自分のイメージを形作る4つの重要な要素とは?

あなたが、今後、女性と関わっていく時、どこに軸をおいて、印象を操作していくか?を考えていく時に必要となるのが、どういった部分に自分の意識を集中していくか?です。
あらゆる面から、自分に対するイメージについて、考えても、中々、何をしていけば良いかが、あなたの中で、意識が分散してしまって、中々、前に進まない事になってしまう可能性があります。

そこで、あなたのイメージを、女性や、回りの人に与える時は、どういったパターンがあるのか?このパターンについて、知ってもらって、どこに、あなたは、力を入れていくのか?について、考えてもらいたいと思います。

人に与える、自分のイメージというものを考えていくと、この4 つのパターンがあると考える事ができます。
肉体面のイメージ
感情面のイメージ
学業面のイメージ
社会面のイメージ

このように分類して考える事ができます。

肉体面のイメージ

これは、いわゆる。ルックスと考えてもらって良いです。
身長、スタイル、髪型、などがベースで、体力がある、運動能力が高い、といったものです。これは、特に若い年齢の時には、この点に、力を入れて、攻略すると、女性からモテる、という結果に結びつきやすい要素となります。

そして、今現在で、あまり、自分に対してのイメージが良くない場合、この点についての自信がなく、それが結果、今の自分に自信がない。という点に繋がっている場合が良くあります。

ただ、若い時には、まだ、男女共に、どこに力を入れて、自分にとって、良い相手選びをすれば良いかが、明確になっていない時期なので、どうしても、この目に見える判断の材料に頼ってしまうところがあります。
本来ならば、的確な改良を行う事で、自信をなくしてしまうような状態には、ならない結果を、導き出す事も可能なのです。

しかし、普通の環境にいる多くの男性は、その若い年齢の時期に、そういった点について、的確な改良方法を教えてくれる人は、回りに居ないのが普通なので、何も対策を練る事なく、過ごしてしまうのが、一般的です。
もし、あなたは、この点であまりに、自分のイメージが悪いとするならば、この点に力を入れて、改良をしていく事で、より良い結果を導き出す事ができるかもしれません。
自分を分析していき、その結果、足りていないと思ったら、ここのより注力して、改良をしていってください。

感情面のイメージ

主に、性格と言われる点についてです。穏やかで、あまり感情の起伏を表に出さないタイプ。
すぐに感情が表に出てしまうタイプだ。逆に感情がでずらいタイプだ。その点が原因で、モテないのかもしれない、モテてているのだろう。

今の現状で、どこが原因か?を考えていく際には、あまりここに行き着く人や、もっとも改良するべき点は、ここだ。と考える人は、少ないです。
他にも、基本的に感情として、内面に向かいやすいのか、外面に向かいやすいのか。ちょっとした事で、落ち込んでしまう。人の言葉に影響を受けやすい。
こういった事が、自分のイメージとして分析する時に出てくる一つのポイントです。

学業面のイメージ

幼い頃から、勉強が出来た、出来ない。ここがスタートとなります。勉強ができる事で、自分の一つの自信が構築されていきます。
そのため、小さい頃から、勉強ができるという事は、自分に対する自信という意味では、とてもよい結果に結びつく事になります。
逆に、勉強ができなかった事で、コンプレックスになっている人も多々います。そして、その頃に作られてしまったコンプレックスは、その後も、影響し続けます。
社会人になってからも、小さい頃に勉強ができなかったという、学業面のマイナスイメージが、払拭する事ができないでいたりします。

ただ、このコンプレックスは、社会にでて、一生懸命に仕事をしている人は、徐々に払拭されていく形になっていきます。というのも、学業と仕事ができる。という点においては、直結する事は、あまりありません。
学業を行い、努力を結果に結びつける事ができる。目標達成のために、計画を立て、それを愚直に実行できる。そういった訓練をしてきたという意味で、学業が優秀で、学歴が高い人の方が、仕事ができる傾向が高いのは、間違いない点なのですが、仕事は、それだけではなく、コミュニケーション能力や、人の感情面に、上手く接する事ができる事。
もちろん、計画力・企画力・発言力などなど、色々な要素が必要となり、学業的な面が優秀でなくとも、仕事を上手くこなし、それが、自分の自信に繋がるという事は、良くある事です。

なので、男性が、社会人になってからのイメージで、学業面のイメージを良くしようと思えば、これは、仕事に力を入れるという事に、つきてくると思っています。
それによって、小さい頃から、学業面に対して持ったコンプレックスが、解消する事ができます。

もちろん、仕事を一生懸命にしたからといって、全員が全員、コンプレックスが解消されるものではなく、いつまでも、学業ができなかったから、その結果が今の仕事・会社に結びついていると考えてしまって、解消できないタイプの人もいます。

男性にとって、仕事は、大きな意味を持ちます。
そのため、この仕事に対して、エネルギーを使っていない場合は、多くの傾向として、あまり女性に魅力的に写らない事が多くなります。
女性にモテるために、仕事をがんばる。といわれると、その事に拒否反応を持ってしまう人もいると思いますが、男性の根本的なエネルギーとしては、
仕事ができる⇒モテる
ではなく、モテたいから、仕事を一生懸命する。という性質が強いと考えていますし、生物的に考えていくと、こちらの流れの方が、シックリと来る気がします。

あなたが、自分のイメージを考えて、女性にどのようにイメージされるのか?それを考えた時に、もしかすると、仕事に対する姿勢。が、大きく影響するかもしれません。この面でも、一度、良く考えてみる必要がある部分だと思います。

社会面のイメージ

女性とどのように関わるか。人とどのように関わるのか。
会社での人間関係。仕事先での人間関係。こういったものを、どういった風に構築させていく事ができるのか?
初対面の人間とのコミュニケーションの取り方。その際に、初対面の人とコミュニケーションを取る事を得意とするのか、不得意とするのか。など、こういった社交面の事がメインとなるイメージです。
そして、多くの場合、ここに問題があると考える男性が、かなり多いです。そして、内向的。という事に問題性を感じる男性もいます。

例えば、会話力を必要だと感じている男性は、かなり多く。実際に会話をテーマとした恋愛サイトは、かなりの人気を持っている現実があります。
その他にも、スキンシップ、デートの仕方など、こういった点で、困っている人も多いのですが、これは、この「社会面のイメージ」に該当している点です。

自分が、どのように社会全体と接しているのか?この点をもう一度、考えなおしてください。その上で、自分の持っているイメージで、女性は、どのような人だと、あなたの事を考えるかを、良く考えてみてください。
その上で、どこに力を入れて、改良するのか?を検討していき、改良していきます。
そうする事で、どこを改良するべきか?が、自分の中で、明確になっていきます。ただ、それが本当に的確なのかどうかは、実際に、女性と接してみて、その女性の評価を見ながら、知りながら、また改良していく事になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ