タイプ別女性攻略方法!派手な女性・センスやルックスに自信のある女性

ハデな女性や、目立つ女性、天性的に人から注目されるタイプの女性に良く見られる傾向としては、眉毛の形です。この眉毛の形が、漢字の「八」の逆字型になっている人は、その傾向があると考えられます。

眉毛が、目元から目じりにかけて、上がっている人。そして、それが、漢字の八の逆字型に近い形になっているイメージです。
こういった人は、場の雰囲気をつかむのも上手く、その中で、どういった事をすると、人から注目されるのか?といった事を、良く理解できています。そのため、人が集まっているところでも、すぐに、回りから、注目されます。

そういった人から注目される事に、嫌な気持を持ちませんので、自然と、ファッションなども、それにあわせたものになって行きます。
元々の自分の性質と、それに合わせたファッションからの自己認識の発展から、さらに、その傾向は強くなります。

ちょっと行き過ぎると、空気が読めない、ただの目立ちたがり屋女性ともなってしまいます。そして、こういった女性は、大抵、それを快く思わない女性がいます。これは、世の中全般で当てはまる事です。

目立つ人を、快く思わない。妬む、僻む。そういった人は、かならず存在します。そのため、そういったハデな性質を持っている女性は、普通の女性よりも、「私は、あなたの味方です。」という立場を取ると、早く心を開く傾向があります。
そして、その女性の性質を理解して、「俺が、俺が」といった接し方は、してはいけません。基本的に、このタイプの女性は、目立つ事が大好きです。自分よりも目立とうと思う男性とは、あまり相性が良くありません。

ベストな状態は、自分を中心としてくれて、自分の完全な味方である事が感じ取れる人が大好きになります。なので、男性側は、ハデであるよりも、サポートをしてくれる人を好みます。

このタイプの女性と、良好な関係を築こうと思うならば、「自分自分」というよりも、相手の事を立ててあげて、相手の行動を冷静に見てあげる。
もちろん、褒められる事も大好きですから、その女性が特に、力を入れて表現しているものに対しては、しっかりと反応を示してあげて、褒めてあげる事は、必須です。

このような関係性を築く事ができれば、今まで、痛い目も一杯見てきた分だけ、より深く信頼をしてくれるようになります。このタイプの女性を手にしたいならば、自分は、完全サポートの人間になる事が大切です。

イメージ
柴崎コウ
※グーグルの画像検索にて「柴崎コウ」と検索して、具体的に画像をみて、特徴をより把握してください。

センスやルックスに自信を持っている女性と上手に付き合う方法

このタイプは、自分のルックスやセンスを良く理解しているので、どうやったら、より良いルックスになるのかに、かなりのこだわりを持っています。当然、センスにも自信があります。

このタイプに見られるのが、鼻と口との間です。ここが、「短い」。これが、特徴です。

日々、意識は、そこに向かいますので、回りから見ても、納得できるようなセンスとルックスなので、そこには、非凡なまでの努力をしますが、まあ、本人は、全く苦ではなく、むしろ、そうやって探求していく事が楽しく、自分を、美しく仕上げる事に、快感を覚えています。

一般的には、女性を褒めていく場合、本人が意識できていて、回りの人が気づかないようなポイントを褒める事ができると、あなたのその女性の置ける位置が、良い位置にいくのですが、このタイプの女性は、結構、単純です。

ルックスと、センス。ここを中心にして、徹底的に認め、そして、褒める事です。いわゆる、会うたびに、いつも、
「今日もかわいいよね。」「今日のその服も、かわいいね。」
といった、コテコテの褒め言葉が、かなりの有効性を持ちます。


内面を褒めていくよりも、センス・ルックスに重点を置いた方が、本人が喜びます。褒め言葉というのは、色々とあります。その上で、どういった点を褒めると有効か?これは、その女性が、どこに重点を置いているのかを知る事。ここにかかっているわけです。

ただ、女性が、どこに重点を置いているのか?これを知る行程を説明するのは、中々難しくて、話をしていく中から、その女性が発している言葉から、情報を集めていく事が、スタンダードな方法となります。かなり、シンプルにお話しています。

このタイプの女性の場合は、重点は、センス・ルックスなわけです。このように、ポイントが分かると、褒め言葉の精度や、威力も増すわけです。やっぱり、女性をより理解して、見抜いていくスキルは、あったほうが良いわけです。
そういったスキルが、無い男性よりも、ある男性の方が、女性に対して行う行動、それ自体の精度が高くなりますので。

この女性と、良好な関係を築くためには、その女性の最も大切にしている点を、決して傷つけない。ここです。このタイプの女性は、センス・ルックスに強いこだわりを持っているので、その点を冗談でも、傷つけると、通常の女性よりも、深く傷つきます。

よくあまり考えていない男性が、女性を傷つけてしまった時に、言うセリフがあります。
「いや、冗談じゃん。」
冗談というのは、本人が、冗談として受け取れる範囲の事を冗談っていいます。自分の中での冗談を女性に押し付けるのは、冗談ではなく、ただ、相手を傷つけるだけの言葉なんです。冗談と相手を傷つける言葉は、結構紙一重です。
この認識を持っていない男性が言う言葉は、女性を傷つける確率が高いわけです。その女性を理解していない段階での冗談は、私は、怖いので使いません。ましてや、カラカイや、イジリといった事は、できません。怖いです^^;
なんせ、どこが、その女性のこだわりポイントで、どのようにイジってはいけないのかが、理解できていませんから。

これを踏まえた上で、男性が言っている事で聞くのが、「小じわがあるね。」「今日の服、変じゃない?」「化粧濃くない?」などなどです。
このタイプの女性本人は、男性とは違うレベルで、その点にこだわりを持っています。なので、このセンス・ルックスに同レベルでこだわりを持っていると自負できるレベルの男性で無い限り、私としては、口を挟む権利すらないと考えています。

その女性に対して、この言葉を使ったとなると、ただの言葉の凶器。となってしまうわけです。普通の女性ならば、そこまで傷つかないとしても、センス・ルックスを大切にしてきているこのタイプの女性には、地雷ポイントとなります。

このタイプの女性と良好な関係を続けたいならば、このような言葉は、絶対にNGです。決して言わないようにしましょう。一緒にいる時間が長くなればなるほど、女性は、当然ですが、劣化していきます。しかし、それは、口に出す必要がありません。

シワが増えた。それは、女性本人が一番知っています。
毎日、鏡を見ているのは、本人です。太った。それも、本人が一番理解しています。毎日、自分の体重はチェックしています。それが、このタイプの女性です。

逆に、そのセンスを、十分に理解している事を示す。そして、そのセンスを頼りにしている事を、表現するような付き合い方が、有効になります。

例えば、洋服を女性に選んでもらう。部屋のインテリアなどを一緒に選びにいったとしたら、女性のセンスを全般的に信頼している事をつげ、その上で、一緒に選んでいるようでいるが、最終的には、女性に決定権を持たせる。
このように、その女性が、こだわりを持っている点を、尊重して、理解して、そして、頼りにしているという事を表現した付き合いをすると、このタイプの女性とは、良好な関係を続ける事ができます。

イメージ
蛯原友里(エビちゃん)
※グーグルの画像検索にて「蛯原友里」と検索して、具体的に画像をみて、特徴をより把握してください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ