば、サッカーをやった事がないから、上手くはできない。
これをやる前から、ちゃんと認識できるわけです。

会話や、コミュニケーションの問題点は、自分は、会話やコミュニケーションが、上手にできないと認識できない点にあります。
何となく、生まれた時から日本語を聞いて、話をしている。そして、何となく、人と関わる事ができている。
だから、自分は、本当の所では、上手に会話が出来ているのか、コミュニケーションが取れているのかを、理解する事ができないのです。

皆、何となく出来ているな。
そう思っているのです。
そして、聞く事は、そのさらに延長線上にあります。
聞く事は、ただ、その場所にいれば、自然に耳に入りますから、自分は的確に話が聞けているか、聞くという事が、ちゃんと出来ているかが、全然分からないのです。

会話、コミュニケーション、聞く事。
これは、人間関係が良好で、回りの人から好かれていると感じる事が出来ないならば、まずは、出来ていないと認識する事がスタート地点となります。
そこをちゃんと、認識する事で、会話、コミュニケーション、聞く事。
それぞれに、目的を作る事ができます。

そして、まずは、女性の情報を集める事が何よりも大切だという点へ、意識が向かう事ができるわけです。
漠然としていると、目的を作る事ができませんし、女性に対して、何をする事が大切なのかも、意識する事ができません。
ただ、目の前で、女性の大切な情報が、流れ出てしまっている状態になってしまうだけなのです。
目的を作る事で、その流出を防げますから、まずは、自分は、会話、コミュニケーション、聞く事。これらが、「出来ていない。」とちゃんと認識する事にしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ