実行厳禁!女性に呪いをかけてあなたを好きにさせる方法

僕は思い出させるという行為を『呪い』をかけると言います。

呪いとは五寸釘をつかって藁人形を打ち付けたりする行為です。
魔法陣を使って悪魔を呼び出して対価と引換に願いを叶えてもらう行為です。
僕は女性と話をしている間にちょくちょくトイレにいっては
自分を好きになる呪いをかけるのです。
それがノウハウです。…嘘です。

僕が使用する呪いとはこのように機能するものを言います。
僕が使用する呪いとは通常は無意識化にあるが、ある事象をトリガーとして意識に浮上してくる思考、です。
難しい言い方になってしまいました。

どうも難しくなってしまいますね。
難しい言い方は苦痛ですよね?
この口調で続けると苦痛ですよね?
このままの調子で話すと私は難しい話をするという呪いがかかってしまいますね。
それは嫌です。

では理解しやすいようにします。
たとえば、「コーヒーが好き」と言う事をすごくステキな表現をする事で
コーヒーを見るたびに僕を思い出すようにする。って事です。


あなたにもこのような経験があるはずです。
特定の曲を聞くと同じ気持ちになる。
あの香水をかぐとあの子を思い出す。
この店に来るたびにあの日を思い出す。

どうですか?
ありませんか?
何か特定の事象によって呼び起こされる限定された記憶がありませんか?
考えてみてください。

そう、沢山ありますね。
それがぼくの言う『呪い』です。
女性が今までうけた呪いよりももっと強烈な呪いをかけるのです。

それも、日常生活で目に触れるものを使ってなるだけ多くの呪いを。
コーヒーを見るたびにチョコレートを見るたびに
お風呂に入るたびに『呪い』が発動するようにします。

呪いのかかった物をみるたびに
「ああ、◯◯さんステキだったなあ」
という気持ちを発動するようにするのです。

女性があなたのことを思い出すその理由

「おもしろかった」でも「かっこよかった」でもいいですね。
とにかく自分の事を事あるごとに思い出してくれればいいのです。

なんども意識に浮かび上がれば忘れられなくなります。
どんどん意識するようになります。
意識の力とは想像を絶するほどです。

逆に言えば悪い事に呪いを使えば
人の体調を崩す事もできてしまいます。
不安で不安でしかたない精神状態にする事もできてしまいます。



実行厳禁!呪いをかける方法

絶対にやらないでほしいのですが、いくつか簡単な呪いを教えます。
サッカーが得意でいつも目立っている A 君がいます。
同じサッカー部で A 君にいつも勝てない B 君 C 君がいます。
いつも元気で絶好調の A 君は女子にもモテモテで
はっきり言って妬ましい限りです。

いつもは部活が終わるたびに
「A 君!今日もすごかったよ、全然かなわないなあ」
といっていた B 君 C 君…

ある日から部活が終わった時にA 君にこう声をかける事にしました。
「A 君ちょっと今日は調子悪そうだったね」
その日から
毎日、毎日調子が悪そうと声をかけました。
あるときは
「顔色が悪いよ」
とも。

B 君と C 君は周りの友達にも
A 君が調子が悪い、顔色が悪いと言い続けました。

その結果、
みんなも A 君の調子が悪いように思えてきたのです。
だから、みんなが A 君にこう言います。
「A 君、調子悪そう、少し顔色悪いよ」
すると段々と A 君は本当に調子を崩し、サッカーも上手く行かず生活もボロボロになりました。

みんなが A 君を見るたびに調子が悪そうだというので実際には絶好調の A 君も自分自身を
疑うようになったのです。
サッカーの調子が悪い、顔色が悪い、
そう言われ続けた A 君。

絶好調なはずの自分自身を信用できずに
「自分は調子がわるい、病気かもしれない」
と、思い込むようになってしまったのです。

一度思い込んでしまうと坂道を転げ落ちるように
本当に調子や体調を崩してしまいます。
本当は絶好調なのに、です。

精神の力、思い込みの力で実際に体調を崩す事も可能です。

ほかにもこんな例があります。
あるときドライブしていたら前の車がフラフラ運転をしています。
寝ているかと思って注意をするために
クラクションを鳴らしました。

すると突然、前の車は急ブレーキで止まり
中からチンピラ風のお兄さんが
「なめとんのかワレぃ」
と言われ殴られてしまいました。
怖いですね。

何が起こるかわからないのが都会です。
捨て台詞で
「白いセダンを見つけたら俺だから
すぐに横に止まれ、止まらなかったらぶっ殺すからな」
と言って去って行きました。

痛い思いをして怖い捨て台詞を残されました。
こんな言葉を残されたら
白いセダンを見つけるたびにビクッとしてしまいますよね。
また殴られると思ってしまいます。
これが呪いです。

呪いは使い方によっては相手を惚れさせたり
ヤル気をださせたりします。
恐怖や痛みを使った呪いの方がイメージしやすく
使いやすいのですが絶対に使ってはいけません。
あなたに限っては大丈夫だと思っています。



女性があなたによってきて選び放題になる方法を公開

今までの基本編を理解できたらついに本編です。
この基本編の技術をさらに向上させて
戦略的に望むがままにセクシーで都合の良い女性を
口説きまくっていきましょう。

僕はナンパをして数回で終わってしまう関係には興味がありません。
簡単なナンパ方法や出会いを求めているのであれば
ほかの人の話しを聞いてください。

僕が教えるのは女性から寄ってきて選ぶのが困ってしまう
あなたを離してくれなくなる話術、です。

継続的に関係を維持して女性から寄ってきて
あなたが女性を選ぶ立場になる方法です。

お金持ちやある程度の地位をもった
女性を狙っていくわけですから
並大抵ではいきません。

僕はこの技術を構築するまでに何人の女性に振られたか解りません。
とにかく行動する毎日でした。
相手にされないどころか嫌われてしまった事も何度もあります。
技術が完成に近づくにつれ女性が勝手に寄ってくるようになりましたが、
それまでは非常に虚しい日々でした。
このままで僕は幸せになれるのだろうかと毎日悩んだものです。

時には精神病の女性と付き合い、別れ話で包丁をつきつけられたり。
成功も失敗も数知れず、です。
・女子大生
・服飾デザイナー
・キャバ嬢
・有名コスプレイヤー
・有名音響企業社長令嬢
など色々な女性とお付き合いしてきました。
もちろん様々な失敗や後悔も沢山あります。

今では逆玉の輿のコツを掴み幸せな日々を送っています。
本当はこの技術を公開するのをやめようかと何度も悩みました。

しかし、僕に声をかけてくれた人々はこの技術を悪用せずに
自分の幸せの為に使うと言ってくれました。
だから公開するのです。正直、どんな女性でも高い確率で落とせると思います。
だからこそ危険なのです。

僕はあなたの幸せを願うと同時に女性の幸せを願っています。
本当にお互いが幸せになれるパートナーを
得るために色々な人とお付き合いをするのは構いません。

これからお話することを理解してしまったら…選び放題になってしまうのです。
女性を幸せにすると誓ってください。
OK です。
では続きを読んで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ