2次会から自宅での飲み会に持っていく方法

リーダーが、全体の雰囲気を見て。
次を提案します。
「では、次に移動をします。次は、居酒屋○○○(家を提供してくれる男性の名字を入れたりします。)

ここまで、順調に来ていれば、女性もいい感じになっているはずで、テンションを高いはずです。
場合によっては、女性全員が
「はーい♪」
とだけ返事をして、何も疑問を抱かない事も多々あります。一体感があればあるほど、そういった状態になります。

ここでは、一足先に、車係りがお店を出て、可能であれば、お店の前に車を横付けして、待機している状態がベストです。
お店前につけられないような状態ならば、極力一番近い場所を探してそこに止めるようにします。
そのために、事前のどこに車を止める事ができるのか。
そして、止められそうな場所が決まれば、それをチーム内で、シェアしておきます。
チーム内で、車の止める場所をシェアしていないと、実際にカラオケから出てきた時に、どこに行けば良いのか、右往左往して、それがまたロスにつながります。
ここが、正念場ですので、何の迷いもなく。
ただ、車に向かって一直線に行けるようなイメージを持っておく必要があります。

車がチームに無い場合は、タクシーを手配します。
そして、リーダーが。
「居酒屋○○○は、少し距離があるので、車(タクシー)で移動します。」
で、さっさと乗ってもらう。
ここでは、色々な質問をとりあえずは、後にします。
「すっごいんだよ。その居酒屋。」
と、笑いながら、乗ってもらいます。

ここが、最大のポイント。
乗ってもらって、車が動きだせば、オールOKです。
車が動きだした事で、もう、そこから、家の提供者の場所に行くと、タネあかしをしても、そんなに拒否反応はしめしません。
もし、ここで、女性が、それは嫌だ。というのでしたら、中止しましょう。無理強いはダメだからです。
車に乗る前に、グダグダとやってしまうのが、一番避けたい事なので、ここは、細かい説明よりも、さくっと乗ってもらう事だけの集中します。
ここで、ある程度、勝負は分かれます。
ここで、スムーズに移動ができれば、グッと成功確率が上がります。

女性達の足が完全に止まり。もう帰る。という状態になれば、その後、交渉をし続けますが、その後の展開としては、暗雲立ち込めている状態かもしれません。
もし、そういった状態になってしまったならば、可能であれば、3 次会へと展開します。その場合は、また居酒屋等になります。
そのためにある程度、カラオケを出るまでに、感触をつかみ、展開を考えていく事になります。女性の気分やテンションを見る事で、何となく、方向性は見えてきます。
女性達が、3 次会にも参加してくれるとなると、この飲み会自体は、楽しいのですが、もう少し時間が欲しいという風にも考える事ができます。

もしかすると、その女性側のメンバーの中に、1 人だけ、車移動をする事を嫌がっている女性がいて、それがネックになっているケースも考える事ができます。
3 次会に展開できる場合というのは、可能性はまだ秘めていますので、チャレンジしてみる意味は十分にあります。

私事となりますが、私が、19 時ぐらいに、女性達と合コンを始めて、そこからこのサイトの方法に従って飲み、3 次会になり、それもサイトの内容の通り、家にいって、そこでも飲んで。
崩せず、苦戦をして、朝まで、飲んで迫って。失敗して。
また、話ながら飲んで、迫って、失敗して。
完全な朝状態になってから、やっと、女性に受け入れてもらったという経験が多々あるので、女性がこちらの誘いを受け入れてくれている間は、アクションをし続ける事に、意味があると思っています。

では、車に乗る事ができた後。
この展開から続けていきます。
ここも大切な点なのですが、飲み物等の準備は、事前に家に準備を済ませておいてください。
そこから、コンビニによって、お酒を購入して。などは、時間のロスになりますし、女性が冷める原因となります。

誠意をもって自宅・駅に送ることを説明することで宅飲みできる

車で移動する事で、女性達も、帰りについての心配をする事になりますので、ここでは、ちゃんと説明をしてあげましょう。
「帰りは、ちゃんと、この車で、指定の場所まで、送ります。何時になろうと、送って欲しい人は、送ります。駅が良い人は、指定の駅まで。家までが良い人は、家まで。家を俺達に知られていいならば(笑)。
もし、家を知った場合は、今度、泊めてくださいと、お願いをする場合が、ございます。(笑)
なお、お住まいの家が、実家の場合は、お母さんに挨拶させてください。(笑)」
↑このやり取りは、だいたい毎回同じです。

お母さんに挨拶は、結構、笑ってもらえます。
文字にすれば、ものすごくくだらないですが。
皆、その場のノリで、笑ってくれます。
ちなみに、駅を指定する女性も結構います。
駅に自転車を置いてあり、次の日無いと不便だからとかです。

みたいな説明をします。
そのために、車係りは、そこまでお酒を一切飲んでいませんでしたので。
一応、車係りは、今日はお酒を一滴も飲んでいない事を、女性達側にも説明しておいてください。飲酒運転をしていると心配されても、マイナスなので。

もちろん、この約束は、絶対に守ります。
ちなみに、私達は、
千葉⇒神奈川。
千葉⇒茨城。
東京⇒茨城。
東京⇒埼玉。
とか、普通に、関東を縦横無尽に、送った事が何回もあります。

これは、これで、結構楽しいです。
小旅行みたいで、いった事がない場所に行く事になりますから。
こういった約束は、しっかりと守りましょう。

帰りの心配は、一切いらない。という事を事前に理解してもらう事で、より一層女性が、安心してくれるようになります。
あと、距離的に厳しくて、次の日も、仕事が早いという女性がいる場合。
働いている場所は、東京。
合コン会場は、東京。
家は、埼玉。
ならば、近くにビジネスホテルを手配してあげる事も提案してあげてください。
実際に、それが良いと女性が言った場合は、近くのビジネスホテルに、今日泊まれるか、電話で聞いてみましょう。

尽くせる誠意はつくして、その上で、宅飲みへ行きます。
こちらが誠意を尽くしている事を感じてもらう事で、家の提供者の家に、泊まったりする事も考えてくれます。
一体感、安心感
そういったものをこちらから、できる限り提供しているから、そういった展開も選択肢にいれてくれているのかなと、私は考えております。


サブコンテンツ

このページの先頭へ