物理的距離を縮めることで相手をコントロールしやすくなる

距離を意識すると、コントロールしやすくなります。
これは、心の距離。といった目に見えない距離の事ではなく、物理的な意味での、ズバリ距離そのものです。あなたが、女性を説得する側や、今、まさに、押し倒したい。といったタイミングである場合、意識的に、距離を近づけると良い結果になりやすいです。

生活上で良くあるのは、仕事をしていると、上司がきます。そして、上司から、仕事に対する要求をされます。しかし、あなたとしては、その要求は飲めない。自分の方向性が正しいと思っています。
そのため、この要求はできたら、断りたいわけです。しかし、上司は、なんとかして、あなたに自分の思った方向性で仕事をさせたいと思い、より距離を近づけて説得にくる。

ここです。勝負は。
この場合、あなたは、立場が上である人から、要求をされているので、それだけで、プレッシャーをかけられているわけです。さらに、物理的な距離でのプレッシャーもかれられる状態になると、中々、拒否しずらくなります。

ここで、上司に思い通りに、運ばせないたけに、あなたがこの状況で取れる簡単な戦略は、とりあえず、距離を離して、その距離感を何とかキープする。ハッキリいって、距離の取り合いです。
上手く、距離を近づかせないで、自然に距離を取れれば、あなたは、大きなプレッシャーを感じる事なく、なんとかやり過ごせる確率が上がります。逆に、距離を取れなければ、ダブルのプレッシャーでたぶん、要求を飲ませれる事になります。

これは、思いっきり女性に対してもそうです。あなたが女性とのポジショニングの取り合いで、上手く上のポジショニングを取ったとします。そしたら、あなたが望む要求をする場合、距離を縮めて要求を出せば、女性は、ダブルでのプレッシャーを感じる事になります。
そのために、あなたには、積極的にこの場をリードする必要があります。冷静にかつ、この場を支配する。そのために、有効な方法の一つとしては、意識的にこの場面での発言量を多くする事を、私はいつもオススメします。

大人数がいるような場面でも、これは同じです。その人数の中で、皆に意識的にリーダー的な存在、中心的な存在と認めさせるには、話の内容もある程度では、重要なのですが、人の認識というものは、そこまで正確にはなっていません。
もっともっと、アバウトな認識をするようになっています。
ある程度の時間を経過すれば、その人が一体どのような発言をしたかは、覚えていられません。印象の残っているのは、その人の発言量が多いかどうか。
この程度の事しか覚えたられないのが、人間です。そして、その発言量の印象で、その人が中心的な人物であったかどうかを認識します。

この点を意識しながら、初期段階で発言量を多くして、女性とコミュニケーションを取っていると自然と、あなたが上の立場のような関係になっている確率が高いです。

この戦略を取り入れてください。
基本的には、女性から、話を引き出す事が大切なのですが、初期段階でのポジショニングを考えた場合、最初に発言量が多い方が、有利なポジショニングを取れるようになっています。
女性が、こちらの要求に対して、迷っている場合、距離を縮められるような状態であれば、迷わず縮める事をオススメします。距離というのは、心理的に大きなプレッシャーを与えられる武器になります。

このテクニックを上手く使うためには、自分の心理状態を、優位にしておく事も大切です。でないと、逆効果になります。女性があなたの理想の女性だと、それだけで、心理状態は、揺らぎます。そのため、この戦術になれるまでは、どうでも良い女性で試してください。
女性に失礼かと思いますが、このサイトは、あくまでもあなたを成長させるために存在しているので、この点には目をつぶりましょう^^;

そして、もし、そこで、優位状態を取れなかったら、距離を近づけても、ただ、あなたがプレッシャーを感じて、ドギマギさせられて、女性の思った方向に持っていかれます。

まとめ
女性にこちらの要求を通す場合、距離を縮めるとプレッシャーをかけやすくなります。
しかし、距離を縮めてプラッシャーを与えるには、その場面での主導権を握っている事が必須となります。そこで、主導権を取るために有効な方法が、発言量を増やすという点です。
初期段階から発言量を増やし、主導権を取り、要求を女性に飲ませるために、距離を縮めて要求をする。こうする事で、あなたの要求が女性に受け入れられる確率が高くなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ