言葉の裏にある心理を読み解く力を身につけよう

願望は言葉になり現われやすいです
女性と話をしていれば、人間ですから、いくらでも言い間違いは起こります。ただ、その言い間違いは、完全に言い間違いと言えない部分があります。
思考しているもの、意識しているものを言葉として表現するのが、話です。
そのため、全く頭の中にないものは、表現として出てきません。知らないものは、話にでてきません。あなたがフランス語を知らないならば、会話の中に、フランス語で言い間違いをする事はないわけです。
あなたが法律に詳しくなければ、何かを言い間違う時に、法律の言葉で間違う事はないわけです。自分の中にあるものしか、あなたの中から表現として表に現れる事はないのが、基本的な考え方です。

だから、女性がいい間違いをしたりするならば、そこに気を配っていると、面白い事が分かる事が多々あります。
意識があるから、その言葉として表現されるので。
合コンなんかは、そういったいい間違いが良く見られる場で、そういった点でも、面白いです。私の目の前で、友人が女性と話をしていました。飲み物を頼んでいたのですが、女性が普段は飲まないカクテルを頼みました。

すると、それを飲んで
「あ、私、これ苦手な味だ…」
友人は、それを聞いて
「違うのに、変えようか?」
と聞きました。

そこで、その女性は
「帰りたい。」
といい間違い。
無かった事かのように、
「ありがとう、○○に変えてもらってもいい?」
と、スマートに言いました。
結局の所、その女性は、この合コンには乗り気ではなかった。という事が予想されます。この話は、結局、私が後ほど、女性側のメンバーの内情を、聞いたので、その女性の言い間違いが、本心で一致している事が、分かったという良い例なのですが。

その女性は、人数合わせで呼ばれていて、あまり、そういった飲み会的なものを好まないタイプの女性だったそうです。
もちろん、この一言だけで、この女性は、脈無し。と判断してしまうのは、もったいないですが、そういった情報一つ一つ集めていけば、総合的に、脈があるのか、無いのかは、ある程度の高い確率で判断ができるようになるはずです。

この点に注意をすれば、余裕でその女性の性質分かります
この話は、私が女性を見抜いてコントロールして行く中で、最も重要だと思っている部分の話です。
女性と話をしていると、その女性がどういった思考を持って話をしているのかは、見えてくると思います。
例えば、その女性の女友達の話をしていると、ものすごく楽しそうに話をするならば、その女性の中では、現在友達に関する事が、かなり重要視されている状態なのだな。となると、もし、この女性と、仲良くなるには、その女性の友達の事を悪く言う事は、かなりのマイナスポイントになるだろうな。
この女性の中では、女友達を否定するのは、最も避けるべき会話である事が分かってきます。
それに、話の中で、大切だと思っている女友達と、仲良くする事ができれば、自分にとって、かなり有利な立場を作る事ができるな。こういった事が、女性の話から見えてきます。

もし、その会話の中で、友達の文句ばかりを言っているならば、この女性は、人の悪い所にしか目が行かないタイプの女性である事が分かります。話をしていれば、現在、誰と最も距離が近いかは、すぐに分かります。
その距離が近い女性の悪口を言うようであれば、その女性の性質は、かなり悪い事が良くわかります。距離が近い女性の悪口を言うのであれば、もし、その女性とあなたが付き合ったとしても、あなたも悪口を言われます。
そして、悪口を多く言っているのであれば、それがその女性の本質になります。

このサイトを通して、何回も繰り返しお話させている重要ポイントですが、口から発せられている言葉は、その女性の中にある内面が、表現されて言葉という形で、表に出てきているわけですから。
ですから、その女性から出てくる言葉に、悪口が多ければ、その女性の中には、悪いものが一杯詰まっている事が表現されているわけです。すごく分かりやすいです。
これには、例外がありません。

話をしていると、不平・不満が多い女性は、その女性は、不平・不満が多い人生である事が分かってきます。そして、不平・不満が多いという事は、自分でその状況を変えようとしない考えを持っている事も表現します。
自分で、不平・不満がある部分を改善しようと考えるタイプの人は、それが口に出る前に、どうにかしようとしていますので、いつの間にか、そのポイントは、不平不満を言うためのターゲットではなくなります。
だから、いつまでも、不平・不満を言うネタが無くなってしまうのです。そのため、いつも不平・不満を言う女性は、何か嫌な事が起きると、それは、回りのせいだという思考を持っている女性である事も分かってきます。

こういった女性である事を知らずに、その女性とあなたが付き合ってしまうと、当然、不平・不満のターゲットは、あなたになります。もし、生活でお金が足りなければ、あなたの稼ぎが少ないから。と言います。
もし、生活が苦しいならば、自分も時間と労力を使って仕事をすれば良い。と考えられる女性ではないです。すべては、回りの人のせい。こう考えますから、このような展開になる事は目に見えています。
これは、付き合う前から、合って話をした段階からわかっている事です。なのに、そういった女性を平気で選んでしまう男性が多いのは、残念でなりません。思いっきり女性は、あなたと話をしている時に、言っているのです。
私は不平・不満が多い女。そして、それは全部、まわりのせい。私は何も悪くない。悪いのは、世の中なんだ。だから、もし、あなたと一緒にいて、私が幸せでないならば、すべては、あなたのせいなんだ。

このように表現しているのです。でも、その情報に耳を貸す事なく、男性は、「あ。この女性ならば、手に入りそうだ。」という安易な選択で、のちのちの、自分のストレスの種を、手にしてしまうわけです。
自分が付き合っている彼氏の悪口を、かなり言っている女性と、たびたび会う事があります。もちろん、純粋に合わないだけかもしれませんが、こういった女性は、基本的に、「思考力の弱い」女性だと、私は判断をしております。

思考力が弱い女性と一緒にいるメリットは、大抵の男性にはないです。もちろん、私にも無いので、そういった女性を選ぶ事は、一切ありません。
思考力が弱いのは、遊びの相手としては、非常に都合が良いのですが、パートナーにするには、あまりにデメリットが多いです。

なぜ、そのような女性は、思考力が弱いと判断するのか?
その理由は簡単です。その質が低いと言っている男性を選んでいるのは、誰。ここが理解できていないわけです。でないと、今、付き合っている男性の悪口を言うメリットがありません。悪口を言っている事は、どのような事を表現しているのか?
この単純な構造が理解できていないわけです。この単純な構造が理解できない人と一緒にいて、プラスになる物事が多々出てくるとは、私は、考えづらいです。

このタイプの女性は、こういった考え方を基本の構造をベースとして、人生に起きる物事を判別していくわけですから、その判別において、アホの判断ベースをもって判断していくのですから、そこから判別された判断は、多くの割合で、アホな判断となってしまうわけです。
それに、この行為(付き合っている彼氏の悪口を言い続ける)は、女性としてのレベルを自ら下げているという事が理解できていない事にも繋がります。

その質の低い男性に、時間を提供しているのは、誰でもない、自分自身である事が分かりません。それを無視して、彼氏の文句を言うわけです。
そして、では、なぜ別れられないのか?もちろん、情などもあると思います。ただ、もっと根本的な部分を見ていけば、思考ができないというのも、もちろんありますが、その女性が、たいして男性からモテる女性ではないという事実です。

自分の商品価値を理解できないまま、自分の商品価値と見合っている男性と付き合っている事実を理解する事なく、現実を見る事ができなく、自分は、もっと高い位置の男性と付き合えるはずなんだ。このように話をしている事にも、繋がるわけです。

それに、まだ分かる事があります。あなたが、もし、この女性と付き合っても、文句を言われるという、のちのちの現実が分かります。間違いなく、これは、現実となり、あなたの前に現れます。
このタイプの女性は、自分の価値を過剰に高く判断をしてしまっています。そうです、判断するために、必要な思考力を持ち合わせていないのです。

汚い言葉を使う女性いますよね。「テメー」「バカ野郎」「死ね」などなど、こういった言葉を普通に使う女性が増えています。それは、それで良いです。
そういった言葉を使う女性は、
「今は、こういった言葉を使うのが普通だよ。」
と言います。それは、そうだと思います。確かにスタンダードです。
あなたと同じ環境の女性の中では。という補足が必要となります。

多くの女性と接していれば分かりますが、確かに、このような言葉を使っている女性は、増えています。汚い言葉を使う女性。でも、それは、あくまでも、そういった部類の女性でしかありません。
もちろん、昔のように綺麗な言葉を使おう。何てことを言うつもりは、私にもサラサラありません。
聞いている人が、不快になってしまう人が大半になるような汚い言葉を使う人は、その人と同じ環境にいる人です。
それは、そうです。その人が属している環境で、使われるスタンダードな言葉ですから、回りの人は、皆使っている事でしょう。

言葉の質は、その人間の質に繋がる。これは、今後も変わりの無い事実になるでしょう。例えば、一部上場会社で働く人間は、汚い言葉を使う事はゆるされません。それは、なぜなのか?
例えば、みずほ銀行に行きます。そこで、若い女性が対応してくれるとしてます。そこで対応する女性で、汚い言葉を使う女性は、いません。なぜなのか?

飛行機に乗ります。そこには、CAさんがいます。そのCAさんで、汚い言葉を使う女性は、いません。皆無であり。ありえるはずがありません。それは、なぜなのか?

これが、答えなんです。そして、そういった女性達は、将来性が高い、資質をより多くもった男性を選んでいきます。逆に、汚い言葉を使っている女性は、それにマッチした男性を選んでいます。
もちろん、そういった汚い言葉を使っている女性が選んだ男性の中にも、多くの資質を持っている男性もいます。
しかし、データで見れば、全然、その割合は少ないわけです。

女性の使っている言葉には、本当に色々な事が読み取れるようになっています。もちろん、お客さんの前では、綺麗な言葉を使っているキャバ嬢で、裏に回ると、汚い言葉を使っている女性は、大勢います。
その中で、多くの資質を持った男性を捕まえる女性が多数いるのも事実です。ただ、あくまでも、データで考えてみましょう。そういった女性は、ほんの一部なんです。後は、あまり、私から見ての個人的な判断となりますが、あまり良い環境になれる人は、少ないと思っています。

そういった女性達が捕まえる事ができた男性の質は、良いとは言えない現状があります。もちろん、当の本人が良いと言えば、それで良いのですが、あくまでも一般的な、最大公約数的な目線から、冷静に見ると、そのように分析できます。これが、現実だと、私はデータからも判断しております。

女性の本心を聞く方法

今、目の前の女性が、あなたに対して、どういった感情を持っているか?これを、ストレートに聞いても、本心などはいいません。適当にはぐらかします。
そこで、少しだけ聞き方を変えるようにするだけで、女性の本心を引き出す事ができるテクニックについて、お話していきます。

あなたが、自分なりにチョイスした、居酒屋へ行きました。
ある程度、そこで、飲食をしたあとで、「ここどう?」と聞けば、普通の女性ならば、「うん。いいと思うよ。」といった答になるでしょう。
そこで、聞き方を少し変えます。
「そういえば、回りの友達って、どういったところに飲みに行くの?」

このように聞けば、女性は、自分の意見だという事を意識しなくなります。あくまでも、友達は、どういった居酒屋に行くのか?を頭に浮かべて話をしようとします。
その後に
「友達達は、今まで行った中で、どういった場所が一番良かったって言ってる?」
段階を踏む事で、完全に話は、友達の話。目の前の女性の意見ではないという気持にさせる事ができているので、素直な意見が出てきますし、友達の話を前提に、話を進めていく事で、本音を引き出す事が容易になります。

これは、色々と応用ができます。あなたが、女性に対して行った行動がどうだったか?良いと思ったか?それとも不快に思ったか?これをそれとなく探る事ができます。
ストレートにきけば、「別に」「嫌」のような2 択の答えしか女性はできなくなります。
しかし、そこで、上手く、第3 者ならば、どういった風に思うか?というように話をずらす事で、その女性の本心を聞くことができます。

何か話をする時は、自分の思考を入れないで話をするのは、無理です。ですから、話をさせる事ができれば、その中には、かならず、女性の思考が入り、話しをするのですが、理性があるので、中々本心は言わない。
このように、自分を抑えようとする気持が、女性に働いてしまいます。すると、中々、本心を引き出す事ができないので、そこで、使えるのが、第3 者の話にしてしまうというわけです。
ベースを押さえてもらえれば、あらゆる場面で使う事ができる便利なテクニックの一つですので、良く覚えておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ