コミュニケーション能力が低いとなぜモテないのか?

女性のタイプを知る事ができると、どういった対応をしたり、どういった事を話すれば、その女性と、上手い関係を作る事が出来るかが、分かるようになります。

女性と円滑なコミュニケーションを、苦手としている人は、同性とのコミュニケーションを取る事も、苦手である傾向があります。
コミュニケーションを取る事が苦手な人でも、同性であり、かつ、同じ世代。そして、共通の趣味などを持っていれば、円滑に付き合えたりします。

これは、いったい、どういった事を意味しているのかと言うと、自分の考えと、近しい考えを持っていないと、コミュニケーションが取りづらい、こういった状態にある事が分かってきます。
そこから、もう少し考え進めてみると、自分の興味ある事しか、興味を持たない。
こういった姿勢や、考えを持ってしまっている可能性がある事が分かってきます。
自分の考え方以外の考えを持っている他人を、理解しようとしていない、理解する事が面倒。そう考えているのかもしれません。

これは、面倒だと感じるのは、当然と言われれば当然の事で、相手側の考えを、話を聞きながら、理解をしていく作業をしない限り、他人の考え方や、その人のタイプを知る事が出来ないからです。

当たり前なのですが、他人とは、考え方や、タイプが違って当たり前です。ですから、お互いに理解をして、その部分を、尊重しない限り、そこには、摩擦が起きます。
トラブル起こしやすいタイプの人、回りから好まれない人。こういった人の多くに見られる傾向として、他人の思考を理解しない、尊重してない。
こういった傾向があります。


お互いに、理解した上で、お互いに譲り合う事をしないと、一緒にいる空間を快適なものにする事ができません。
もし、自分の考えだけを通そうとすれば、相手側は窮屈に感じるし、自分が尊重されていないと感じて、不満を持ちます。
お互いに考えを寄せ合い、妥協点を見つけていくのは、必要不可欠な行為なわけです。

自分にとって、都合が良い層としてか、コミュニケーションが取れない人の、本当の所が良く理解できるかと思います。
オタクと呼ばれる人達が、なぜ、あまり回りと馴染めないのか、なぜ、それ以外のコミュニティの人から、敬遠されてしまうのかも、良く分かると思います。

オタクの人達は、自分達の文化に、こだわり過ぎてしまって、他の人の文化を受け入れる事ができない。
だから、どうしても、その人達の言動は、コミュニケーションを取っている人から見ると、ずれているコミュニケーションを取っているように感じてしまう。

それが顕著に表れてしまうのが、恋愛の場面です。
女性は、無理して、コミュニケーション能力が低い男性と一緒にいる必要がありません。それに、恋愛できる期間が男性よりも短いため、かなりシビアです。
だから、他人の文化を受け入れる事を拒む傾向がある、オタクの人を避けるわけです。

もちろん、これは、オタクの人だけに限った事ではなく、他人の文化を受け入れられない人は、女性からはじかれてしまう確率を高くするわけです。
互いの文化が理解できない男性は、なぜ、女性から嫌われてしまうのか。
これを他の角度から、お話しておきます。

まず、文化を理解しない、タイプを理解しない男性は、自分の文化を、押し付けてきます。
例えば、男性側は、一緒にいる時間を多くして、他の友人との時間を、付き合っているならば減らすべきだ。
そういったタイプならば、女性は、それに従わなければならなくなります。もし、女性が、彼氏がいても、他の人との時間も大切にするタイプでも、それに従わなくてはならなくなります。

それは、このタイプの女性にしてみれば、非常に都合が悪い。だから、女性からしてみると、自分のタイプや、文化を理解してくれない、この男性は、パス。
このように判断をくだされるわけです。
他人が何を、重んじているかを、理解する事ができないと、こういった事の繰り返しになります。

女性側は、場面に応じた、ファッションをしてくれるような男性を好んでいる。
それにも拘わらず、それを理解しないで、いつでも、デニムと、ネルシャツ。
ならば、女性は、この男性とは、文化が違うと判断をします。
出来たら、距離を取って、お互いの時間を大切にしたいという考えを持っている女性に対して、すぐに、部屋を行き来できる、密な付き合いを求めている男性ならば、タイプが違うと女性は判断をします。
色々な経験をして、豊かな人生を歩みたいと思っているのに、男性は、無趣味で、無関心なタイプならば、一緒にいても楽しくないだろうと、女性は判断をします。

このように、女性のタイプを知っていく、そして、それを理解して、歩み寄るという考えは、かなり大切であり、それが、大きな枠でいう、コミュニケーション能力の一つとなっているわけです。
これを理解すれば、なぜ、コミュニケーション能力が低い男性が、もてないと言われているか。その理由の一端が分かると思います。

女性の持ち物に注意を払い、その人の思考・好みを理解する

持ち物は、その女性の興味を非常に良く表しています。
ですから、その女性を理解するのであれば、持ち物を見ている事が、基本となります。
どれか、一つを取ってみても、その人の趣味や考え方が反映されているものです。

例えば、100 円均一ショップの商品であったとしても、その人の考えや、趣味は反映されているもので、ピンクを好む女性もいれば、黒を好む女性もいます。
何か、物を購入するというのは、その人の思考が入る行為なので、何かしらのヒントが必ずそこにあるものだと考えて良いです。

ですから、女性が持っているもの。一つ一つにそれなりに女性の思い入れがあったりするものです。
持ち物には、その人の思い入れがある。
これを考えると、ある事が分かってきます。

物を人に預ける、これは、その人を信頼している事の一つの証拠だったりします。
では、ちょっと考えてください。
あなたにとって、すごく大切で、気に入っているものがあります。
それを、誰かの部屋に置いていく。
そういった事をするでしょうか。

もしするとしたら、すごく気を許していて、信頼している。
そして、それだけ、その人の部屋に行く機会がある。
そういった関係だから、その人の部屋に、自分が大切にしているものを置いていくわけです。

だから、ここを逆から考えるのです。
すると、こういった事が考えられます。
あなたが、女性の部屋に、何か大切なものを、意図的に置いていく。もしくは、置いてよいかを聞く。
すると、それをやられた側の女性もしくは、置いて良いかと聞かれた女性としては、この人は、私の事を信頼しているのだろう。
そのように感じる可能性が高くなります。


ただ、ここは、ちょっと注意しないといけないのですが、好意的な感情を持たれていない場合、これは、迷惑だと感じられる事がある点です。
ただ、部屋に行ける関係として考えれば、前提として、好意以上の感情はあるから、部屋に行けているので、あまり気にする必要はないかもしれませんが。

良く、女性がやる行動として、広く知られている行動があります。それが、自分のパジャマを置いていったり、ハブラシを置いて行ったり。
自分は、心を許している事を表現してみたり、自分の居場所を、分かり易く作って、男性に表現している。
自分の存在をそこにアピールしておく手として、良く使われるものだったりします。

生活の中に、自分の物を置くというのは、いつでも、存在をアピールするという意味でも、有効性が高いわけです。

このように、持ち物というのは、色々な意味があります。
女性が持っているもの、それに注意を払えるようになると、話題にもなります。
それに、女性を理解する上でも、非常に有効になります。
特に、女性の部屋は、そういった状態が、たくさんあるので、集中して観察してみてください。
あまり、ジロジロみると、気持ち悪がられる可能性があるので、さりげなく、しかし、集中してみる感じで、実行をすると良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ