部屋をロマンチックにするには?キャンドルホルダーを利用しよう

まず、部屋の中は、ちゃんと整理整頓して、綺麗にしておきましょう。そこから、掃除とかは、時間のロスですし、汚い部屋では、女性のテンションを下げます。
部屋も、武器の一つにする必要があるので、作り込むのがベターです。

部屋には、直接的な蛍光灯の電気とかはいりません。
折角、作ってきた気持ちや、雰囲気なんかも、蛍光灯の明るいライトに照らされた瞬間、消え失せかねません。
青のライト。
キャンドル。
場合によっては、ブラックライト。

もちろん、私生活では、そういったライトを使う必要はありませんので、合コンの前に、家の提供者は、ライトを入れかえるなどをしておくと、良いかと思います。
特に、キャンドルで、入れ物が光りを乱反射させるようなタイプのものは、非常に雰囲気が作れてよいと言えます。
乱反射というのは、このようなものです
部屋の雰囲気を良くするロマンチックなキャンドルホルダー

楽天市場等で、「キャンドルホルダー」と検索する事で、色々なものが出てきますので、色々と用意してみてください。
ポイントとしては、部屋の隅に配置する事で、高さなども、バラバラにして、配置すると、雰囲気つくりに役に立ちます。

ちなみに、部屋にもよりますが、4 つほど、置いただけで、十分な明るさになるほどです。
あとは、実際に、部屋に置いてみて、明るさの調整をしてみると良いと思います。

なお、ローソクをつけるのに、チャッカマンがあると便利です。
キャンドルホルダーは、一度、ローソクを置いてから、付ける事になるので、普通のライターでは、火をつけづらいです。
ローソクに火をつけてから、キャンドルホルダーに落とす事もできますが、落とした落下のスピードで火が消える事が度々あります。

何よりも、キャンドルを使った、ライティング調整をする場合、女性との雰囲気が良くなったら、すばやくキャンドルをいくつか消して。
また場面によっては、すぐさまキャンドルに火をつける。
こういった動きが多くなります。
そういった時に、普通のライターですと、面倒です。なので、キャンドルライティングをする場合は、事前に、用意をしておきましょう。

チャッカマン。
キャンドルホルダーに使えるチャッカマン

部屋の雰囲気つくりで重要なのは光!薄暗い部屋にする

特に、薄暗い事を重要視してください。
最終的な段階になった場合、この暗さが女性の理性を飛ばす事につながります。

暗さが、人の行動を大胆にする。
暗さが、人肌を求める。

これは、実際に行われた実験から出たデータで、あまりに有名な実験です。
個人的には、吊り橋効果と同じぐらい使い古されたデータだと思っていますので、今更、それを参考として、お話するのも、少し恥ずかしいぐらいですが。

暗さというのは、こういった女性から理性を少しでも奪いたい場合、絶対にはずすことができない条件なのです。
こういった女性攻略の初心者であればあるほど、暗さの力を使わないのは、考えられないと思っているぐらいです。

私の活動のほぼすべての結果は、この薄暗い中で、行われてきました。
その後、ある程度以上のレベルになってきたら、明るくても上手く行かせる事も、できるようになりましたが、やっぱり、自分自身も暗さを味方につけている時の方が、圧倒的に楽です。

最近の私の部屋作りは、幻想的な雰囲気を出す事を好んでいます。そのために、キャンドルは、役に立っています。
これは、その時で、私の気分により変わっていくのですが、幻想的に光っているキャンドルは、女性への反応は良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ