遊び用?それとも彼女もしくは結婚相手?女性のタイプを見極める方法

女性のタイプを見極める場合、人間の性質を見極めていく上で、大切な要素があります。それは、5 つの要素だと考えられています。そのため、まず、この5 つの要素について、覚えてもらいます。
その上で、その女性は、その5 つの要素のどれが強いタイプか?を知っていくと、その女性が、総合的に、どういった女性であるか?が分かってくるようになります。

その5 つの要素とは。
「父性」
「母性」
「自由性」
「社会性」
「従順性」

この5 つの要素を持っていると考えると、分析しやすいです。
それぞれが、どのような性質を持っているのか?

「父性」

厳しさや、厳格さを持っている要素。一般的に、父親の役割と思われているものをイメージしてもらうと分かりやすくなります。特に、今の父親像ではなく、昔のきびしい父親像が、より的確なイメージです。
社会にでて、その社会で生きていく事ができるような責任感や、目標を決めて、それを達成する事の必要性など。
社会に出てどうやって生きていくのか?そういった事を理性的に考えて、伝えていくようなイメージです。
つまり、この要素が強く出てしまっているタイプの人は、命令的であったり、ワンマン的であったり、一方的なイメージが強くなり、我が強いようにも感じやすくなります。
さらに、人は、この要素が強い人とは、なんだか付き合いづらいといったイメージを持ちます。

女性では、この要素が強い人は、少ないのですが、こちらが、主導権を握るという点において考えると、このタイプの女性は、避けたほうが良いわけです。

「母性」

包み込む優しさ、すべてを許してくれるような包容力、面倒みのよさ、愛情が深い、すべてを超えて無条件で味方をしてくれる。こういった要素を示します。
この要素が強い女性は、男性からしてみると、かなり付き合いやすく、尽くしてくれる確率が高くなり、快適な時間を過ごせますが、その分、愛情が強くなります。
そして、その愛情は、より多くの関わりを求めてきたり、行動のチェックや、束縛といった形となって現れる場合もあります。

女性度が高い分だけ、女性度の高いコミュニケーションを求めるようになりますし、いわゆる「勘」なども、鋭くなってきます。
女性特有の点などが、強くなるのも、この要素を多くもっているタイプの女性です。特有の点というのは、気分が良く変わる、など、体調の変化により、変動が強くなるといったものが、代表的なものです。

「自由性」

楽しさや、縛られない。常識や、これは、こうでなければならない。といったようなものに対しての思いは強くなく、子供のような無邪気さを持っている。
ただ、落ち着きや、重厚な信頼性、大人っぽい振る舞い。思慮深い。こういった点からは、遠いところにある要素となります。

この要素が強くなると、回りからは、引かれてしまう事が多くなります。
タレントで、パッとイメージしやすいのは、ネプチューンのホリケンさん。男性ですが、この要素が強すぎるという代表的なイメージを持っています。
まあ、ちょっとホリケンさんは、度が行き過ぎているぐらい、自由性が高い人なので、もはや、意味が分からないぐらいの状態です。

あくまでもタレントさんですから、なんとか、あれでも良いかもしれませんが、普通の生活上で、あのレベルの人がいたら、間違いなく、回りはドン引きするでしょう^^;
こういった女性は、思っている以上に多いです。私は非常に苦手とするタイプの女性です。この要素が多い女性は、私は付き合う対象とはしません。

「社会性」

常識的に、冷静に判断をして、決めていく。父性と近い要素です。物事が起こったら、その原因を分析して、解決するのはどうしたらよいのか?といった事を、沈着に考え行動化していったり、物事の本質を良く考えてみたり。
要領の良さや、今、どちらを取るべきなのか?など、損得などの事も、考えて行動する事ができるので、この要素が強すぎると、「冷徹な奴」というイメージが強くなってしまいます。

人間味が少ないと思われたり、とっつきずらい人と思われたり、利用されるんじゃないかな?と思われたりして、あまり深い関係になってもらえない傾向が強くなります。

「従順性」

人懐っこく、素直に人の意見などを受け入れる事ができる。人の話を良く聞き、理解をして、相手を優先させてあげたり、揉め事を嫌う。
人との摩擦を避けたいと考える。コミュニティにいれば、その関係性を円滑にする事に重点を置く。
自分の意見を主張する事は、あまり重要視せず、あくまでも輪を大切に考えたいといった要素。

この要素が強いと、自分というものが無い人。ただ物事に流されているだけの人。意思を持っていない人。優柔不断な人。決断などを人任せにしてしまう人。自分に対して、自信をもっていないような人。
このようなイメージをもたれてしまいます。

ただ、これらの要素は、どんな女性でも、どんな男性でも、色々な割合で、自分の中にあります。それが、どのように交わっているかで、その人が、回りに人に与えるイメージは、決められていたりします。

例えば、母性と従順性が強くなると、なんの主張もない。
面白みのない女性と感じてしまう事が多くなりますし、暗い女性というイメージもつきやすいです。
ただ、コントロールできるという面では、かなりコントロールしやすいのは事実です。
母性と従順性が強くなると、いわゆる、M女と一般的にイメージされる女性などは、ちょっと近いイメージ像だと思います。

父性が強く、社会性も強い。となると、会社にいる出世するタイプの人というイメージになってきます。仕事ができ、常識的な人間。となります。
ここに、自由性がプラスされれば、コミュニケーション能力も高く、明るい。回りの人間にも、やる気を与え、一丸となって仕事に当たれる。
そういったタイプになれば、必然的にリーダーとして、回りの人間を統率する事ができるようになります。

ただ、父性と社会性ばかりが、特出してしまうと、「堅物」「ガンコ者」「冷徹な奴」「仕事人間」「ライバルを蹴落としてでも、上に行きたい人」となり、回りから慕われるといった事からは、遠くなりますし、親しみを持って付き合おうと思ってくれる人も、減ります。

女性を見ていく場合に、自分が、どのようなタイプの女性と、どういった目的で関わるのか?により、この要素が、どのように入っているか。求めるものが変わってきます。
例えば、彼女として、付き合いたいならば、母性があり、社会性もそれなりにある。
ただただ、まじめなだけでは、本人自体が、キツく、ストレスになるので、そういったストレスを上手く逃がせる人の方が、長い目で見た場合、回りにいる人間にもプラスになる。

ストレスに弱いタイプの女性は、長く一緒にいるとデメリットが多くなってしまうので、そういった点について考慮をすれば、自由性も持っている人の方が、自分自身を上手く、そして、楽しくする事ができるので良い。
その上で、従順性があれば、あまり主張ばかりせず、男性側の事も良く考えてくれ、その上で、行動を取ってくれたりする。上手く男性を立ててくれるのは、こういったタイプの女性である事が多くなります。

ただ、短期間で攻略するという面においては、あまり良いとは言えないので、もし、目的が、短期間で攻略する。
ただの遊びというのであれば、上記のような要素がある女性である必要はなくなるわけです。
自由性が高く、従順性を持ち合わせてくれている。
そうなれば、もうかなり攻略は楽です。
こちらの要求に、比較的簡単に乗ってくれますし、主導権をガッチリと取る事が容易になります。
その際は、父性よりも母性が、多めの女性の方が、さらに、良い条件がそろっていると考える事ができます。

このように、その女性には、上記の5 つの要素が、どのように入っているか?これを分析しながら話をしてみてください。
こういった要素について、考えながら、接している場合と、何も考えないで接している場合では、その女性について、分析できる度合いは、まるで違ってきます。
特に、自分に都合が良い女性を探す場合。その手段がナンパなどである場合。自分が求めている女性としての要素が多くない相手に、時間を使うのはナンセンスです。

ナンパは、出会い的な意味では、無限といっても良いぐらいに作る事ができます。
そうなると、大切なのは、時間との勝負。
いかに要領よく、自分の目的にマッチした要素を持っている女性を、見抜いていくかになります。持ち時間は、誰しも決っています。
その中で、要領よく女性を判別していく上で、この要素がある事を理解しながら、分析的に考える事ができると、より便利である事は、ご理解いただけると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ