女性の期限が悪い・イライラしているときの対処方法

機嫌が悪い状態になると、自分の感情だけに任せていると、ついつい、ぶつかってしまいます。
売り言葉と買い言葉みたいになって、こちらも、暴言を吐かれた事で、感情が苛立っているならば、そこで、適切な言葉や、態度を選ぶ事ができなくなります。
これは、誰でもそうです。

そこで、必要となるのが、こういった場面では、どういった点に焦点を持っていく事が、良い方向に向かうのかと言う点です。
まず、重要な点なのですが、女性がそのような感情の状態で、暴言を吐くような状態になっている場合。
その言動にだけ目を向けていてはダメなのです。
向けるべき点は、「なぜ、今、女性は、このような状態になっているのだろうか。」感情の移り変わりについて、焦点を向ける事が必要です。

ここをまずは、押さえて欲しい点です。
言動にだけ焦点を向けると、高い確率で、感情が怒りの方向にむかってしまいます。
そうすれば、自然と、今の女性の感情は、どうしてそうなったのか。ここを考えるような、言葉を言うようになります。
もし、女性の言葉だけに反応をすれば、同じようなレベルの言葉を返したくなります。
「あなたは、いつも自分勝手だから、もう一緒にいられない。」
この言葉を言われて、その言葉にだけ焦点を当てていると。
「お前だって。自分勝手な言動をするじゃないか。この間だって。。。」
と過去にさかのぼって、女性への攻撃を始めてしまいます。

もし、そこで、女性の感情の動きに、焦点を当てているならば、どうして、そうなったのだろうか。そこが気になってきます。
すると、出てくる言葉が。
「何かあったの。」
こういった言葉を出せるかもしれません。

日頃から、洞察力を磨く意識を持っていると、もう少し、踏み込んだ言葉を選択できるかもしれません。
そうして、話を聞いている内に、女性側のイライラしている感情の原因を、お互いに理解ができたり、男性が、女性の気持に合わせるような動きを、取る事ができるかもしれません。

女性側の感情を、男性が代わりに言葉で表現する事ができれば、少しづつ、女性の気持も落ち着いてきたり、冷静になったりしてきます。
そうしているうちに、本来ならば、ケンカに発展しているような場面を、お互いの気持ちをさらに寄せる事ができるような場面へと、展開する事ができたりします。

これが、どれだけおおきな意味を持つのかが分かると思います。ケンカと、理解を深め合う。
この結果には、あまりに大きな差があります。
この積み重ねが行われた結果が、どうなるかは、言うまでもありません。

さきほど。
女性側の感情を、男性が代わりに言葉で表現する事ができれば、少しづつ、女性の気持も落ち着いてきたり、冷静になったりしてきます。

感情を代弁する。
女性が、私は理解されている。
そう思う時の一つの重要な要素になります。
代弁する事が、大切な部分です。

ただ、だからといって、女性の心と、全然、的がずれている事を代弁しても、あまり意味がありません。
むしろ、この人は、分かっていない。
このように理解をされてしまいます。

だから、集中する事と、理解しようとして、聞く事が大切になってきます。
女性の気持は、女性の中にあります。
だから、私達男性が、適当に考えた事では、女性側の真意には、到達できません。
そして、もし、女性の真意にたどり着いたらならば、ちゃんと、あなたを通して言う事に意味があります。
それが、代弁する事なのです。

代弁とは、女性の真意を、あなたを通して、あなたが発言する。だから、意味があるわけです。
女性の真意でなければならないので、リスクはあります。
全然、理解ができていないのに、代弁をしてしまうリスク。
まるで、違う事を言ってしまって、女性が引いてしまうリスクなど、色々なリスクが考える事ができます。

でも、そこは、あまりに高い確率での正確性を求めないでも良いです。毎回、ばっちりと、女性の真意を読み取るなんて事は、神様でもない限りできません。
あとは、女性と寄り添いながら、女性の真意に近づけていけば良い事です。
そのためには、丁寧に理解を進めていく事が大切で、女性の感情に任せた言葉に、左右されている場合ではないわけです。

これができれば、女性側の感情だって、冷静になるのですから、それを理解していれば、今、女性の感情が揺れている時に、私達男性は、何をするべきかが、自然と見えてきて、より良い行動の選択ができたりします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ