パーティーゲームで絶対勝てる裏技!マジックトランプを利用する

家だからこそ、できるゲームを用意しておくと良いです。
例えば、通しの入ったトランプ。
これ便利です。
ほぼ、女性にばれる事はありません。
カードマジックに興味を持っている女性には、バレるかもしれませんが、その確率は、かなり低いものだと思います。

例えばテンヨーのマジックトランプ。アマゾンで簡単に買うことができます。
このトランプは裏から何のカードだか分かります。
例えば、ビック・オア・スモール。というゲームをします。
7 より、上か。下か。
それを当てるゲームになります。
外したら、イッキ。
丸く円になって座ります。
そして、それぞれにカードを配っていく。
1 人、5 枚づつならば5 枚づつ配ります。
それぞれ、手元には、5 枚カードがあります。
順番にめくっていきます。
その時に、めくる前にゲーム係りが
「ビック・オア・スモール?」
と問いかけます。
そして、答える人が、ビックか、スモールを選択します。
「スモール!」
と答えながら、カードをめくります。

そのカードが、7 よりも少ない数字なら、勝ち。
引き分けで勝ち。
カードが、8 よりも上ならば、負け。
そして、負けたら、当然のようにコールが始まります。
でも、男性は、トランプをみて、柄と数字が分かるようになっていますから、負けるはずがありません。
通しの入ったトランプは、手品グッツ等の売り場で売っているので、あると便利です。
絶対に負けないゲームになりますから。

ババ抜きも同様。
これも、負ける事がない。
引く時にどれが、ババかが分かっているババ抜きですから。。。(;´・ω・)
通しのトランプがあれば、トランプ系のゲーム全般で勝つことが容易になります。

一つ難点があるとしたら、トランプの通しは、トランプの外側の模様で判別していく事になります。
かなり酔っ払っていて、部屋は薄暗いと、判別が難しくなる時が出てきますので、あまりに酔っ払っている時は、避けた方が良いかも。
ゲーム全般に言えるのですが、いくら練習を繰り返していても、かなり酔っ払っていると、負けます。注意してください。
私達のチームにも、そういった天然さんがいまして。
ベロベロに酔っ払って、ゲームに負けまくるという方が。
見ていて、面白いのですが、後半は戦力にならないので、困ったりします。(;´・ω・)

部屋に女の子を呼ぶときに使えるアイテム

女性を、2 次会か、3 次会などで宅飲みに誘う場合、理由があり、その理由が明確な方が良い事について、他の項目でもお話しました。
「居酒屋○○に行こう。」
○○は、家の提供者名。
という強引なものでも良いのですが、何かネタがあると、それで、皆が楽しめるのであれば、より良いと思っています。
2次会から自宅での飲み会に持っていく方法

お酒の種類が豊富

趣味と実益を兼ねて、様々なお酒を揃えて行きましょう。
チームでそろえるので、皆で、お金を出し合って、揃えてきます。
チームの飲み会などでも、新しいお酒をお店に見にいって、それで、宅飲みのホームで、皆でテイスティングというのも楽しいです。

お酒を遊びの一つとして、とらえていますので、そういった選んでいる時間も楽しいですし、当然、それをチームのメンバーで、評論するのもすごく楽しい時間です。
ワイン。
日本酒。
ビール。(ベルギービールなどが、おいしくておしゃれ感満載になっています。)
焼酎。
シャンパン。
ウォッカ。
ジン。
テキーラ。
ブランデー。
カクテル用につくられているもの。
(例えば、カルアミルク。)
こういったものが、ズラリと並んでいるならば、部屋に呼ぶ理由も、簡単になります。

「どこの居酒屋よりも、お酒の種類が豊富だよ。たぶん、飲んだことがないお酒、たくさんあると思うよ。その中には、死ぬまでには一度、飲んで欲しい、俺のオススメのお酒があるんだ。」

この“死ぬまでには、一度飲んで欲しい。”という言葉は、ポジティブな状態にある女性の好奇心に、十分に火をつける事ができる言葉だったりします。

例えば。
「限定1000 本の○○酒を手に入れたんだ。皆で、飲んでみよー。」
でも、十分な理由になります。

プロジェクターは女性に受ける隠しアイテム

友人が、音楽とプラスして、暗い部屋にアーティステックな映像を流している空間を提供してくれます。
元々、そういった映像関係が好きみたいで、プロジェクターが無い時から、テレビに映像を流していたりしました。それが発展したようです。

女性には、好評です。
女性が楽しそうだな、と興味を持てるものを中心にして考えると、良いと思います。
現在、私達仲間の中で、特に話題に上がって、これがあると、すごいよね。という話になっているもが家庭用プロジェクションマッピングです。

プロジェクターと、ipad を組み合わせて利用したりするそうなのですが、実際に色々と見ていると、こんなにすごいネタは、無いかなと思っています。
まだ、私はこれを家の呼ぶネタにしている人にお目にかかった事が無いので、良い案だと思っています。

参考までに。


考え方としては、女性に楽しんでもらえるネタを家につくろう。
そういった感じに捉えてもらえれば。


サブコンテンツ

このページの先頭へ