女の子とキスができるポッキーゲームとは?

これも、序盤は、居酒屋との流れに大きな差はありません。ゲームをしながら、宅飲みを楽しんでいく事になります。
変わっているのは、場所と、お酒のメニューが自分達で操作できる点です。
その後、時間は女性達の様子を見ながらなのですが、1 時間程度は、新しい場所ですので、気分も緊張気味だと思います。

ゲームをしたり、休憩をしたり、その間に話をしたりしながら、1 時間~1 時間半ぐらい経過したぐらいから。
ここから、ゲームの質にちょっとした変化を出していきます。
まずは、少しだけ、セクシャルな要素を入れたゲームをしていく事になります。
ここらへんで、ポッキーゲームを挟んでみましょう。
これも、合コンでの定番ゲームですが。
昔から今も現在進行形で使える、すごく使い勝手の良いゲームです。

ポッキーゲームとは。
そこにトランプがあれば、トランプを順番に引いてきます。その中で、一番数字が低い人、二番目に数字が低い人。
この人が、負け。
で、負けた2 人がポッキーゲーム。というような展開であったり。
王様ゲームの一つのコンセプトとして、入れたりしながら使うゲームです。
ポッキーを、端と端から食べていきます。
途中で、折ってしまったり、顔を離したりしてしまった人が負けとなるゲームです。

・メリット。
男性と女性が当たった場合、お互いに顔を接近させる事になりますので、性を感じる事ができるので、気分の切り替えとして、使い勝手が良いです。
ポッキーゲームをする時に、顔を正面に向き合いますので、自然に肩を抱くことができます。
例え、男性同士が当たったとしても、途中で、折ってしまえば良いのです。
女性同士になった場合。
ちょっと、違った意味でも盛り上がる事ができます。

ポッキーゲームで女性との距離感がわかる

女性とあなたがポッキーゲームをする事になった。
その時に、女性がどれぐらいの距離でポッキーから顔を離すかで、現在の距離感を図る事ができる。
女性によっては、そのままポッキーから顔を離さない人もいます。その場合は、そのままキスをしましょう。
そこで、また様子を見ます。
離そうとするか。
それとも、そんなに離そうとしないか。

ちょっと抵抗するものの、こちらがもう少し続ける意思を見せたら、そのまま受け入れるか。
それとも、力をいれて、拒否をするだろうか。
こういった事を直に感じる事ができます。
もし、こちらがもう少し続ける意思を見せたら、そのまま受け入れる状態であると判断できた場合。
これが、スタートの合図になります。
この場合、カーテンが有効に作用してきます。
すかさず、カーテンを仕切ってしまいましょう。
そして、そちらの二人の存在は、無かったかのようにして、こっちはこっちで、ポッキーゲームを続けます。

ポッキーゲームは、そこそこで、終わった場合。
次は、もう少しエスカレートしたゲームをするようにしていきます。
それ以降にゲームなどを進行する場合に、大切な今後の新ルールを設定してきます。

この新ルールの設定も大切です。
新しいゲームをしていく時に、断る場合は、罰ゲームとしてイッキをすれば、見逃してもらえる。

この新ルールをなぜ設定するのか?
それは、今後のゲームが、性的な要素を入れる内容を強めていくからです。
もし、それが強制になってしまったら、女性は逃げ道がありません。そこで、逃げ道として、飲む事で許されるならば、安心する事ができます。
でも、結果として、飲む事になりますので、それによって、益々理性は、緩くなっていきます。
これも、基本的な作戦なのですが、選択肢を2 択にしておくと、どちらかには、従わなければならないような気持ちになります。
これによって、ゲームの性的な要素を強めていっても、女性は、逃げ道があるので、何となく余裕があるようになります。
最初は。

しかし、ゲームが進行していくにしたがって、飲むのもキツクなります。そうすると、今後は、ゲームを受けれても良いかな。というような選択肢にも、変わってくるケースも多々出てきます。
それは、ここまで、ずーと、そのルールに乗っ取って動いてきましたから、今更、どっちらのルールも無視する事は、心理的にキツクなるのです。
そうです。
ここで、今まで、ずーと、テーマとして持ち続けてきた
「一体感。」
これが大きく威力を発揮してくれるのです。

飲むのもつかれてきたから、ゲームを受けいれても、
「ま、いっか。」
となっていきます。
この「ま、いっか。」が死ぬほど大切なんです。
この気持ちになってもらったら、ハードルが下がりまくります。
時間をかけて、やっとその心境になってもらうように、“育ててきたのです。”
そこから、例えば、このようなゲームをします。
じゃがりこゲーム。

じゃがりこゲームとは

ポッキーゲームと一緒!!!
ただ、長さが短いだけ。
別にじゃがりこである必要はありません。
そこに、ポッキーより短い長さのお菓子があればOKです。

ここからは、ただのノリになってきます。
じゃがりこゲームが終われば。
次は、ダースゲームでも良いです。

ダースゲーム(チョコレートのお菓子。)とは。
ポッキーゲームと・・・、もういいですね(;´・ω・)
少しづつ長さを短くしていき、ダースゲームぐらいになると、だたの「キスゲーム」です。
キスゲームになって、女性が受け入れれば、これがまたスタートの合図です。
このラインまでくれば、あらゆるキッカケがスタートになります。
このポッキーゲーム一連の流れで、まだ、クロージングに、決定的なキッカケを掴めない場合は、次のゲームを提示していきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ