合コンの2次会はカラオケで決まり!その理由は?

チームを作って初期の段階ならば、ここから2 次会という、もうワンクッションを入れた方が、いいでしょう。
ここからは、車係りが、動かなければなりません。

リーダーが「では、次の場所にいきましょう。」といい移動を則します。
一般的な選択としては、もう一軒居酒屋です。
女性達を2 次会に誘います。

ただ、私達の方法としては、2 次会ならば、カラオケを優先させるのが現状となっております。
その理由は、後ほど。
もし、2 次会を居酒屋にするならば。
その段階で、2 次会は居酒屋と方向性が決まったら、車係りが、走り出します。
ここは、動きの機敏さが重要です。
事前に下調べしておいた、お店を片っ端から回っていきます。そして、入れるお店の席を確保します。

もし、どうしても、居酒屋関連のお店が、満席で、どこもダメそうならば、やっぱり、カラオケが良いです。
2 次会の目的は、雰囲気を変えて、もっと飲む事です。
もっと、一体感を感じさせるためです。
2 次会の場所がカラオケになっても、そこで歌を歌おうとは思わないでください。
カラオケに行くと、歌わないでいられない男性がいると思いますが、ここは事前のチームの打合せで、カラオケでは歌わないように、決めておきましょう。

カラオケで歌を歌っている間。
歌わない人は、結構、暇なんです。
カラオケを歌いながら、一体感を感じさせるのは、難しいです。なぜ、今、自分達は、カラオケに来ているかの再確認をしましょう。

私達は、現在、2 次会へと展開する場合は、カラオケと相場は決まっています。
というのも、カラオケならば、ゲーム・コールなどを大声でさらに盛り上げて行う事ができるというメリットがあるからです。
これが、2 次会をカラオケにするメインの理由です。
それに、カラオケは、ある程度、防音対策がされている部屋なので、多少、うるさくても問題になりません。
居酒屋ですと、個室と言っても、ある程度、声のトーンは落とさなければなりません。
しかし、カラオケは、元々、大きな音を出す事が前提の場所ですから、ゲーム・コールには、もっとも適している場所なのです。

まだカラオケのメリットは、あります。
居酒屋では、できなかったような、密接系のゲームがしやすくなるという点です。
まだカラオケのメリットは、あります。
カラオケという個室は、メリットが多いのです。
居酒屋では、やりづらかった、持ち込み系のゲームがしやすくなる。
カラオケは、このように認識すると、イメージしやすくなります。

宅飲みの前の、密室飲み会。
宅飲みの前哨戦。
必勝パターンとして。
居酒屋⇒カラオケ(密室)⇒宅飲み

さあ、ここから、盛り上がり大作戦です。
ここが、運命の分かれ道です。
ここで、どれだけ女性のテンションを上げさせる事ができるか。一体感を出す事ができるか。
集中!
羞恥心を捨てる!
女性に楽しんでもらうために!

ここで、早々に始まるゲームが
「たけのこ、ニョッキゲーム。」
もちろん、お酒係りは、絶対に、お酒を切らさない事は言うまでもありません。
飲み物は、居酒屋と同じです。
濃度が濃くて、お店によってバラつきのない飲み物。
シャンパン。
ワイン。
日本酒。
ここで攻めていきます。

カラオケにくると、最近私達が取り入れている。
「テキーラボール・ゲーム。」
とかもできます。
順番に説明をしてきます。

たけのこ、ニョッキゲーム。
男女6 人がいたとします。
「たけのこニョッキ、ニョッキニョキ。」
という皆でのリズムの後にスタートします。
順番に
「1 ニョッキ。」
と言いながら、頭の上で手をくっつけた、たけのこをイメージさせるような形を作って言っていきます。
それを、1~6 ニョッキまで言っていきます。
6 ニョッキになってしまった人が負けです。

そのために、いち早く、「○ニョッキ!」と言った人から抜けていく事になります。
ただ、同時に「○ニョッキ!」と言ってしまったら、同時に言ってしまった人達が、負けとなり、罰ゲーム。
このゲームは、宅飲みへのブースターゲームとなりえるゲームとなります。
というのは、これは、狙い撃ちが出来るゲームだからです。ただ、これは、男性も共倒れになるゲームです。
そのために、男性も自分達のテンションもMAXに持っていくためのゲームです。

例えば、女性Aが場の雰囲気を悪くしている。
そう判断場できれば、男性達、変わるがわる女性Aを撃沈させるように、わざと、ニョッキのタイミングを合わせるようにします。
その場合、一緒に玉砕する男性は、その段階で余裕がある男性がベターです。
そこでも合図を決めておけば良いです。

「俺が行く。」
という場合は、手を前に組んでいる状態の男性が、今から行きます。という合図にするなどです。
その場合は、他の男性は、なるだけ、被らないように、注意をしながらゲームをしてきます。
もしくは、ゲーム係りが合図を出しても良いです。

女性に番号をつけます。
これは、居酒屋と同じ要領です。
そして、ゲーム係りが合図を出し、男性達が、狙った女性を撃墜していく。

例えば、このような形です。
ゲーム係り。

耳を触って、女性の1 番を撃墜させよとサインを出す。
それを見て、男性Dが、手を前に組み。
俺が、撃沈させるのサイン。
「たけのこニョッキ、ニョッキニョキ。」
男性B「1 ニョッキ。」
女性2 番「2 ニョッキ。」
女性1 番「3 ニョ・・・」
タイミングを見て
男性D「3 ニョッキ。」
と被せる。
ゲーム係り
「はい、女性1 番と男性Dのまけー。」
で、コール発動。

これを勢いと、テンポで繰り返し行っていきます。
その後、こちらでゲームをコントロールできる系の仕込みゲームをいくつか展開していきます。

カラオケでの予約時間は?どれぐらいの時間いたらいいの?

女性の状態で、時間を決めたい所です。
1 次会で、良い段階まで仕上げる事ができていれば、カラオケでの滞在時間は、1 時間ぐらいで、良いのですが、こればかりは、本来は、女性の様子を見て決めたい所です。

ただ、問題は、混雑具合です。
週末で混雑している場合は、延長が断られてしまう事がある点です。
お住まいの場所にもよりますが、予約段階で、1 時間30分ぐらいで抑えておく事がベターかもしれません。
多めに予約しているならば、早めに部屋を出ても問題が無いからです。(ただ、これは、場所により、確約はできませんので、各々、お使いのカラオケボックスにて、ご確認ください。)
ここは、実際のお住まい場所と、ホームカラオケの週末の混み具合との兼ね合いとなりますので、場面により、微調整をお願いします。

ゲームは、その時間内で、数種類をやっていく事になると思います。この段階で、上手く回っていれば、女性達は、いい感じになっているはずです。
そして、楽しくいい感じになってもらえるかは、その女性達が、たわいもない事で、男性が笑っていると、一緒になって笑ってくれるなどの状態であれば、最高の感じで楽しい状態だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ