女性は職業込で男性の価値を判断する!どうやって自分の職業を魅力的に見せるか?

職業からも、瞬時でイメージされます。聞いたイメージが良い方が、より「良い男性」と判断してしまいます。そして、そのイメージは、あなたのその後のイメージに直結する傾向があります。
なので、女性と知り合った場合、どのように、自分の職業は、現在の立場などを、上手く説明する事ができるのか?
これによって、印象を操作できる事が分かってくると思います。良い印象を与える事ができれば、女性の中では、その良い印象を通して、あなたの事を見ていきますから、あなたのイメージは、プラスに行きやすくなるわけです。

どうしても、男性でいる限り、女性と接する場合、肩書きや職業が良い方が、有利に働いてしまいます。
女性は、男性を職業込みで判断するという性質を持っているからです。なので、この部分は避けられない現実だったりします。
良く、「女性は、男性をお金としてみているのか?」といった事を言われている男性がいますが、それは、残念ながら、そういった面は多分になります。
無いとは言えない、密接な関係があります。

女性は、元々、男性に対して、その役割を任せて生きてきたという、歴史があります。
その歴史から考えても、女性が男性の職業を、重要視するとしても、当たり前の事なのです。
その形は、今は、変わりつつありますが、しかし、まだまだ、男性は、社会に出て働くものという概念は、変わる事はありません。
それに、女性は、男性が、どういった性質を持った男性であるかを知ろうとした場合、その男性の話を聞く。という事も行いますが、職業から判断するという事も、よりその男性の性質を知る上で、有効なわけです。

その人の社会的な位置は、ある程度のレベルで、その人が、どういった人かを示してしまうからです。だから、女性は、この点を聞き、その男性が、どういった人か?を判断する時の材料とするわけです。
これは、女性が、男性を短い時間で、判断する場合に有効なものとして利用してきます。ですから、私達男性が、気をつけるべき事は、女性に、どのようにして、自分の職業や地位を説明するのか?という点になってきます。

男は、人柄だろ。と思ってしまうのは、大きな勘違いです。
もちろん、最終的には、そういった面も大切になりますが、短い時間で、判断をしていく上では、そういった多くの時間を使いながら判断していく不確定要素たっぷりな物事よりも、職業・地位から判断してしまった方が、選別の段階では、より制度の良い判断を下せるわけです。
ただ、ここで誤解をして欲しくないのですが、地位がなければだめという話をしているのではなく、どのようにイメージさせるのか?ここが大切だという話です。

あなたは、なぜ、その職業を選んだのか?
ただ、何となくでは、ダメです。例えば、あなたがIT関連の仕事をしていたとします。そうすると、その職種から、女性は、「冷たいタイプの職業」とイメージします。
職業により、人は、ステレオタイプに反応する機能が作動します。そして、その職業により、あなた自体が「冷たい人」か「温かい人」か、を判断していきます。

女性が持つイメージで、初期段階で、「冷たい」というイメージを持たれてしまうのは、かなり多くのデメリットを持つ事になってしまいます。なので、冷たいというイメージを持たれてしまう事。これは、避ける必要があります。

基本的にどういった職業に、対して女性は、「冷たい」と感じるのか?
ここを抑えておく必要があります。
ここを抑えてもらった上で、あなたには、女性への表現方法の対策を練ってもらいたいと思います。まず、先ほどお話した「IT」などは、代表的な例で、「お金を稼ぐ色」が強いものは、比較的冷たい。と思われる傾向があります。
「セールスマン」「訪問販売」といったような系統は、冷たいと思われる確率が高いわけです。

逆に、どういった職業だと、女性は、「温かい」というように捉えるのか?これは、結構、シンプルです。「人間と関わりが多い職業」となります。
例えば、「介護関係」「学校の先生」「看護師」などが、イメージしやすいと思いますが、「人のために」という点が、ベースになっている仕事。
こういった職業に関わっているならば、「温かい」というイメージを持つわけです。本来ならば、職業とその人本人の性質は、イコールであるはずはないのですが、これは、昔からの刷り込みなどにより、ステレオタイプで反応するようになってしまっているので、その点を理解しておく事が大切です。

そして、女性にとって、男性の職業は、重要な判断材料になると、お話をしてきました。その伝え方により、女性が感じるイメージが変わる。女性と知り合った初期段階では、このイメージは、想像以上に重要なものとなります。
このイメージを通して、あなたの言葉や態度から、あなたの人物像を見ていく事になります。
「冷たい」というイメージをもたれると、その後、あなたが女性に与える印象は、冷たい人。これをベースとしての、印象構築になってしまうので、ドンドンマイナス印象になっていってしまう結果につながりやすくなってしまうのです。

そのため、私は職業のイメージ戦略は、考えておく必要性があるものだと思っています。無戦略と戦略済みで、女性と接していくのとでは、結果に大きな差が生まれるのも当然です。
職業自体をやめる事はできません。そこで、大切な事は、どのようにあなたの職業を表現するか?という点になります。

例えば、かなり冷たい職業と印象を持たれてしまう、セールスマン。もし、何も戦略なしに伝えるとすると。
「仕事は、何されているんですか?」
「セールスマンです。」
これで終わってしまいます。後は、女性の中で、勝手にイメージを構築していくしかありません。
もし、あなたが、この女性と深く関わっていくつもりがないならば、いちいち戦略を立てて話をするのも、面倒なので、良いとは思うのですが、もしこの女性と、今後の関係性を構築していきたいと思うならば、少し表現を変えます。

温かいと思わせる職業の基本は、何でしたか?
「人のために」という点が、ベースになっている仕事でしたね?
これを上手く、入れた表現で伝えれば良いわけです。もし、車のセールスマンだったら、どうして車を売ろうと思ったのか?そこに、人のためになる何かの理由をつけます。
だから、この仕事をやりたいと思った、だから、楽しくその仕事をやっている。

たった、これだけの要素を入れるだけで、セールスマンという冷たい職業とイメージされやすいものが、一気に女性に与えるイメージを変える事になります。

このちょっとした表現の追加。これが大切になってきます。
テクニック的に、このように伝えるのも良いのですが、本質的に、あなた自身がそのように思って、仕事ができていると、なお良いです。
本質部分で、「あ、この人、人当たりが良いように言っているだけだな」といった部分は、バレやすい傾向があるので。本心から、そう思いながら、仕事ができる状態がベストです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ