ウソを見破るのが得意な人は鋭い人?それとも臆病者?

「女性の方が、男性よりも鋭い」
これは昔から言われているセリフです。
昔の私はことごとくウソを見破られていました。
ほんのささいな事でもです。

このホームページを読んでいるあなたなら、なぜ女性が鋭いのかわかったと思います。
彼女たちは、普段から私たちを観察しているのです。
当然ですが彼女たちは、ノーマル・リアクションやストレス・リアクションなんて知りません。
無意識で観察しているのです。
※ノーマル・リアクションやストレス・リアクションについてはこちら
なぜ男のウソはバレやすく女のウソは見抜きにくいのか?
足・鼻・声・目の動きと反応でウソを見破る方法

まぁこれから先は 意識的に観察している私たちの方が有利になりますが…。
観察力がなくてもウソを見破るのが得意な人がいます。
女性・男性に限らず“鋭い人”と言われる人です。

少しのウソや動揺を見破ってしまいます。
すると、周りの人はその人を恐れてウソなんてつかなくなります。

その人たちが鋭いのには、ちゃんと理由があります。
それは常に疑っているのです。

言葉を変えれば臆病なんです。
人の記憶の法則ですが、 本当の事を言っている時は「ウソじゃないよ」と言って“サラリ”と流してしま うので、疑いをかけられた事を忘れてしまいます。

でもウソを言い当てられた時は、インパクトがあるので記憶に残ります。
「あの人は鋭い」となってしまうのです。
時計を見たときに「111」や「777」のゾロ目だと、なんか良いことがあり そうな気がしませんか?

実はインパクトがあるので記憶しているだけで、例えば「2:36」だと忘れてし まっているのです。

人はインパクトのある経験は、強く記憶してしまいます。
鋭いという人を逆に観察してみてください。
常に疑っているだけの臆病者ですので。




浮気を見抜くテクニック 実際にロールプレイングをやってみよう

ここまでの話を聞いただけで、あなたはウソを見破るテクニックが身についたと 思います。どれ位実力がついたか、少し試してみませんか? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?

ロールプレイング ケース1
あなたは彼女が家に帰ってきた時に、別れ話をしようかどうか迷っていた。
今日の昼すぎに、仕事に行っているはずの彼女が、ありえない場所で買物をしていたからだ。しかも見知らぬ男と一緒に…

「いつも俺には見せないような笑顔だった。しかも何か高そうなお店から、 紙袋を持ってでてきた。給料の少ない彼女に買えるはずがない」

「もし浮気だったら・・・」

そんな事を考えていると…
“ガチャ”

「ただいま~」彼女が帰ってきた。
いつものように下駄箱に靴をしまい笑顔で入ってきた。
いつもと変わらない笑顔だったが、彼女は例の紙袋を持っていなかった。
「あの男にプレゼントしたのか?」

怒りを“グッ”とこらえたあなたは、まずは彼女の「ノーマル・リアクション」をチェックする事にした。何の質問をしようか考えていると…
チェックしている最中に「どうしたの?恐い顔して?」
ふいをつかれてしまった。

ノーマルを観察する事だけに気を取られていたせいで、自分自身の感情を隠す のを忘れていたのだ。
「いや、別に…」
あなたはなんとか気持ちを落ち着かせようと、一旦その場を離れた。

しばらく一緒にテレビを見ていたが、彼女はいつもと何も変わらない。
「俺の見間違いか?いや間違えるはずはない。服も同じだ。まさかもうずいぶ ん前から俺はだまされていたのか?」

今度は感情的にならないように、落ち着いてゆっくりと質問をした。
「あのさ~、お前の弟の誕生日っていつだっけ?」

彼女は家族がとても仲がよく、あなたと同棲する前はよく一緒に誕生パーティ をしていた事を知っていたため、ノーマルをチェックする質問はこれにした。

彼女は一瞬左上を向いて考えてから、すぐに答えた。
「1月13日よ」

彼女はスムーズな記憶を引き出す時に、左上を向くノーマルリアクションがあ る事がわかった

「でも、なんでそんな事を聞くの?」
回答を用意していなかったあなたは“ギクッ”とした。

「え~と、ホラあれだよ。お前の兄弟って一度も会ったことがないじゃん?だ から誕生日にでも何かプレゼントして、その時に一回会おうかなって思って」
とっさに出たウソの割には、よくできていたと自分で感心した。

「本当!うれしい!」と言って彼女は抱きついてきた。
この笑顔に惹かれて彼女と付き合い始めた。

あなたは段々別れる気が失せてきた。それどころか何かの間違いであって欲し いと思いだしてきた。

でも聞かないわけにいかない。勇気をだして腹から声を絞り出した。
「あのさ、お前俺にかくしている事あるだろ?」

あなたは改まって彼女に話しかけた。
「何、どうしたの?急に恐い顔をして…」
彼女は明らかに動揺している顔だ。

視線が一度右上を向き、今度は右下をむいた。
体が動いて足がドアの方向を向いた。


この動きは一度何かを考え、感情的になっている事を表していた。
何か隠している…。そう思ったあなたは、そのまま感情的に質問をした。
「お前浮気しているだろ!」

「えっ!」一瞬彼女の動きが止まった。
・・・が、目線に動きはない。

おかしいな?そう思ったとたん…
「何を言い出すと思ったら…アハハッ!」
彼女が笑い出してしまった。

「そんな訳ないじゃん?でもなんで急にそんな事を言いだしたの?」
確実にストレス・リアクションは出ていない。

「それは…、今日お前が男と買物をしている所を見たから…」
「アハハハハ」またしても彼女は笑い出してしまった。

「アハハ、あれお兄ちゃんよ」
拍子抜けしてしまった。恥ずかしい気持ちとうれしい気持ちで混乱した。
「良かった。浮気じゃなかった」
でもまだ疑問は残っている。

さっきの一瞬の彼女の動揺と、謎の買物袋だ。
恥ずかしさとうれしさを押し殺し、あなたはさらに質問した。

「でもお前あんな高い店で買うお金なんてないだろ!」
恥ずかしさもあって少し大きな声を出したあなたを見て、彼女は右下を向いて 少し寂しそうにした。
右下を向くのは深い感情のサインだ。

「それはね…」そういうと彼女は席を立ち玄関に向かった。
そして下駄箱を開け、中からあの高級そうな紙袋を持ってきた。

「何それ?」わけのわからない混乱したあなたがこう質問をすると 彼女は寂しそうにこう答えた。
「来週あなたの誕生日でしょ。だから秘密にしときたかったの…」

つまり結論は、お兄ちゃんにお願いしてあなたの誕生日プレゼントを選んでも らっていたのだ。そしてそれを下駄箱に隠しておき、来週のあなたの誕生日に 内緒でプレゼントするはずだったのだ。
「さっきの彼女の一瞬の動揺は、下駄箱に隠したのがバレたかもしれないとい う動揺だったのかもしれない…」

反省してももう遅かった。
彼女を傷つけ、疑ってしまったから…

悲惨な結果に終わってしまいました。
「俺ならもっとうまくやるよ!」という人もいるかもしれませんし、立場やパワ ーバランスで質問も変わって来ると思います。
ただ、私がこれまでのお話した内容程度だと、これ位のスキルしか身についていないという事です。

ここまでの私の話は、別に特別な事ではありません。
誰しも無意識にやっている事だと思います。

でもこれを“意識的”にやる事に意味があります。
車に乗っていて、後ろからカマをほられた(追突された)とします。
意識していれば構える事ができるので、軽症で済むかもしれません。

でも意識していなければ、無防備にショックを受け重症になってしまいます。
意識と無意識の差は大きいのです。

そして、期待してください。
別にこんなウソを見抜くだけのマニュアルではありません。
当サイトの真髄はこれからです。

このロールプレイングの彼には、いくつか足りない部分がありました。

1 ゴールが決まっていない
…ウソを見抜いてその後どうしたいのか?

2 理想を捨てきれていない
…感情的になってしまう。途中でブレてしまう

3 相手に主導権を握られている
…相手をパーソナルから追い出せていない

4 相手の性格がわかっていない
…メリット・デメリット・過去・性格などを知る

これから、さらに高等なテクニックや ウソをコントロールするためのマインドを中心にお話していきますね。
サブコンテンツ

このページの先頭へ