合コンでの女性の支払い例はいくら?

合コンによっては、女性メンバーが会計の段階になったら、サラッと消える事があったりします。
なので、そういった事を極力減らしたいので、あらかじめ、女性の幹事役から徴収する事もあります。
ただ、ここで、細かい計算をしていると、次の展開への足かせになります。飲み会の席で、細かくお金の話を始めると、テンションが下がってしまいます。
一気に現実的になるんです。
そこで、一つのパターンとして、このようなパターンを私達は、利用をしています。

普通のパターンは、明細を見せて、合計○○○円だから、男性は、○○円。女性は、○○円。
たまにですけど、女性に明細も見せないで。
男性5000 円。
女性3000 円。
とする合コンもありますが、あれは、明朗会計でなくて、女性に不信感を抱かせるので、私達は、あまり好みません。

だから、私達の中では、明細を女性に見せる事は、当たり前だと考えています。こういった小さい事からでもいいので、少しでも信頼をして欲しいからです。

この場合、女性の方を少なくする。
これが、一般的です。
私達は、これをもっと簡易化する時があります。
明細を見せて、人数で割って。
とかって、それなりに時間が必要だったりします。
そこで、私達が、時間を省略する事で、使っている方法としては。
女性2000 円
女性1500 円
女性1000 円。
といったような感じで、
「明らかに女性の負担を少なくしている事が伝わる金額。」

そうする事で、さらっとその場面を終わらせる事ができます。そして、女性側を見て、ちょっと手間取りそうだなという場合は、幹事からまとめてもらうようにします。

ここで。
大切な事。
男性は、皆、細かいお金を用意する。
千円札で持っておく必要があります。
500 円玉も持っておく。
大体、500 円が最少の単位になるので。
場合によっては、1000 円が最少の単位になる時もあります。
この小銭に関しては、お互いにちゃんと、持っている事をルールにする。

あの「1 万円、崩れる?」「5 千円、崩れる?」っていうあの会話を、男性側からは、一切排除するべきです。
あれこそ、超絶に無駄な時間です。

合コンでは女性に対しておごるべきか?

あえて、このオゴリについて、この項目で触れておきます。女性に1 次会から、おごる事を前提に、合コンを開催するのは、あまり推奨しません。
というのも、女性側の意識として、私達と飲むのであれば、お金を支払ってくれて当然という考えを持たれている女性達かもしれないからです。

そのために、少しでも良いので、1 次会では、女性に負担をしてもらいたいと考えています。
その後の2 次会や、3 次会については、男性側がで、全部負担をすれば良いと思います。
心構えとしては、1 次会で、女性にお金を支払ってもらっても、楽しかったから、いいか。と思ってもらえるレベルで、がんばりたい所です。

あと、1 次会のお金を、女性に負担してもらう事の意味として、別の意味もあります。
ロジックを最大限に発動させたとしても、1 次会で、帰ってしまうグループは、存在します。
もし、そこで、男性陣の全負担ですと、出費として、ちょっと痛いです。そこで、少しでも、その負担を減らす事ができれば、リスクヘッジになるという面もあります。

そこで、一つの考え方なのですが、1 次会で、女性の反応が悪く、これは、1 次会で帰るだろうなという場合には、女性から2000 円もらい。
1 次会の反応が良く、2 次会への展開が期待できる場合は、1000 円をもらう。
というリスクヘッジの仕方もあります。
あと、このオゴリについては、メンバーによっても、考える必要があると思っています。

メンバーが、30 代中盤~後半だけの場合で、女性側が、大学生などの学生ならば、男性がオゴルというのも、ありになります。
頑なに、女性に1 次会でおごってはいけないというようなものではなく、その状況を見ながら、よりベターな選択ができると良いと思います。

一つの基礎として。相手が学生で、こちらのメンバーが社会人ならば、男性側が負担をする。
こういった考え方もあります

合コンで好きなタイプの女性が参加したときの対応方法

合コンを繰り返していく内に、どうしても彼女にしたいと思う女性がいる場合が出てきます。
自分のすごく好みの女性が、チームでという展開になってしまう事もあります。
正直、これは、かなり心理的にキツくなる時があると思います。チームを作り、初期の段階では、個人口説きとかは、御法度です。

でも、チームがまとまるようになってきて、合コンの数も多くなってきた。
そうしたら、どうしても、気になる子が出てきて当然です。そうなった場合は、仲間内で、相談をして、今回の合コンは、楽しむための合コンに切り替えてくれ。
こういったお願いをする事もありにする。

ただ、ここでは、チームでの取り決めが大切になります。
これを言い出すと、キリが無くなってしまう面があるからです。
そのためにチーム創設当初は、あまり取り入れたくないルールです。
私の仲間に、すぐに女性を好きになってしまう男性がいました。

数回の合コンをしたら、すぐに、「あの子、すごくタイプだから、手を出さないで。」とお願いをしてくるのですが、その頻度が多くて、難儀しました。

チーム創設初期ですと、あまり好まない行動です。こういった事が度々あると、チームの結束力が弱くなるからです。
楽しんでもらい、テンションを上げてもらう。
一体感を感じてもらう。
最高のシチュエーションに持っていく。


ここが、このロジックでの大切な部分です。
だから、彼女候補が見つかった時用にルールを決める事。
1人半年に1回までとか。
1 人20 回合コンに1 回まで。
このように、チーム内で、ルールを明確にしていく。
実際、数多くの合コンを繰り返していると、本当にどうしても、チームメンバーにも手を出してほしくないというような女性は、ほとんどいなくなります。
揉めないためにも、このルールは、チーム創設してからある程度したら、決めていく必要があります。

あと、彼女ができる事で、チームを抜けたがる事もありますので、そういった事も配慮しておく方が良いでしょう。
こういった男性もいました。
彼女が出来たら、チームへの参加を控える。
彼女と別れる、チームへの参加をするようになる。

お分かりいただけると思うのですが、かなりチームへ迷惑をかける状態です。ここで、私達は、この男性をチームから外しても良かったのですが、サブメンバーとして、位置づけるようになりました。
そのメンバーとも話し合いをしてレギュラーメンバーとしては、参加できない時も出てくる事などを説明しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ