彼女・結婚相手にふさわしい相手?女性の貞操観念を知るための質問方法

時間の使い方でバレる嘘は、たくさんあります。これも瞬時で見抜けます。女性に声をかけたとします。そして、女性が「話をしても良いかな」というラインの男性であれば、話をします。
そして、話をしていて、この人と仲良くなりたい。と強く思った場合、時間の管理が一気に変わります。
その後に予定が入っているとしても、その予定をキャンセルしたり、後回しにしたりといったように、“時間の調整”をしようと考えます。
大切だ、興味がある。というものに対しては、時間を調節しようと考えるものなのです。
もし、時間を調節しない、時間を使おうとしないという場合、答えはシンプルで、そこまでその事に興味がないという事を意味します。

良くあるパターンで説明します。
合コンで知りあった女性にメールをしました。
しかし、メールは、中々返ってきません。しばらくまって、翌日メールをもう一回送りました。返ってきました。
そこから、何回かメールをして、このようなメールをしました。
「そう言えば、最近、フレンチハマっているって、言ってたよね。○○っていうコンセプトのお店があって・・・」
と、定石に沿って、誘いのメールを送ってみた。
反応はイマイチだったが、その後も、押して押して押して。とりあえず、食事に行く約束を取り付ける事はできた。

しかし、予定前日に、メールが来て
「ごめん。明日、外せない用事が入ったの。ごめんね。」
とだけメールが返ってきた。
一応、「気にしないでいいよ。」というメールは返信した。
その後もメールのやり取りをするのだか、中々、食事に行く、遊びに行く、会おう。といった展開に持って行かせてくれない。

これで分かってくる事。その女性の時間管理を見れば、すぐに分かります。
この女性は、時間を使おうとしていません。メールの返信にかかる時間などを見ても分かります。女性が強い興味を持っている男性相手であれば、急いでメールの返信をします。
相手に対して、時間を使おうという意識が強いからです。
ですから、忙しい中でも、メールの返信をしますし、疲れていてもメールの返信をします。こちらからメールを何回か送っても、返信が返ってこない場合は、明らかに女性から、あなたに興味がないので、あなたに時間を使うつもりがありませんよ。という意志表示だと思って良いでしょう。

さらに、もっと分かる点があります。
今回の件では、女性の方から、断りのメールをしてきている状態です。もし、興味があり、会いたいと思ってる場合、断りのメールを入れてきても、当然のように、次の代案を提示してきます。
今日はダメだったけど、今度、○○と○○は、空いているから。都合が合う日はある?という展開に持って行きます。
時間の都合をつける。当然のように言ってきます。この事からも分かりますが、時間を空けようとしていないわけです。

女性は、男性より、異性に対して、時間に対する感覚が厳しいです。
なので、興味が無い男性に、時間など、微塵も使いたくないと考えている所があります。
ですから、すぐに時間を使おうとしているのか?していないのか?この点に着目する事で、現段階で、その女性が、自分に興味があるのか?ないのか?が分かります。

女性の立場やあなたの考えが読み取られない返事の仕方

さて、今度は、逆に、こちらが読み取られるケースについてです。
それは、「会おう」という約束をする時にバレます。
例えば、その女性に関して、あなたが1 番という優先順位ではなくて、他に優先順位の高い女性がいる。
興味を持っている女性がいて、その女性との約束ならば、そく予定として入れるのだが、そういった立場ではない女性に、約束を迫られた場合、一瞬つまります。
そこでの返事次第で、あなたの考えや、その女性の立場が、一瞬で分かってしまう事になる場合があります。
それは、上記の点を含めて、他に時間を優先して使いたい女性がいるかという点です。

もし、会おうと約束をしたがっている女性がいて、その返事を、「悪い。まだ、この先どうなるかが、分からなくて、時間が読めない状態なんだよね。」と言えば・・・
「あ。この人は、私とは、そこまで会いたいとは思っていないな。」

「私の優先順位は、高くないな。他に女いるな。」
といったように読みとられる事になります。女性も、この点は、良く理解しているので、こういったケースを想定しておき、相手に良いイメージを与えられるような返事を用意しておく必要があります。

こういった点から、女性は、あなたと自分との関係性を、読みとったりします。
なので、「理由」を事前に作るのですが、どういった理由だと、女性は、納得するのか?この点を考えて、理由を作る事になります。
ポイントとしては、「他に女性はいない」「優先順位が低い訳ではない」という点を、考慮にいれる事です。

例えば
「今、仕事が忙しい時期で、どうも、時間が読みずらい時期なんだよね。だから、約束をしても、もしかしたら、ダメになっちゃう可能性があるかな。できたら、ドタキャンとかはしたくないんだけど。こんな状態なんだけど、イイ?」
といったような展開にすると、なぜ、時間が読めないのか?という理由がわかり、結果、自分の優先順位が低いというわけではない。という方向に持っていく事ができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ