「昔ワルかった」「昔、遊んでいた」という言葉を使う男はモテない!その理由は?

誰でも聞いた事があると思う、男性の代表的な逆効果な言葉、一種の自慢の一つとして、女性に受け取られてしまう言葉に、「俺、昔ワルかった。」「俺、昔、遊んでいた。」といった代表的な二つの言葉があります。

これは、男性で良く使っている人がいますし、モテない男性が使っている代表的な例の言葉だと、私は考えています。これを言う事で、女性にモテるという面からみて、なんのメリットもありません。むしろ、マイナスしかない。
そのように考えてもらってよいです。

では、なぜ、男性は、この言葉を好んで使うのか?これを理解してもらって、あなたには、間違っても、こんな薄っぺらい言葉を使わないように気をつけて欲しいと思います。
これは、単に、「俺は、薄っぺらい男です。」と女性にアピールしているも同然の言葉だと、考える事ができるからです。

この上記の代表的な言葉2 つ。「俺、昔ワルかった。」「俺、昔、遊んでいた。」これは、どういった心理で、男性は、使っているのでしょうか?
これは、本来自分から言わなくても、本当にそうならば、その人の雰囲気として、表に自然と表現されるはずです。
というのも、大人の人間には、表情として、それが読み取れるように表現されるようになるからです。

つまり、その雰囲気は、言わなくても、ある程度の経験を積んだ女性であれば、自然と言わなくても、感じ取りますし、女性から、そういったニュアンスの言葉を言われる事が多くなるはずです。

しかし、この言葉を自ら言う男性は、女性から、そういった雰囲気があるね。とは、言われない立場にあるわけです。
そして、この男性は、あまり自分の現在のモテかたや、女性からの扱われ方、女性からみた男性としてのレベルの位置に満足できていない可能性があります。
俺は、もっとレベルが上の男なんだ。このようにアピールしたいという気持が心の中にあるわけです。しかし、現実としては、女性から、そういった男性だとは認識してもらえませんから、そこをどうにかして変えたい、と考えています。
そこで、自分の立場を説明するための有効な言葉として考えた結果、「俺、昔ワルかった。」「俺、昔、遊んでいた。」という言葉を選択するのです。

しかし、なぜ、昔なのか。それは結構単純で、現在は、違うから。現在の自分には、そういった要素がないから。
もしくは、このようなケースもあります。「全くのウソ」。
ワルかった。という表現は、腕力的な力がある事の表現。
ケンカをする事も、男性として、他の男性を制圧できるという地位の証明。勇気を持っているという表現。このようにとらえる事ができます。

実際、若い頃は、ケンカができる、ケンカが強いというのは、男性としての優秀な基準は、どこかが、不安定な頃ならば、多少の有効性はあります。それによって、同級性の男性の間で、優劣が着きやすいという現状もあります。
基本、男性の中には、最終的には、「腕力」「暴力」これらは、絶対的な地位があるという、本能的な考え方が、備わっています。
ですから、そういった性質を持ち続けてしまうという面があるのは、確かです。これは、男性に備わっている男性ホルモンが、強く影響しているのです。
単に、その考えが、大人になっても、対女性に対して、有効であると思ってしまっているのです。

これは、女性とのコミュニケーション不足や、女性の事を、理解してようとしてこなかった、男性の独りよがり、女性の事を観察してこなかった結果から導きだされている結果だとも、考える事ができます。
女性は、ある程度、大人になれば、魅力的な男性の指針は、決ってきます。その中に、男性の暴力・腕力の地位は、全然高くありません。
あれば良いな程度の位置づけ。もちろん、体力的に優秀である男性は、無い男性よりも優位性は、高いですが、魅力として考える中の割合としては、そんなに大きくはありません。

そのため、良い大人がこのような事を、自慢のように、自分のアピールポイントとして、言う男性を、高い魅力がある男性とは、見積もりません。むしろ、こんなポイントを言うのは、女性とのコミュニケーション能力が低い男性として、一瞬にして位置づけられてしまいます。

事実、このポイントを、自分の最大のアピールポイントだと考えている男性で、女性とのコミュニケーション能力が高い人は、ほとんどいません。女性とより多く接している男性は、こんな言葉を言う事で、メリットが、何もない事を良く理解しています。
雰囲気として、女性に伝わるならば、特に否定する必要はありません。そういったワイルド的なイメージを、勝手に女性が感じ取るならば、それは、プラスですし、女性から、
「もしかして、昔、ちょっと、ヤンチャだった?」
といわれたならば、笑いながら、
「いやいや、全然、分厚いメガネかけて、ガリ勉だったよ。勉強できなかったけど。(笑)」
のように、返す事で、笑いの雰囲気にも発展しますし、その言葉から、余裕が感じられます。そして、現在の持っている雰囲気とは、全く違いますし、冗談だという事は、すぐに理解できます。
そのため、こういった形の返しが出来るほうが、何倍も女性には、有効に働く事を知っています。

では、「俺、昔、遊んでいた。」とい言葉の方は、どういった心理があり、男性は、使うのか?これは、先ほどの「俺、昔ワルかった。」という言葉と、性質的には、同じです。
現状の自分の魅力の補足です。
今、目の前にいる女性と、自分とでは、たぶん、現状の自分の魅力だけでは、口説けない、バランスが取れていない。このように感じているので、補足として、自分は、もっと高いレベルにいる男性だ。と表現するために、上記の言葉を使うのですが、少し性質が違う点があります。

それは、遊んでいた。という言葉は、「昔」という言葉を入れないと、女性にとって、かなりマイナスな評価となってしまうのです。現在も、遊んでいるならば、女性からしてみれば、避けたいと思う存在になります。
しかし、女性からは、「モテそうですね。」といった言葉を貰う事ができない、現実の自分がいる。では、自ら、「俺は、モテるんだぞ。」という事をアピールして、その女性に、自分の価値は、高いのだという事を伝えたいと考えます。

自分がモテる。という事を女性に伝える場合、女性が、現状の男性を見て、そのように感じ取れないならば、直接的に伝えるしかありません。そこで、たどりつく言葉が、「俺、昔、遊んでいた。」なのです。
現在は、遊んでいないが、(現在も遊んでいると伝えるとマイナスだから。)昔は、遊ぼうと思ったら、相手はいくらでもいたんだ。という事を伝えたいのです。それが、「俺、昔、遊んでいた。」という言葉を言っている男性の心理なわけです。

さて。では、本当に、この言葉を言う事で、女性は、その男性をもっと魅力のある高いレベルの男性だと捕らえるのでしょうか?
答は、もうお分かりだと思いますが、「まるっきり、違います。」となります。
魅力があるのか、無いのか。を判断するのは、100%女性です。そして、モテるか、モテないかを決めるのも、女性です。昔は、どうでもいいのです。現状を見て、どうか?これを判断します。

例えば、現在は、太っているならば、ただ、太っているだけです。昔は、どうだとかは、関係ないです。
現状は、自己抑制ができなくて、スタイルを維持できなかっただけの人。結果をみれば、ただこれだけです。そこに、何の言い訳も必要ありません。
女性も、言い訳など聞きたいとは思っていません。目の前にいるのは、ただ太っている男性。というだけです。その男性が、昔痩せていて、モテていたかどうかなんて、情報は知りたくありません。
仮に、その話が本当だとしても、「それでどうしたの。」というのが、女性の本心となります。そして、もっと言うならば、「では、現状はどうなの?」となります。

結局、現状で、モテるような雰囲気が出ていなければ、魅力は、無い人。魅力を感じる対象ではない男性。このような位置づけにされるだけです。
女性側としては、ある程度以上のレベルの女性であれば、多くの男性と関わってきているわけですから、この言葉を言ってきた男性は、数え切れないぐらいいるわけです。そして、そのデータから、この言葉を言う男性は、「たいした事ない奴」であるという実態を知っています。

ですから、この言葉を言う段階で、「あ、薄っぺらい。」という位置づけが決定されてしまうわけです。そのため、この言葉は、男性から言うには、百害あって、一利なし。
あなたは、決して自ら、このような言葉を使わないように気をつけましょう。無駄に、女性の興味を削いでしまう、代表的な言葉です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ