初デートはどこがいい?100%成功する究極のデートコースとは?

デートコースを考えるのってすごく楽しいですね。
あなたはどんなコースを考えますか?
僕は35歳の割に渋い趣味なので、鎌倉散策や骨董市に一緒にいきたいといつも思います。
骨董市は趣味が合わなければ
ガラクタを眺めるだけの苦痛な時間になってしまうので
主に鎌倉散策に誘います。

今日はどこにいこうかなあ、と一人で考えている時が最高に楽しいですよね。
まずは鎌倉駅で待ち合わせして最初に小町通りをブラブラしながら
お団子など甘いものを食べて
鶴岡八幡宮を経由して裏の小さな神社を何カ所か廻ってみて
裏道にある静かでおしゃれなイタリアンレストランで
ディナーをゆっくり食べたなら
海沿いのカフェに移動して波の音を聞きながら肩を抱いてキスします。

場所が違ったとしても大体こんな流れを考えていませんか?
「僕も大体同じですね、似たような事を考えていました」

そうですよね。
僕もデートコースを考えるときは大体似たような感じでした。
でした、です。

もう考える事をやめてください。
今お話したようなデートコースとは
ある程度の関係性ができあがってから、なら有効です。
口説くためのデートコースとしてはあちこち移動するのは適しません。
様々なお話をする時間をたっぷりとれるデートコースのほうが良いです。

ちょっと過去を振り返ってみてください。
このようなデートコースを考えていって
途中で予想と違う流れになっと事はありませんか?
ディナー予定のお店が休みだっととか、時間がかかり過ぎて全予定をこなせなかったとか。
そんな経験がありませんか?
僕は結構あります。

ここでこんな話題をしようとか思ってても
会話がうまく誘導できなかったり、
ここで夜景を見ながら甘い囁きをと思ってても
天気が悪くていまいちな感じになったり、
もう上手く行かない事の方が多かったかもしれません。

そもそも、デートにいくって事は一緒に楽しみたいとか
もっとあなたを知りたいという思いがないと成り立ちません。
そう、信頼がなければ成り立たないのです。
お互いがお互いを理解したいと思い、もっと知るために行動を共にするのがデートです。
お互いの理解度がない時点でデートに誘っても
想定した流れにならない確率の方が高いです。



女性の心をつかむためのデートコースとは?

僕は僕だけに尽くしてくれる女性としかデートしません。
あなたはどうですか?
あなただけに尽くしてくれる女性が欲しくありませんか?
「そうです!そんな女性が欲しくてたまらないんです!」

でしょう?
僕もそう思います。
僕も昔はあなたと同じようにデートコースを綿密に考えて妄想をする毎日でした。

同じ失敗をしてきたあなただから教えます。
女性の心を掴むための究極のデートコースです。
この究極のデートコースの次に今までのデートコースに誘ってください。
お互いがもっとお互いを知りたくなる究極のデートをしてしまえば
後はどこに誘ってもうまくいきます。
そのぐらいに究極です。

究極って意味解りますか?
これ以上ない最後の到達点という意味です。
僕が試行錯誤して山ほどの失敗を積み重ねて
たどり着いた最高のデートコースって意味です。

このデートコースを見つける為に
いくら使ったのか
何時間使ったのか
何人に振られたのか解りません。

でもこのデートコースにたどり着いたお陰で
僕は様々な女性の心と逆玉の輿を手に入れました。
思い通りにどんな女性でも口説けるようになったのです。
今までの投資なんて全く苦になりません。
僕がお伝えしているのは女性を口説く方法ではありません。
どんな女性も意のままに口説いてあなたに尽くしてくれるようになる方法です。

悪用されては困ります。
覚悟はありますか?
あなたがこれから口説く全ての女性を幸せにできると誓えますか?

僕ははっきりいえば女性の味方です。
あなたに技術をお伝えするのも女性が運命の人と出会って幸せになる為です。
あなたと一緒に居る事によって
すごく幸せになれる女性が絶対に存在するからです。

ですから、あなたは口説いた女性全てを楽しませてください。
幸せな気分にしてあげてください。
いいですね?
僕の長い話をすべて聴き終わった時にあなたは変わります。
どんな女性でも口説けるようになります。

ただし、幸せにするか不幸せにするかはあなたの気持ち次第です。
責任とって結婚しろとか、そんな事ではありません

楽しませてあげてください、
それだけが僕からのお願いです。
「…解りました、絶対に女性を楽しませます、ひどい事はしません」
解りました。
ではお伝えします。



デートでは話題が尽きてしまう状況を意図的に作り出せ

究極のデートコース、それは…

個室での食事、です。

「それコースじゃないです…」
まあまあ、
最後まで聞いてください。

個室でご飯を食べるだけって聞こえましたか?
…ですよね。
それしかまだ言ってませんからね。
さて詳しくお話していきましょうか。

個室の有効性からお伝えします。
今までのデートコースでは様々なシチュエーションを経験させる事で
話題を生み出す事を考えています。

つまり、あなたが話題を作らなくても
外の刺激で勝手に話題ができるって事です。
実はこの外からの刺激は
理解が深まる前では無意味に近いのです。


お互いの理解を深めるのに外の刺激にばかり
反応していては、肝心のお互いの事を話せないのです。
景色の話や料理の話、すれ違った人のファッションの話など
刺激をうければ話題は移り変わります。
話題が尽きない事は良い事ですし
二人で楽しむ事は素晴らしい事です。
…お互いを理解してから、であれば。

考えてみてください。
お互いを理解するための話はできましたか?
あなたの過去の話やこれからの夢の話や
女性の気持ちなどを話せる状況でしょうか?


そう、刺激に反応ばかりしてしまってお互いの話ができないのです。
ですから、個室で外界の刺激をシャットダウンする
事が非常に重要になってきます。
個室、もしくはそれに近い状況になるとまわりからの刺激はなくなります。

変わらない料理と変わらない景色、そこに存在するのは二人だけです。
この状況を作り出す事により自然と話題は尽きてしまって
お互いの話に誘導できるようになります。

この、話題が尽きてしまう状況を意図的に作り出す事が重要になります。
まわりの刺激に対する話題がなくなれば
二人の話になるという事を覚えていてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ