偶然は行動でコントロールできる

忘れないで欲しい事があります。
あなたが出会いをもとめるように
人生に変革をもとめるように
女性ももとめているのです。
出会いや幸せをもとめています。
偶然という形の出会い、そして幸せをもとめているのです。
いいですね?

更に忘れないで欲しい重要な事があります。
この偶然は行動でコントロールできるのです。

動いている世界に対して
あなたの行動で結果を変えられるという事です。
「でも…運命ってやつは何なんですか?運命だと思える女性がいません…」

運命とは便利な概念、それだけです。
意味はないのです。
上手く言っても上手く行かなくても
『運命だった』
そういえば片付けてしまえる概念です。
忘れましょう。

あなたの『今』は『行動』に対する『結果』です。
『運命』なんかではありません。


僕が、綺麗でスタイルが良くて気がきいて資産が有りあまっていて
人を助け人望もある奥さんを手に入れる事ができたのも
『行動』の『結果』です。

羨ましいですか?
大丈夫、あなたも手にする事ができます。
あなたは行動で満足する結果を手に入れる事ができます。

僕の話を最後まで真剣に聞いていただければあなたは生まれ変わります。
女性や仲間や仕事が勝手によってきます。
全てが偶然であれば、あなたが偶然に声を掛けたり偶然に肩が触れてもおかしくありません。
偶然に仲間が増えたり偶然に仕事の依頼がきてもいいのです。

偶然は行動で変えられる結果と理解してください。
あなたの行動は偶然を装い、人生に変革をもたらします。



偶然を出会いに変えた具体的な方法

例えば仕事が終わって駅に向かう交差点、小さな雪がチラチラと舞い降りてくる1月。
雪は地面に触れては溶けひんやりとした空気を作ります。
いつも帰りがけに目にする女性が両手を吐く息で暖めながら信号が変わるのを待っています。

女性:「はあ~」  
時折、ごしごしと両手をすりあわせて僅かなぬくもりを探しているようです。

あなたはどうしますか?
あなたの行動は偶然を装い、人生に変革をもたらしますよ?
僕ならこうです。

信号は赤になったばかりで 青に変わるまではまだ時間があります。
僕は女性のとなりに行き 同じように白い吐息で両手を温めるでしょう。

少々大げさな温めかたで 両足も足踏みするようにして
体中で寒さに対抗しているようにします。

女性:「はあ~」
私:「はあ~寒い~」

女性がチラリと横目で私を見ていますね。
自分よりも格段に寒そうにしているので気になるようです。
私は視線を感じて ニコリと笑い軽く首を傾けてこう言います。

私:「寒いですね。寒いの苦手です…今年は手袋買わなくちゃ」

すると女性は
女性:「あ…はい、寒いですね。私も手袋買わなくちゃ、です」
二人:「ふふふ」

どうですか?
僕は行動で偶然を装い 気になる女性と会話の糸口を掴みました。
あなたならどうしたでしょうか?
声をかけますか?

女性の少し斜め後ろに立って 仲良くなれたらどうするかを妄想しますか?
僕は信号が変わったら歩きながらこのようにします。

私:「たまにスレ違いますよね。この近くで働いてるんですか?」
女性:「ええ、たまにすれ違ってましたね。すぐそこのビルなんですよ」

ここからは近くのカフェの話でも ランチの話でもできますね。
きっと、手袋を一緒に買いにいけます。
偶然となりで一緒のしぐさをした事で、 気になっていた女性と仲良くなる事ができました。

毎週金曜日に立ち寄る、立ち食いのイタリアンではどうですか?
僕ならこうです。
お店は味が良いのに良心的な値段で 立ち食いという事もあって気楽な感じです。
金曜の遅くにいつも見かける女性が 今週もきていますね。
今週は運良くとなりの席になりました。
女性はいつも2人か3人できていますが 今日は2人です。
私は軽いピルスナータイプのビールを飲みながら
同僚と今日あったくだらない事を話している。

残り少なくなったビールを煽った時に
よろけてしまい女性と方が触れてしまった。
私:「あ、すいません」
女性:「いえ、こちらこそ」

私はその時、女性達のテーブルに見た事ない 料理を発見して気になってこう聞きました。
私:「あれ?それ美味しそう…なんて料理ですか?」
女性:「え?あこれは『本日のおすすめ』の下から2番目の料理です」

私:「へえ!美味しそう僕もたべようかなあ。すいませ~ん、これと同じやつひとつ!」
女性:「美味しいですよお!」

私:「うん、美味しそう。よかったらこれシェアしません?とてもじゃないけど食べきれないかも」
女性達:「わあ!ありがとうございます!いただきます」

私は女性達が食べている料理を自分も頼んだ代わりに
今たべている料理を差し出してシェアする事にしました。

たまたまよろけて挨拶をした事から 一緒に料理を楽しむ事ができるようになったのです。

偶然にもよろけてしまった結果ですね。
あなたならどうしますか?
横目でチラリチラリと彼女たちを見るだけですか?
自分で偶然を創りだして仲良くなりますか?
偶然という出会いを。

行動で偶然をコントロールしてもとめる結果を手に入れられる気がしませんか?
そして、結果が『考えられる最上の物』になったときに僕はそれを『奇跡』と呼びます。
僕が人生に奇跡を起こしたようにあなたも奇跡を起こせるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ