話をしてくれる女性、話をしてくれない女性、この違いは?

話をしていて、簡単に話を聞ける女性と出会う事もあれば、全然、話してくれない女性と出会う事もあります。
ここには、あなたが女性に気に入られている、好感をもたれているというケースを外して考えてみると、ある事が前提になっている事が分かります。

それは、女性側が、お話が大好きで、誰とでもお話をする事が苦ではなく、コミュニケーション能力が高い場合。
それと、女性の中で、ちょうどタイムリーに話がしたい強い話題があり、心の状態が、話をしたい状態になっている場合。

この場合は、こちらが、どうにかしなくても、女性の方から、進んで話をしてくれる状態なので、苦労はいりません。
そこで思わず、こんな事を男性は感じてしまうのです。
「今日の俺は調子が良い。」

実際を考えてみると、女性が話をする状態だった。こういった内情があったりするわけです。
女性と話をしていて、好調、不調。ここに波があると感じる場合は、多くのケースで、女性側が話をするタイミングである場合と、話をする話題が無い場合。
ここに当たっていた。
つまり、女性側にいつも主体があったと考えられます。

ここでは、「テクニカル」な面に焦点を当てて、女性から話を聞く事についてお話をしていきます。
信頼。
この面を重視して考える場合、無駄に女性から話を引き出すべきではないかもしれません。

ここでは、テクニカルな事に目を向けますので、そういった状態でも、女性から話を引き出すには、どうしたら良いのか。
ここについて有効な方法をお話します。
こういったテクニカルな事ができるようになると、女性が元々は、話をするつもりがなかった事。
自分の内面の話で、信頼できる人にしか話しようとは思っていなかった事。
内緒にしておきたかった、自分の秘密。
こういった本来ならば、女性が話す事がなかったような事を引き出して聞くことができるようになります。

ただ話を聞く。
これと、テクニックを用いて、話を引き出す。
ここには、色々な違いがあります。
悪用は、して欲しくありません。
話を女性が思っているラインを越えてさせるという事は、私達男性は、大きなメリットがあります。

なぜ、思っているラインを越えて話をさせると良い結果になり易いのか。それは、女性が、なぜ、今、自分はこのような話をしてしまったのか。
これを考えた時に、その理由づけとして、あなただから話をしてしまった。このように理由を考える。もしくは、感じているようになります。
これが、大きな結果につながる事もありますし、話をしてしまった事で、良い方向に向うケースとしては、あなたに連動して興味を持ちます。

ただ、あまりに深い話をさせ過ぎてしまった場合は、逆効果になる事もあります。
これは、どちらに行くかは、その場面では、分かりません。
実際に、話を聞いてみる、引き出すだけ引き出してみて、それでやっと分かったりする事が多いです。
ここが少し難しい部分だなと思っています。
話を引き出し過ぎて失敗する。
話を引き出し過ぎる事で、信頼される。
場面で対応していく事になります。

会話・話を聞くことというのは不自然な行為だ

これも、良く間違われる事の一つなのですが。
会話というのは、上手い人は、自然に話ができるもの。
こう思われてしまっている事が多いと思います。

自分は会話が苦手で、どうしても、不自然な気持ちになってしまって、スムーズな心理状態であったり、すらすらと会話をする事ができない。
だから、俺は会話が苦手なんだ。

実際の所、会話をするというのは、不自然な行為なんです。
自然に任せるならば、しゃべらない。
これが、自然です
楽です。

しかし、人間は、何もしゃべらない人には、恐怖心を持ちますし、親しい関係になろうと思えば、その人の事を理解しないと、何も前に進みません。
ですから、親しくしたいと考える場合は、会話をして、相手の話を聞きながら、その人は、どういった人なのかを分かっていこうとします。

お互いの事を知らなければ、何を話したら良いのかも分かりませんし、だから、考えなければなりません。
どうにかして、ヒントとなる切り口を探そうとします。
どう考えて、これは、自然な事ではありません。
会話が苦手だと思う場合は、まずは、こういった会話をしたり、人様から話を聞かせてもらう行為というのは、不自然な思考の連続。
ある程度、慣れるまでは、その不自然な感じは、払拭する事ができない。
慣れても、完全には、払拭する事はできません。

まずは、これを理解するところがスタートだと思います。
訓練。
そう考えて、習慣つける事で、今までは、苦痛さえ感じるようなものであったとしても、それは、徐々に思考する事が当たり前になります。
そして、当たり前になる事で、不自然さは、感じるものの、ある程度、すぐに何をどう、聞いたら良いかといった事が頭の中に浮かぶようになります。
会話、話を聞く事、これは、不自然な行為の連続だと理解しておくと、現実に、マッチしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ