会話上手になる最も効率的な方法は?

世の中には大きく分けて2種類の人間が存在します。
一言で言うと、コミュニケーションが苦手な人、コミュニケーションが得意な人。

前者は人見知りで口下手な方が多く、人と上手く接することが出来ないため友達も少なく、もちろん素敵な恋人もいません。会社や学校でも一人の事が多く、毎日を孤独の中で生活しなければなりません。

一方、後者はというと、会話上手で人と接する事が得意なために、いつも仲間に囲まれ、また理想的な恋人もいて、明るく充実した毎日を過ごしています。

コミュニケーション能力が高いか、低いかだけでこんなにも世界が変わってくるのが現状です。これは私も身を持って経験していますのでよく分かります。

と言うのも、私自身、学生の頃から冴えない人間で、根っからの引っ込み思案な性格からか友達と呼べる人はほとんどいませんでした。
もちろんそんな人間に恋人もいるわけはなく、「年齢=彼女いない歴」はずっと続いていきました。そして、いざ社会へ出よう!ここから人生を変えるんだ!と、かなりいき込んでいましたが、そこでも一苦労でした。
なぜなら、コミュニケーションスキルが低すぎて、面接でも全く上手く喋れなかったからです。最近もよく聞きますが、企業の採用面接で一番重視することは紛れもなくコミュニケーション能力です。全体の80%以上の比重をそこにかけているとのことです。

そしてなんとかギリギリで就職する事ができましたが、もちろんそれはただのスタートラインです。私の場合、社会に出た後の方がかぎりなくしんどかったです。

仕事での成績はもちろんのこと、社内での人間関係もかなり悩みました。
その頃から、「このままではダメだ!!」といよいよコミュニケーションに対して本格的に勉強するようになりました。

話し方教室、セミナー、通信教材、一般書籍など、もうあるものは全て経験してきたと思います。ビックリするくらいのお金と時間を投資してきました。
もちろん最初は全然変わらなくて、
「やっぱりもともとの性格のせいだ…」
「自分には才能もないし無理なんだ…」
と諦めようとした事もありましたし、投げ出そうと思ったことも数えきれないくらいありました。しかし、「一生このままでは嫌だ…」という気持ちだけはなんとか持ち続ける事が出来ましたので、継続して努力だけは続けてきました。

そして、時間はかなりかかってしまいましたが、だんだんと人と上手く接する事が出来るようになり、その中でどんどん会話上手な人達とも仲良くなる事が出来て、その結果気付けばコミュニケーション能力は飛躍的に向上していました。

その瞬間、人生は変わっていきました。
仕事も上手く回るようになり、社内でもみんなと仲良くやっていける。
自ずと友達もたくさん出来て、いつの間にか美人な彼女まで手に入れる事ができました。

そして昔はあれだけ人と話す事が大嫌いだった私が、いつからか話す事が大好きに変わり、また「会話が上手く出来るようになる素晴らしさを、たくさんの人に伝えていきたい」とまで思うようになりました。
人間は本当に変われるものです。初めて心の底から実感しました。

セミナーや対面コンサルを重ね、これまでたくさんの方のコミュニケーションスキルを限りなく高めてきました。
更にその成果もあって、数えきれない人を見てきたために、より自分自身会話について勉強でき、「どうすれば最短で会話上手になれるのか!?」という再現性に溢れた “答え”を導き出せるようにもなりました。

それらを全て1から100まで体系化しました。
そして方法をこれから話していきます。
実は、このホームページは多くの人の声から生まれたものです。

「頭では理解できているのですが、いざ口にだすとなかなか言葉が出てきません…」
「実際に話すとなると、結局いつも頭が真っ白になり、あれだけ勉強したのに何を喋ったらいいか全く分からなくなります…」
こういった声が非常に多かったことから、
あ、じゃあ最初は会話上手な人が共通して使っているフレーズやパターンをそのままマネれば良いだけじゃないのか!?
と思ったのが本教材を手掛けることになったキッカケです。

最初はマネごとから始めて、その中で色んな経験をしながら知識を得た方が早いなと思いました。

会話だけに限らずに、スポーツでもビジネスでも何の分野でも、実際に上手くいっている人の方法をそのまま使うのが一番効率的で結果が出やすいと思ったからです。
そして、それは世の中の成功者を見る限り事実でした。王道のルートでした。

まずは理論より型を覚える!
コレが最短で会話上手になる最も効率的な方法です。


これから教えいる会話ノウハウをマスターすることで、あなたのコミュニケーションスキルは大幅にアップすることをお約束します。

そして、その前に1つ、今回あなたには特別に、 更にスピードアップして成果を出せる『読み方』を教授しておきます。
これを知っているだけで、読み切った後の知識量は、普段の10倍以上身についていると思います。


では、その読み方ですが、一言で言うと、アウトプットしながら読んで下さい。
もっと分かり易く言うと、読んだ知識をそのまま人に教えられるように意識しながら読んで下さいということです。

というのも、あなたもこれまでたくさんの本を読んできたと思います。
しかし、じゃあその本が具体的にどのようなもので、どんな方法を使えばいいのか!?
という事を要約して説明してくれと言われれば出来ますか?

おそらく多くの人が具体的な説明はできないでしょう。
なぜなら、読んで納得しただけで終わっているからです。

それではただの自己満足に過ぎません。
「あ~なるほどな」と納得するだけで何も変わりません。
正直何も身についていないのと同じです。

知識は人に完全に説明できるようになって、初めて本当に身に着くものです。
コレだけは覚えておいて下さい。 それを意識しながら読むのと読まないのとでは、後ほどの結果は雲泥の差があります。

私も今まで完全に、納得しただけの自己完結で終わっていましたが、こういう意識で読み始めてみるようになってから、これまでの10倍以上は知識の吸収力がアップし、効率的にもなりました。

せっかく当サイトを訪問しているからには、私も何としてでもあなたに成功してもらいたいので、ぜひその意識で読み進めて下さい。

いいですか?人に説明するつもりで読む、つまりアウトップしながら読む!
ということですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ