顔の特徴から性格を見抜く方法!命令されるのが嫌い・執着タイプ

これをやりなさい。といわれると、断りたくなったり。一般的には、断る事に対してはストレスを感じるタイプの日本人が多い中、嫌なものは、ハッキリと「嫌です。」と言えるタイプの女性です。
このタイプの女性に多く見られるのは、「あご」のラインです。ここが、シャープな人。角度がある人。が、このタイプに該当します。丸型でもなく、角型でもなく、ホームベース型でもありません。「シュッ」となっているタイプです。

そのため、何かをゴリ押しされたり、今すぐに、このようにしろ。といった押し付けがあると、それに対して強い反抗意識を持ちます。もし、男性が、強引なタイプの場合は、このタイプの女性とは、うまく行きづらくなります。
良くあるSタイプの男性を演じる事が、女性にモテる秘訣。みたいな、ステレオタイプの対応をすると、全然、上手く行かないタイプは、この女性のようなタイプとなります。

このタイプの女性と、良好な関係を築きたいと思ったら、何か押し付けるような感じの接し方をしてはいけません。
相手が考えて、出した結論であると、女性本人が思わない限り、納得してくれないので、相手に考えられるような余裕ある時間を与える事が必要となります。
最終的に、自分で出した結論だと認識する事ができれば、無駄に拒絶をする事はなくなります。こちらが、相手に合わせる、そして、相手に判断を委ねている。すべての判断権限は、あなたにありますよ。このような対応をすると、相性が良いです。

男性側としては、忍耐が必要となります。グイグイ、こちらの意見を押すわけにはいきません。こちらが望んでいる方向に持っていこうと、思っても、女性が自分で判断したから。このような理由が成立している状態にしないと、男性側が望んでいる方向に持っていく事は難しいです。
接する時には、感情優先で接するよりも、ある程度、戦略的に、相手を動かそう。と思って接する方が、上手く方向をコントロールできます。

イメージ
江角マキコ
※グーグルの画像検索にて「江角マキコ」と検索して、具体的に画像をみて、特徴をより把握してください。

一つのことに執着するタイプの女性にはどんな特徴があるの?

一旦コレと決めたら、中々、その決定を覆せない。あきらめられない、手放す事ができない、忘れる事ができない、正しいと思い込んでしまう。こういった性質を持った女性にある特徴です。
いわゆる「シャクレ」。目安としては、オデコの位置と、顎の位置です。どちらが、先に出ているか。もし、顎が前気味ならば、このタイプの傾向がある女性と考えて良いです。
一度決めてしまった事を中々覆せなくなってしまうタイプです。良い方向に行っているときは、良いです。正しい道をひたすら歩む事になります。ただ、一度、歯車が合わなくなると、ちょっと危険性が出てきます。

理論的に理解できていても、自分では中々修正できない。良い男性と付き合うなら良いのですが、もし、悪い男性と付き合っても、その付き合いを、中々、精算ができなく苦労をする傾向があります。
それに、女性側の気持が強すぎて、男性側とのバランスが崩れた時。男性が引き気味になっても、それを感知して、徐々に距離をとる。といった事も苦手とします。いつまでも、引きずってしまって、関係を切れないという面もあったりします。

イメージ
綾瀬はるか
※グーグルの画像検索にて「綾瀬はるか」と検索して、具体的に画像をみて、特徴をより把握してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ