趣味がオタクだとモテない!見せ趣味を作り自分の魅力をあげる

女性の事を見抜く前に、自分の事も良く知らないといけません。
自分がいったいどういったキャラクターで、どういった事を女性に印象つける事ができるのか?こういった点をシッカリとしていかないと、女性をコントロールする事ができません。

相手が、どのようなイメージを持つのか?持たせる事ができるのか?演出という意味も含めて、自分のイメージというものを固めない事には、どうにもなりません。
基本的な作業ですが、自分というものは、どういった人物なのか?そのイメージをピックアップしていく作業が必要となります。

そこで、自分とはどういった人物なのか?
これをできる限りピックアップしてください。
できたら、30 個ぐらい。出せるのであれば、出せるだけ。
それを紙上にピックアップしていきます。

これは、自分との一種の対話です。この作業を行っていく中で、文字として表すと、「あ。俺は、こういった人物なのか?」といった点を改めて発見できる事があります。

例えば、自分の趣味の部分をピックアップしていたとします。すると、ある傾向が見えてきた。それは、全体を通して、家の中で、自分だけで完結する趣味が多い事が分かった。
そうなると、自分は、比較的普通な性格だと思っていたが、どうも内向的傾向が、強いのかもしれない。という点がみえてきます。

趣味といったものは、自分を良く表す事の一つです。その趣味の傾向を改めて、紙上にピックアップしてみると、新しい自分の内面を知る事に大きな力を発揮します。
その上で、趣味の傾向から考えて、自分は案外、内向的な人の傾向がある。という事が分かると、女性に対して、そういった印象を与えているかもしれない事が見えてきます。

そうすると、ここで考えるのです。これから、女性にどういった印象を与えたいと考えるのか、どういった印象を与えた方が、女性を攻略するという意味では、有効性が高いのか?
それを考えた上で、もし、内向的な人間である事が読み取られない方が、得策であると考えるならば、そういった事を読み取られるような表現は、控えるようにします。

趣味を「見せ趣味」を、意識的に作り、それに自分のキャラクターを寄せていく。
そうする事で、趣味から見える、あなたという人物像は、思った方向に向かわせる事ができ、本来、こういった対策をしていなければ、内向的な人間という印象を持たれる所を、外向的である人物のように、印象をコントロールする事ができるようになるわけです。

このように、自分を知る事で、色々な改良点を知る事ができるようになります。
例えば、今、自分が持っている洋服を、改めて、全部出して、それを改めてみてみます。
系統は、どのような系統になっているか?その洋服を着ている人は、あなたならば、どういった人物であると、判断すると思うのか?

これを想像してみてください。もし、あなたは、女性の印象に、少しでもよい印象を与えたい、手に入れたいと思わせる確率を少しでも上げたいと思うならば、その洋服から与えるイメージで、本当にプラスになるのか?この点をもう少し考える必要が出てくるわけです。

あなたが、もし、こういった外面から与えるイメージについて、これまでも考えてきているならば良いですが、もし、現段階で、女性との関係が上手く構築できていないならば、こういった事を、あまり改めて考えてみた事がないかもしれません。
自分というものが、女性に与えるイメージ。これについて、できる限り、細かく分析してみる事。これは、かなり大切な作業となります。自分を知らないと、攻略を構築させる事もできませんので。

ただ、自分のイメージが、実際にどのように女性に伝わっているのか?回りの人間に伝わっているのか?を知るための作業は、また別の作業が必要となってきます。
さらに、より確かな自分のイメージを知るためには、回りの人からの情報が大切になってきます。自分の中で完結させているイメージは、実際に回りの人間に、どのような印象を与えているのか、自分の思っているものと、マッチしない結果になる事は、少なくありません。

ですから、自分の中で、まとめた自己のイメージと、それにプラスして、改良をしようと決めて、印象操作をするため行っている事は、実際に女性に、回りの人間に、結果としてどのように伝わっているのか?
これを知って、さらに、調整する必要があると考えます。

海外で日本人女性が人気の理由

日本では、教育として、「従順である事」「人の考えを受け入れる事」「相手の考えを理解する事」こういった事が大切だとして、育てられている傾向があります。
それは、特に女性が、そういった性質を持つようにと、親から育てられています。
同じ日本人の血を引く場合でも、海外で、自己主張をする事が大切であると教育されてきて育った女性とでは、全然、価値観が違っていきます。

人の輪を大切として教育されている日本の女性は、他の国の女性と比べると、男性に従順な女性の割合が、かなり高くなっています。
このことから、これは、私の思いっきりの持論なのですが、落としやすい条件が、だいぶそろっていると思っています。

そのように従順に教育されているという事は、自己主張がその分、少なくなります。従順と自己主張は、別の位置に存在するものですから。
なので、こちらがそういった従順な女性を探し、相手の事を理解した上で、その女性に合わせた、要求をしていくと、その要求は、受け入れてくれる確率が非常に高くなってくるわけです。

ここでのキモは、その女性が、今、この段階で、どこら辺までの要求ならば、受け入れてくれるのか?を的確に判断できるスキルを身につける事なのですが、ベース教育として、従順が大切であると教育されている日本人女性は、かなり男性側からすると、都合が良い面が多くなると思っています。
もちろん、その点にアグラをかいて、手抜きの接し方をすれば、関係を切られてしまうのは、言うまでもありません。

バランスを見ながら接していく事が大切です。ただ、やっぱり、攻略は、簡単なタイプだと思います。
実際、海外で長く生活をしていた私の友人などの持つ感想は、この点に終着してくる事が多く、海外での日本女性の評判は、すこぶる良いという事です。
日本人女性と結婚をしたいといっている外人さんは、少なくないとの事。日本人女性、中々人気もののようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ