言い争いになったときの上手な解決方法

避けたい事の一つ。言い争いです。
この状態になったら、もはや、話を聞くという状態ではいられなくなってしまいます。
お互いに感情でぶつかり合う感じになってしまいます。
そのために、お互いがヒートアップしてしまって、決して言ってはいけないような言葉の選択もするようになってしまいます。

そうなってしまうと、その後の関係に大きく日々がはいり、場合によっては、修復が不可能になってしまいます。
では、そういった状態になってしまった場合に、どのような事を考えられるようになっておくと、予防策になるのか。
この項目では、そこについて、お話をしていきます。

まず、話を聞いている内に、対立してしまうという事は。
「自分の主張を、全面的に受け入れさせたい、と思っている。」
この段階で話を聞く側よりも、話をする側に回ろうとする意識が強くなっている事が分かります。
そういった状態になっているから、
「俺の考えが正しい。」
「私の考えが正しい。」
この状態になっていきます。

ここから、このまま、この話をしていても、良い方向には進みません。
この状態になったら、まずいと考えるようにしてください。
良い方向には、進むことはありません。
ここで、どうやって、自分の感情と折り合いをつけるのか。
ここに頭がよぎるようになると、意識が良い状態になれるようになっているのです。

この事を意識できないと、感情を優先させてしまうので、このまま、自分が正しい事を証明する事に、全神経を使ってしまいます。
ここで、例え、自分が正しい事が証明されたとしても、何も得る事はありません。一時期の、ちょっとした、言い負かしたという、優越感を得る事ができるぐらいです。
相手の女性と良い関係を、キープしたいと考えた場合は、考えを切り替えられるようにしないといけないわけです。

全部を自分が引けば良い。
これは、少し違います。
それでは、良い関係になれるとは言えません。
ただ、相手の言っている事を全面的に受け入れるだけという事になってしまいます。
関係を築いていく初期段階ならばまだしも、ある程度の関係ができてきた場合は、全部を受け入れる必要はありません。

良い関係を作る場合には、お互いに妥協ができる部分を模索する事が、重要となってきます。
良い関係というのは、長期的なスパンで考えなければなりませんので、短期的な関係とは、少し考えるべきポイントが変わってきます。
でないと、お互いに妥協ができるポイントを見つける事ができません。これは、長期スパンで考えると、マイナス点となります。

そして、まず、話を戻します。
考えます。
どのポイントから、お互いにズレが生じて、現在、お互いに正しいと主張するようになってしまったのか。
そして、その場所に戻ってから。

そこから、また大切な事があります。
まず、女性側の意見も、尊重する事。
それを、女性側に伝える事。
女性の言っている事も理解しているという。
それが、女性側も冷静にする事ができて、いったい、今、自分たちが何を話しているのか。
大体、感情的になってきた時には、話が元の場所からズレてしまっている事が大半です。
だから、話を止めて、どういった話をしているかをお互いに確認する事。それをする事によってその場面に立ち返る事ができます。
立ち返って、改めて、何の話をしているかわかった段階にきて、あなたが女性側の言っている事を尊重していると言っている。

そうなれば、
「私の考えが正しい。」
これをゴリ押しするような心境ではなくなっているはずです。
お互いに感情的になった場合は、何を起点として、そんな話に発展してしまったのか。お互いにまとめる作業をする。
そして、お互いの妥協点を探り合う。
もちろん、女性側の言っている事は、尊重する事を告げる。
そうする事で、無駄なトラブルや、衝突を避ける事ができて、より良い話をする事ができる状態になれます。

重い・深い話の前に軽い話をする

何事も、徐々に段階を上るという準備が必要です。気持ちを高めたり、心の準備をしたりと、準備運動みたいなものが必要です。
会話の流れとしては、軽いものからスタートして、徐々に重い話に流れていくという、基本の流れがあります。

まずは、軽い話からスタートするようにしましょう。そこでも、基本スタイルは、女性に多く話をしてもらうために、工夫をする事です。
この軽い話を経ないと、女性も、深い話に入ってはいけないので、案外、ここの役割は大切だったりしますので、軽視しないように。

まず、この段階で、女性が話をする気をなくしてしまえば、その後、深い話に展開する事はありませんから、ここも丁寧に進めていきたいポイントです。
その後の展開は、ここが基礎となると考えてもらってもよいぐらいです。

ただ、最終的に、女性が満足できる状態にすれば良い、その最終的な場所に向かって、すべてを集約させていこう。
そのように考えながら、動く事ができれば、かなり良い状態になれると考えられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ